【令和2年】アルトコインは全滅?アルトコインの今後を予想【儲かるのか】

【令和2年】アルトコインは全滅?アルトコインの今後を予想【儲かるのか】

「なんだかんだビットコインがずっと一強だけど、優秀なアルトコインもたくさんある。今後、アルトコインはどうなっていくのだろうか」

「アルトコインは今から参入しても儲かりそうなのかな、人によっては殆どのアルトコインはなくなってしまうと言っているから投資しづらい」

この記事では、2020年における時価総額上位にあるアルトコインを取り上げて今後について解説しました。

結論からいうと、アルトコインは今後も伸び続けますし早期の投資によって儲かる可能性はそれなりに高いです。

この記事ではビットコインの弱点を補うアルトコインの存在を解説していますので、読むことでどのようなアルトコインが今後も生き残り続け儲かりそうなのか、検討できるようになり利益を高めていくことに近づけます。

ビットコイン一強にならない理由

・ビットコインでも実はスマートコントラクトを実装できる
・ビットコインのオフチェーン技術により高速で格安決済を実現できる
・機関投資家からもビットコインに関しては投資対象として認識され始めている

上のことは事実でビットコインだけでも工夫次第でなんでもできます。

これまでの仮想通貨の中でもっとも信頼されておりもっとも純粋な分散型を貫いているのがビットコインです。二番手のイーサリアムですら分散型を捨てる方向性でアップデートを続けています。

ですので企業も導入の際にビットコインを最初に検討するでしょうし、今後もビットコイン一強であり続け、他の仮想通貨はほとんど全て淘汰していきそうな気配すらあります。

しかし、信頼される1つの仮想通貨でなんでもできることと、一強になりその他全てを淘汰することは別の話です。

ハッキリとした強みのあるアルトコインに限っては用途に応じて利用され続けるだろうと考えています。

例えばスマホ1つでなんでもできますが、だからと言って一眼レフカメラも必要ですし、デスクトップやゲーム機材などの他のデバイスも職種や用途によって求められます。

仮想通貨の世界でも同様のことが起こっています。逆に中途半端な強みしかないがただ知名度だけあるアルトコインは淘汰されていくでしょう。

ビットコインにも弱点がある

ビットコインはそれ1つでなんでもできてしかも、仮想通貨の中でもっとも資産として認められているであろう仮想通貨です。

しかし、そんなビットコインにも弱点があります。ガバナンス(統治)です。

今後10年もすればビットコインをハッキングできる量子コンピュータなどが一般にも普及していくことでしょう。その際に誰が指揮をとって量子耐性のあるアップデートをさせるのでしょうか。

これまでビットコインはアップデートの度に議論が巻き起こりアップデートをするまで時間がかかりました。

ビットコインは可能な限り変化を加えないことを良しとする人たちも多く、フットワークがとても重いのです。

フットワークが重いと、例えば世界中の人がマイニングすることで成り立っているビットコインに急落に次ぐ急落が生じたとします。

するとマイニングする人たちが赤字になり採算が取れなくなってしまう可能性があります。

するとマイニングプレイヤーが減って競争が減るのは良いのですがマイニングする人が極端に減ればハッカー達が隙をついてハッキングすることが可能となってしまいます。

そうしたリスクへ即座に対応できないのがビットコインの弱みです。

自動ガバナンスに特化したアルトコインTezos

そうした流れもあり、自動でガバナンスできるアルトコインTezosは注目されています。

Tezosは参加者は誰でも自由にガバナンスするための提案ができ、投票することで新しいルールを適用することを可能にします。Tezosの保有している量が投票数になります。

この記事を執筆するタイミングでは時価総額10位の仮想通貨です。

自動ガバナンスに強い仮想通貨というのも今後、重要になってくるかもしれません。

金融機関の送金に特化したアルトコイン・リップル

銀行は送金効率に大きな問題を抱えていますが、ブロックチェーン技術そのものにはあまり興味はないでしょう。

銀行はいかにハッキングされずに大量の送金を誰がどう見ても間違えがないことを証明しつつ素早く低コストで送金できるかの方に関心があります。そのための手段としてブロックチェーンに着目しています。

現実の問題を対処するには10分間に1度の承認しか得られず有事の際に独裁的な素早い判断のできないビットコインでは適切とは言えません。

しかしリップルは銀行送金に特化しています。リップルのブロックチェーンの仕組みは金融機関にとって使い勝手の良い仕様となる分散型の技術です。

また、技術的な面だけでなく金融機関と手を組んで仕事をするには大きな旧社会的な信用が必要です。特に銀行のような進化スピードの遅い業界ではなおさらです。

リップルは長年、金融機関とコネクションの構築を進めていっており

現状ではビットコインに置き換えられることはまずないと思われますし、リップルは今後も世界に普及していくことが考えられます。

ビットコインに匿名性があるは嘘?

