【不労所得?】BINANCE(バイナンス)ステーキングはなぜ儲かるのか基礎から解説

【不労所得?】BINANCE(バイナンス)ステーキングはなぜ儲かるのか基礎から解説

「ステーキング っていう言葉を聞いたけど、どうやら報酬を受け取れるらしい」

「BINANCEでは仮想通貨を保有しているだけで、配当金のような利益を受け取れるって聞いた」

BINANCEにて仮想通貨を取引&保有しているあなたは、「ステーキング 」について耳にしたのではないでしょうか?

事実、BINANCEでは対象の仮想通貨を保有していることで配当金のように一定の利益を受け取れます。

当記事では、BINANCEで得られるステーキング について基礎知識から実際の開始方法まで詳しく解説します。

以前は【完全版】BINANCE(バイナンス)の特徴まとめ【銘柄豊富で低手数料】の記事でBINANCEの基本知識について記しました。

BINANCEの公式サイトはコチラ

BINANCEの評判を知りたい人はコチラ

BINANCEで行えるステーキングとは何か?

ステーキングを簡潔に説明すると、特定の仮想通貨を保有しているだけで徐々に通貨枚数を増やせる投資方法のことです。

発行されている仮想通貨全てがステーキング の対象となるわけではなく、POSと呼ばれるブロックチェーンに携わる仮想通貨のみとなります。

大手海外取引所でもあるBINANCEでは、ユーザーがステーキングを行って配当金のように対象の仮想通貨を取得可能です。そのため、ステーキング を行うためにBINANCEを利用しているユーザーも少なくありません。

ステーキングの詳しい仕組み

ここでは、ステーキング によって報酬を得られる仕組みについて解説します。

ステーキング はウォレット内に仮想通貨を資産として預けておき、取引の承認をブロックチェーンを介してサポートする役割があります。

ゆえに、ウォレット内で強制的に仮想通貨を保管することで、ブロックチェーンの稼働に参加できるのです。

なぜ、ウォレット内に仮想通貨を保有しないといけないかは、POSと呼ばれるコンセンサスアルゴリズム(取引の承認方法)に関係しています。

詳しくは後述しますが、POSはステーキングの根幹ともなる重要な仕組みとなっており、ステーキング によるマイニングが成り立つ条件ともなっています。

ステーキングにはPOSの仕組みが必要

ステーキングでは仮想通貨のマイニング方法にも関係するPOSと呼ばれる仕組みを採用しています。

これは、ビットコインやイーサリアムにおいてはPOWと呼ばれる仕組みを採用しており、対極的な違いがあります。

まず、ビットコイン等で採用されているPOWはCPUの強いコンピューターで迅速に取引の承認を行います。POWでは、いかに計算処理を速く行うかが重要なので、大量のコンピューターを用いてマイニングを行うのです。

一方、POSにおいてはコンピューターの計算処理能力に依存したマイニングではありません。仕組みとしては、仮想通貨の保有枚数に応じて承認者を決定する権限が与えられます。

POSの決定権を持つユーザーによって指定された承認者はブロックの生成を行うことができ、一定の報酬を分配する仕組みになっています。このため、ステーキング に参加するユーザーは保有枚数に応じて一定割合の報酬を受け取れるのです。

POSの仕組みを採用することで、POWのようなコンピューターの演算処理能力に依存するコストの掛かるマイニングの必要が無くなるのです。

BINANCEでステーキングができる仮想通貨とは?

上述したようにステーキング が行える仮想通貨はコンセンサスアルゴリズムがPOS形式である必要があります。

全ての仮想通貨がPOSを採用している訳ではないので、ステーキングが行えるかどうかを確認しておきましょう。

例えば、BINANCEでステーキングが行える仮想通貨は以下のようになります(今後、新規で追加される可能性もあります)。

・エルロンド(ERD)

・フィンテックエーアイステーキング (FET)

・ネオ(NEO)

・ヴェチェーン(VET)

・トロン(TRX)
・クオンタム(QTUM)

・ワンステーキング(ONE)

・オントロジー(ONT)

・ステラ(XLM)

・コモド(KMD)

・アルゴランド(ALGO)

・ストラティス(STRAT)

・リスク(LSK)

・イオス(EOS)

詳しくは公式ホームページのステーキング対象コイン一覧からご確認できますよ。

ステーキングを行う際の注意点とは?

