【スマホとPC別】日本語表示でBINANCE(バイナンス)を扱う方法

【スマホとPC別】日本語表示でBINANCE(バイナンス)を扱う方法

バイナンスで仮想通貨取引をしたいけど、日本語表示されない…

自分で日本語表示にする方法はないかな?

もしかしたら、こんなお悩みをお持ちではありませんか?

バイナンスは、アルトコインなどの豊富な仮想通貨の取り扱いと信頼度の高さから多くのユーザーが利用しています。

しかし、公式サイトには日本語切り替えとなるページが表示されいないため、中国・英語を日本語に翻訳する必要があります。

そこで、当記事ではバイナンスのページを日本語表示にする方法について解説します。資産管理から取引まで、日本語表示にして扱いやすい画面に変えてみましょう!

先日、【完全版】BINANCE(バイナンス)の特徴まとめ【銘柄豊富で低手数料】の記事でBINANCEの基本知識についても扱っています。

バイナンスの日本語表示はGoogle翻訳がおすすめ!

大事な資産である仮想通貨を言葉が分からないまま、バイナンスに預けておくのは不安ですよね。

結論ですが、バイナンスの日本語表示にはGoogle翻訳を導入するのがおすすめです。

Google翻訳はアドオンと呼ばれるブラウザを便利に使うための便利アプリのようなものです。Google翻訳があれば、各ブラウザでバイナンスのページを日本語に自動翻訳してくれます。

他言語をわざわざ調べながら操作しないで済むので、言葉に不安がある方は導入必須のツールとなります。

次章では、PC、スマホにGoogle翻訳を導入する方法を詳しく解説します。

PC画面で日本語翻訳をする方法について(Google Chromeの場合)

BINANCEの公式サイトはこちら

ここでは、Google Chromeのブラウザを用いて日本語翻訳をする方法を紹介します。

はじめに、バイナンスの公式サイトにてログインをしましょう。

ログイン後、トップページに移動したらアドレスバーに上記画面のようなロゴが表示されるのでクリックします。

アイコンをクリックすると、「このページを翻訳しますか?」と表示されるので翻訳ボタンを押します。

基本的に、「日本語」で翻訳されますが、標準言語が違う場合などは他言語に変換される場合もあります。その場合、左側の「オプション」をクリックして言語の変更ができます。

翻訳ボタンをクリックすると、直ぐに日本語に翻訳されます。

一度、翻訳すると資産管理ページや取引ページに移動しても日本語表示がされるので、見やすくなりますよ。

翻訳の設定方法は簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

他のブラウザでもGoogle翻訳は利用できる

PCでバイナンスを利用したいけど、Google chrome以外のブラウザを使用されている方もいますよね。

以下のグラフは、代表的なブラウザにおけるGoogle翻訳のダウンロードページとなります。Google翻訳を導入する際は、ご自身の使用するブラウザに合うページをクリックしてダウンロードしてください。

ブラウザ名ダウンロードページ
Google Chromehttps://chrome.google.com/webstore/detail/google-translate/aapbdbdomjkkjkaonfhkkikfgjllcleb?hl=ja
Firfoxhttps://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/google-translator-for-firefox/
Safarihttps://apps.apple.com/us/story/id1377753262 (Safari拡張機能「Translate」をインストールする)

*Safariに関しては、ブラウザ独自の拡張機能から翻訳可能となっています。

スマホでGoogle翻訳を使用する方法

次に、スマホでGoogle翻訳する方法について紹介します。

iphone、Androidのどちらのデバイスでも翻訳ができるので、手順について確認してみてください。

iphoneユーザーの場合

iphoneユーザーの方はsafariからのアクセスが可能ですが、翻訳をするためには外部アプリが必要になります(かつてはデスクトップへの切り替えから、グーグル翻訳を利用できましたが、現在は使用できません)。

そのため、翻訳を導入する方法としては「Microsoft Translator」をダウンロードしておきます。

アプリをダウンロードしたら、右下の歯車をクリックして言語の設定を行います。

続いて、「Safari 翻訳言語」をクリックして、詳細な設定を行います。

日本語を設定することで、他言語を翻訳する際に日本語へと翻訳されます。

翻訳するページに移動し、safariの共有ボタンから「Translator」をクリックします。

数秒後、自動翻訳が行われます。

上記の画像にもあるように、翻訳が終了すると左上に「日本語に翻訳」と表示されます。

以上が、iphoneユーザーの方がバイナンスのページを日本語に翻訳する具体的な方法となります。

Androidユーザーの場合

Androidユーザーの方は、Google chromeのアプリでバイナンスにアクセスしましょう。

グーグル翻訳がデフォルトで搭載されているので、アプリをダウンロードするだけで使用できます。

バイナンスのホームページに移動すると、ページ下に翻訳タブが表示されます。上記の画面では、「英語」状態になっています。

「日本語」をクリックすると、今まで英語画面だったページが日本語に自動翻訳されます。

翻訳後、英語に戻したい場合などは右下のタブ(3つの点)をクリックして、翻訳設定を行うことができます。

バイナンスが日本語表示をしていない理由とは?

バイナンスは2017年に発足した勢いのある仮想通貨取引所で、世界で最も多くのゆユーザーが利用している仮想通貨取引所の一つです。

そんな絶大な人気と安心感のある仮想通貨取引所がなぜ、日本語表示のページを用意していないのか不思議ですよね。

これには理由があり、バイナンスは日本語表示をしていた時期もありました。ですが、日本で仮想通貨整備が進み、改正資金決済法が成立すると日本人向けの仮想通貨業者は金融庁への正式登録が必要となりました。

結果として、2018年にバイナンスは金融庁から無登録での運営をしているとして注意を受けてしまいました。

金融庁からの注意内容に、日本語ページがあったことからバイナンスは該当ページの削除を行いました。

このような経緯で、バイナンスでは日本語ページの表示がありません。とはいえ、google翻訳等を活用して上手に取引所を利用していきましょう。

【スマホとPC別】日本語表示でBINANCE(バイナンス)を扱う方法 まとめ

今回は、バイナンスにおいて日本語表示をする方法を、デバイス別で紹介しました。

基本的には、Google翻訳を使用するのがおすすめで各ブラウザからダウンロードしましょう。ただし、safariのようなブラウザは外部のアプリを導入する必要もあるので、事前にチェックしてみてくださいね。

一度、翻訳機能を導入すればワンクリックで即座に翻訳が行えてしまいます。バイナンスの日本語翻訳を行いたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

BINANCEはトレード以外にも面白いサービスを提供しています。興味があれば下の記事も参考に読んでみてください。