【現役トレーダー解説】仮想通貨で移動平均線を使ってチャートを予測する方法

【現役トレーダー解説】仮想通貨で移動平均線を使ってチャートを予測する方法
この記事をかいた人

0.9円のリップルを買って最高6000万円まで資産を築く→投資金を全て失い辛酸をなめる。投資歴4年目。釣りにハマっています。現在は"生き残るためのトレード"をエリオット波動の分析で確立して利益を出せるように。


    初心者A
    移動平均線って仮想通貨投資にも有効的かな?
    初心者B
    移動平均線を用いた仮想通貨の分析方法について知りたい

    テクニカル分析の王道でもある移動平均線は、ビットコインをはじめとする様々な仮想通貨で通用する分析手法の一つ。

    そんな移動平均線について、仮想通貨へのトレード歴3年の筆者が詳しく解説します。
    基本的な使い方から、移動平均線だけに依存しない応用的な使い方も伏せてご紹介します。

    記事を読めば、移動平均線を駆使して賢く利益を狙えるトレード術について理解を深められるはずですよ!

    この記事の要約
    ✅ 多くの投資家が目安としていることからも移動平均線は”意識”されやすい指標だぞ
    ✅ 複数の期間を設定して活用することでトレンドの強弱を把握できる
    ✅ 王道である程度の正確さもある頼れる分析手法だ

    (利用者多数) 移動平均線を用いると仮想通貨の何が分析できる? 

    最初に、移動平均線の基本的な特徴についてこの章では解説します。

    移動平均線は、あらかじめ指定した一定期間内における終値の平均価格から算出されるテクニカル指標です。

    一例として、「9日間」で移動平均線を設定した場合は「9日間の平均価格」を算出して連なる線として表示します。

    下記、画像をご覧ください。

    チャート画像で表示されている黄色線のようにローソク足(9日間に設定)の前後を移動しているのが分かりますね。

    直近の値動きに対し、トレンドの強弱を推測できることから多くの投資家が利用しているのです(画像の場合、黄色線より上はトレンドが強く、黄色線より下側はトレンドが弱いと判断できます)。

    また、多くの投資家が目安としていることからも移動平均線は意識されやすい指標でもあります。

    ゆえに、詳しい分析はもちろんですが相場の方向性を大まかに掴みたい時にも便利ですよ。

    (移動平均線は種類が豊富?)どの分析手法を使うべきか?

    移動平均線には代表的な3つの種類があるため、初心者の方にとってどれを使うべきか迷いどころ。

    具体的には、

    ・SMA(単純移動平均線)
    ・EMA(指数移動平滑平均線)
    ・WMA(加重移動平均線)

    と、なんだかややこしい名称の移動平均線が多いですね。

    そして、筆者のおすすめな移動平均線は、「SMA(単純移動平均線)」。

    というのも、名称通り「SMA(単純移動平均線)」は過去の終値における平均価格からシンプルに算出した値。
    利用者が多いというのもありますが、基本的にはこの指標だけで十分に機能する性質が仮想通貨市場にはあります。

    因みに、「EMA(指数移動平滑平均線)」は直近の日にちにおける価格を2倍した上で平均線を求めるため、直近価格をより意識した指標。
    SMAでは反応が遅い短・中期の値動きを観測するために活用されています。

    加えて、「WMA(加重移動平均線)」は直近の日にちに対し、同じ数字を掛けることでEMAよりも直近価格を意識した指標。
    直近日に比重を置いた計算式であることからも短期売買向けの指標であり、「だまし」や「押し目・戻り売り」などを見極めやすい特徴があります。

    このように、移動平均線にも多様な使い方ができる指標があると分かりますね。
    ただし、いずれの移動平均線もトレンドの強さを推し量るものであり、王道である「SMA」で十分に効果のある分析が可能。

    「EMA」や「WMA」は、ベースである「SMA」を習得した上で活用してみましょう。

    プロおに

    せっかくなら移動平均線を直接確認できる仮想通貨取引所があると嬉しい。

    【損しない】仮想通貨のおすすめ海外取引所【2021年最新】」では、移動平均線などのテクニカル分析が行えるチャート画面とセットで取引できる取引所を厳選して紹介しているぞ!