ビットコインは匿名で送金できるといった理由でオススメされる時期がありました。

しかし現在となってはビットコインには匿名性はあるとは言えませんしもともと完全な匿名性はありません。

正確に言えばビットコインは追跡が簡単ではない仮想通貨であり追跡しようと思えばできてしまいます。

最近は取引所を利用するには個人情報の提出が義務付けられて来ていますしビットコインを使っても個人が特定できてしまいます。

完全匿名な送金ができるモネロ(XMR)

モネロは独自の暗号化技術により完全な匿名送金を実現しています。

用途に関しては本当に様々であります。大きな産業としてはギャンブルゲームなどでモネロは人気です。

ビットコインだとこれも難しいためビットコインがモネロに置き換わるとはとても思いません。

今後の匿名送金の需要がどのくらい伸びるのかによってモネロは今後も伸びていく可能性があります。

現状、ギャンブル界のインターネット市場は伸びていっている状況なので将来は比較的に明るいのではないでしょうか。

ビットコインはゴールドに近いためアプリに向いていない

ビットコインとゴールドは装飾として使える点をのぞいて殆どゴールドと同じ特徴を持っています。

ゴールドとビットコインのチャートも近いところがあります。また、ビットコインはシンプルな仕様であるため複雑なことをするのに向いていません。

つまりビットコインは貨幣としての価値は高いですがアプリケーションやゲームのような複雑なやりとりを要するものには向いていないと言えます。

ブラウザに特化したBasic Attention Token(BAT)

みなさんが使っているブラウザ、SafariやChromeなどは仮想通貨を想定してもともと作られていません。

しかしBasic Attention Token(BAT)と結びついた専用のブラウザ、Braveというものがあります。

このBraveはブラウザ上の広告を自分の意思で見るかどうかを決めることができ、広告を見た場合は自分にBTAとしての広告料が入ってくる仕組みです。

こうした高機能なアプリはビットコインで実現することは難しくやはりそれに特化したものが必要と思います。

Braveのようなスタイルの独自アプリはWeb3.0に近いものです。Web3.0とは管理者不在のアプリで個人同士を繋げられる世界観のWebです。

広告主と個人をより純粋に一対一に繋げるBraveも同様で、今後はWeb3.0の流れは加速していくことが考えられます。

Basic Attention Token(BAT)もそうした意味で将来性は高いのではないでしょうか。

ビットコインが世界の法定通貨を置き換えるのかは怪しい

よくビットコインが世界の法定通貨に置き換えられるといった予測をする人がいます。

ビットコイン開発者もその一人で、もしビットコインが世界のキャッシュを置き換えたら1BTCあたり1億円相当になると言っていたそうです。

しかしビットコインはデジタルゴールドのような存在です。

実は人類は過去にゴールドに基づいた金本位制(一度は聞いたことがあるとは思います)を取り入れておりその制度に限界が訪れたためアメリカを筆頭になくなってしまいました。

過去に捨てたはずのゴールドに基づく社会というのは果たして訪れるのでしょうか。

政府コインの台頭

中国が人民元ベースにしたデジタル人民元を発行することでどんどん話を進めていっています。

各国もそれに見習い政府公認の仮想通貨をキャッシュレス化に向けて推し進めていく模様です。

そうした仮想通貨は国内の法定通貨と価格が結びついているでしょうが、うまくキャッシュレス化した国の現地通貨の価値は高まるかもしれません。

(キャッシュレス化はお金の動きを高速化させる→時間当たりのやりとり量が増えて経済がうるおう)

ですので投資する感覚で政府の仮想通貨を保有することもありでしょうしビットコインに置き換えられることは考えづらいです。

逆に将来性は怪しいアルトコイン

ここまでビットコインにはない強い特徴を持ったアルトコインをいくつか紹介しました。

しかし逆に特徴のあまりない仮想通貨というのはどんどん淘汰されていってしまうと予想します。

例えばビットコインキャッシュはビットコインを革新していくための仮想通貨としてビットコインから派生しました。

現在は高速で大量に、安く送金できる仮想通貨となっています。しかしそれ故にビットコインの持つ信頼性が薄れていますし高機能である以外、強い特徴はないと言えます。

ビットコインにもしものことがあった場合の予備軍としては今後も動いていくと思いますが基本的にどうなるのかはわかりません。

少額決済に特化したライトコインも無くなる?

ビットコインへの尊敬を持って作られているライトコインですが、少額決済に特化した仮想通貨になっています。

ビットコインへも技術的に貢献しているライトコインですが、将来的にはその役目を終えるかもしれません。

というのもビットコインがオフチェーンの技術を発展させて少額決済を可能にしているためです(ライトニングネットワークと呼びます)

これが普及してしまうとライトコインは不要になるかもしれません。現状では仮想通貨の送金用としてかなり役に立ちます。

また開発者コミュニティも濃くまた別路線で展開していくことも考えられます。

国内はアルトコインに厳しいため投資しづらい

さて、そんなアルトコインの今後ですが国内ではアルトコインの取り扱いは厳しいものとなっています。

完全匿名のモネロなどは犯罪に利用されるという理由から国内での取り扱いはありません。

自動ガバナンスのTezosやBATなどの仮想通貨も同様です。海外であればこうした仮想通貨だけでなく、何百種類を超える特徴的な仮想通貨を選べます。

大きく儲けたい場合は国内で扱える仮想通貨であると天井にある程度は限界があり、まず選択肢から外れてしまいます。

ですので国内取引所はもちろん、同時に海外取引所も利用して将来性のある仮想通貨に投資していくと良いのではないかなと思います。

「じゃあ一体どこの海外取引所を選べば良いの?」

ということに関しては【決定版】プロが選ぶ海外の仮想通貨取引所おすすめランキングにオススメの海外取引所に関して網羅的に幅広く解説しているのでぜひ参考にして見てください。

まとめ

アルトコインは今後も存続し続けると思いますしビットコインも今後も存在感を同時に強めていくでしょう。

アルトコインはビットコインと比べると価格変動がより激しいので大きく利益を狙っていくこともできます。

アルトコインの今後について納得できたのであればまずは少額で海外取引所を使ってアルトコインを買って見てください。

海外取引所で仮想通貨を始める方法【いきなり海外はNG】を見れば0から海外取引所で売買するまでの工程を知ることができます。