    見方はシンプル!移動平均線から相場の方向性とエントリーチャンスを見つける方法

    移動平均線の基礎知識について紹介しましたが、この章では実践的な使い方について紹介します。

    具体的な使い方としては、

    • 各期間ごとにおけるトレンドの強弱を把握する
    • 移動平均線の角度から環境認識を深める
    • 移動平均線におけるゴールデンクロス・デッドクロスを見つける

    であり、いずれもエントリーチャンスから利益・損切りなどのトレードを行うための重要な方法。

    下記にて詳しくチェックしてみましょう。

    各期間ごとにおけるトレンドの強弱を把握する

    移動平均線を活用したトレードをする場合、複数の期間を設定して活用するのがおすすめ

    理由としては、1つの移動平均線だけでは計算する期間によってトレンドの強弱に偏りが出るため。

    仮に、25日間におけるトレンドは下落基調であるにも関わらず、5日間では力強い上昇を見せるとします。

    この際、「5日移動平均線」だけを見ているとトレンドは強いと勘違いしてしまいがち。

    よって、複数の期間を設定した移動平均線を見ることで大局のトレンドを把握しやすくなります。

    「短期では反発の上昇をしているけど、中期では下落トレンドの途中っぽいな…」

    というように、相場の方向性を各期間ごとに把握してみましょう。

    移動平均線の角度から環境認識を深める

    チャート画像に表示されている「移動平均線の角度」から環境認識(相場状況の把握)を深めることも大切。
    形成されている移動平均線の角度によって、相場の強弱について大方の目安を付けられます。

    上記のチャート画像のように、急角度な移動平均線を形成している場合は価格も短期間で急騰しているのが分かりますね。

    一方、緩やかな角度における移動平均線を形成している場合はトレンドが弱いことが分かります。

    上記チャート画像に関しては、移動平均線がローソク足の前後を行き来していることから「レンジ相場」であるとも解釈できますね。

    以上から投資・トレードの実践で活用できることは、強いトレンドの発生を見極めてエントリーできるということ。

    また、トレンドの出ないレンジ相場であってもエントリーチャンスを探せることも。

    トレンドの強弱を読めると、今後の相場展開も見当しやすくなるので移動平均線の「角度」も注視してみましょう。 

    移動平均線におけるゴールデンクロス・デッドクロスを見つける

    先ほど、「各期間ごとにおけるトレンドの強弱を把握する」ことをお伝えしましたが、移動平均線を用いた分析では「ゴールデンクロス」「デッドクロス」を見つけられるとチャンス。

    「ゴールデンクロス」は、短期の移動平均線が中期の移動平均線を下から上抜いていること。

    短期線・中期線がクロスしながらも上昇に向けた方向を向いているため、上昇に向けた価格の力強さがあると判断できます。

    実際、ゴールデンクロスをした後は「押し目」を作りながらも強い上昇トレンドを形成しています。

    反対に、「デッドクロス」に関しては短期の移動平均線が中期の移動平均線を下抜きます。

    短期・中期線がクロスすると同時に値動きに弱さが見え、その後は「強い下落」が発生。

    今回の場合、高値圏での明確なデッドクロスが発生しているのでエントリーチャンスとして根拠も強いですね。

    とはいえ、「ゴールデンクロス」「デッドクロス」どちらも注意点があります。

    それは、短期の時間軸で相場観察をすると両者共に「騙し」が発生しやすいこと。

    どちらもクロスした方向と反対に値動きが発生してしまう場合もあるので、他の分析要素(出来高やテクニカル分析等)を組み入れることで精度を高めたトレードが行えますよ。

    (組み合わせ最強)移動平均線とプラスアルファで併用したい分析手法

    移動平均線は単体のみでも信頼できる分析手法ですが、プラスアルファで併用するのがおすすめな要素があります。

    それらは、

    • ローソク足の形・位置の確認による環境認識
    • 水平線・トレンドラインの併用による分析精度の向上
    • 自分の得意な分析手法を組み合わせること

    であり、あなたのトレード分析をより高度なものにします。

    以下にて、詳しくチェックしてみましょう。

    ローソク足の形・位置を確認して環境認識を行う

    ローソク足の形・位置を確認することは移動平均線の併用と効果抜群。
    というより、大前提としてローソク足に注目して相場を観察することは何より大切です。

    下記のチャートでは、連なるローソク足からトレンド転換のサインを発見できた時です。

    強烈な下落が発生しましたが、底を固めるようなローソク足によるサポートを確認。

    その後、2番底を付けたローソク足によって上昇へと徐々に向かっています。

    さらに、移動平均線のゴールデンクロスも発生しており相場は上昇へと転換していきました。

    一般的に、ローソク足の足組によって分析する方法には

    • プライスアクション
    • 酒田罫線
    • ダウ理論

    などがあります。

    どの分析手法も歴史があり、体系化されているローソク足の相場分析方法であるため、信頼性は高いです。

    移動平均線は「線」に着目しているのでシンプルで見やすいですが、細かな相場の動きを観察するためにも上記のようなローソク足の形・位置を確認できる分析手法も取り入れてみましょう。

    NAO
    筆者は、重要な局面における相場で「プライスアクション」を意識した分析を行っています。

    始値や終値、ヒゲの付け方から次の時間軸における値動きまで、おおよその目安が付けられるので、相場の方向性を得る手がかりとなりますよ。

    水平線・トレンドラインを併用して分析精度をアップ

    ビットコインを始めとする多くの仮想通貨では、水平線やトレンドラインが強く機能する傾向アリ

    よって、節目となる価格帯では水平線・トレンドラインも積極的に引きたいです。

    こちらのチャートは1時間足のビットコインチャート。

    「意識されている黄色の水平線」や「トレンドに沿った赤線のトレンドライン」を参照とすると、上昇トレンドの継続を意識できますよね。

    また、「移動平均線はゴールデンクロスしているけど、この水平線も上抜いてきたら上昇トレンドの根拠も強いぞ」と判断できる訳です。

    複合的な要素からトレンドの詳細な把握、エントリーポイントの精査を行うことで、損失リスクを極力抑えた投資も行えるようになりますよ。

    自分の得意な分析手法を組み合わせるのもOK

    「ローソク足」「水平線」「トレンドライン」は、仮想通貨市場の分析をするにあたり、高確率で機能する指標です。

    しかし、自分のもっとも得意な分析手法があるのであれば、そちらを組み合わせてみるのもおすすめ。

    例えば、移動平均線はトレンドを把握するのが得意な「トレンド系」のテクニカル指標。

    そこで、売買の過熱感を示す「オシレーター系」のテクニカル指標を使用してみるのも一つの手ですよね。

    「RSI」や「ストキャスティクス」などの売買の過熱感から分析することで、トレンドだけに依存しない分析ができますよね。

    得意なテクニカル手法の強み・弱点を把握し、「移動平均線と補完的な関係で分析ができないか?」を意識して組み合わせてみてくださいね。

    移動平均線によって予想される中・長期のビットコインにおけるトレンドとは?

    移動平均線は、具体的な価格の予想するためのテクニカル指標ではありません。

    あくまでトレンドの強さを示すものですが、短期移動平均線となる「5日移動平均線」及び、中期移動平均線となる「25日移動平均線」をベースとした中期(日足)・長期(週足)におけるビットコイン相場のトレンドについて予測。

    下記のチャート画像とセットでトレンド予測を把握してみてください(2021年版)。

    上記は、中期における移動平均線によって示したチャートで5日・25日どちらの移動平均線もクロス・サポートしていることから上昇の力強さを示しています

    ただし、2021年4月時点で移動平均線にタッチする回数が増えていることから、一旦の調整を挟む可能性もあるでしょう。

    その場合、一時的な下落トレンドへと推移すると見込まれるためボラティリティに注意したいところ。

    他にも、価格の上昇幅が小さくなっていることからも深い調整を挟むことは常に頭に入れておきたいです。

    ですが、高値更新を続けているビットコイン相場はバブルとも解釈できます。

    したがって、中期の25日移動平均線から乖離するような上昇が継続することもあり得ると想定しておきましょう。

    こちらの長期目線のチャートは、明らかに25日移動平均線が現在の週足と乖離していると分かりますね。

    強い上昇相場が継続しており、長期的に見てもまだ上昇が続くと考えられます。

    けれども、2020年10月頃から一度も深い調整を挟んでいないことは懸念すべき。

    現在は、短期の5日移動平均線によってサポートされていますが、下抜けをした場合は中期の25日移動平均線を試すと考えておくと良いでしょう。

    随時、市況の変化によって相場も目まぐるしく変わります。

    ご自身でも定期的に移動平均線を用いたトレンドチェックを行ってみてくださいね。

    まとめ

    今回は、移動平均線を用いた仮想通貨の分析方法について基礎的な特徴から実践的な使い方、組み合わせによる応用術等をご紹介しました。

    王道なテクニカル分析でありながらもローソク足から割り出す指標は、正確性の高い指標です。

    短期から長期まで利用できるため、一度使えるようになればどの相場でも当てはめて分析も可能。

    その他、複数の分析要素を取り入れると尚良い分析を深められるので、ぜひ活用してみてくださいね!