ステーキング の方法は簡単で、ウォレット内に対象となる仮想通貨を保有しておくだけです。一度、ウォレットに保管しておけば不労所得のように報酬を受け取れるメリットがあります。

しかし、ステーキング報酬の恩恵に期待をし過ぎてしまうのも危険です。というのも、ステーキング をしていた仮想通貨自体の価値が減少してしまうこともあるためです。

価値(実質的には投資銘柄の価格)が減少してしまうと、どんなに仮想通貨の枚数を増やしても利益としては微々たるものになります。場合によっては、枚数を増やしたにも関わらず、元本割れしてしまうリスクもあるのです。

また、ステーキングできる仮想通貨にはロックアップと呼ばれるように、ウォレットに預けたら一定期間は取り出しができないこともあるので注意しましょう。

さらに、独自の仮想通貨ウォレットでステーキング を行う場合は、取引所で対象の仮想通貨を購入して送金する必要があります。その他、ステーキングをするための設定を行わないといけないので手間が掛かりやすいです。

BINANCE経由であればステーキングを簡単に行えるので、ご自身でステーキングを行う自信がなければ取引所を活発に利用しましょう。

BINANCEのステーキング に対する声

BINANCEのステーキングを利用している方の声について見てみましょう。

twitter

こちらの方はリスク(LSK)のステーキングを始めており、通貨枚数を増やされていることが推測できます。

そして、リスクの価格がBTC建てで上昇しているので大幅な利益を獲得できたと報告しています。

ステーキングを利用することで、保有枚数を増やすことと長期的な価格上昇によるキャピタルゲインも期待できることが分かります。

twitter

エイダコイン(ADA)の将来的な価格上昇とステーキング を期待して長期保有するとツイートされています。

現状、ステーキングは短期的な利益獲得ではなく、仮想通貨の枚数を増やして長期的な利益獲得を目的とされている方が多いです。

twitter

BINANCEではマイナーな仮想通貨の取り扱いも多く、ステーキングでの取り扱い銘柄の多さも特徴的です。

ステーキングを検討されている方は、BINANCEから始めてみるのがおすすめですね。

BINANCEでステーキングを始める方法とは?(画像で解説!)

続いて、BINANCEにてステーキングを始める方法について画像付きで解説します。

以下の解説をご覧になれば、ステーキングは意外と簡単なことが分かって頂けるはずです。

まずはBINANCEの公式ホームページにてログインを行いましょう。

ログイン後、ページ左上の「Earn」をクリックしてタブを開きましょう。タブを開くと、「 Staking」と表示されるのでクリックしてページを開きます。

「Staking」をクリックすると、BINANCEのステーキングページに遷移します。ここでは、ステーキング 可能な仮想通貨の一覧が表示されています。

次に、ステーキングする仮想通貨の検討をしていきます。

この際、注目したい点としては銘柄名の下に書いてある「年利」と「最低保有枚数」についてです。

年利は上図における「Estimated Annual Yield」の部分で、「1%-3%」と表記されています。加えて、下部のピンク枠では「Minimum Holdings」と表記されており、「0,25EOS」が必要最低枚数と示されています。

ステーキングする銘柄を決めたら、「Deposit」「Buy」ボタンのどちらかをクリックしましょう。

「Deposit」画面では、外部の取引所から仮想通貨を預け入れることができます。他方、「Buy」ではBINANCE内で仮想通貨を購入できます。

「Deposit」では、取引所の送金欄に入力するアドレスメモとアドレスが表示されます。コードはコピー、あるいはQRコードを読み取れます。

反対に「Buy」画面に進むと、通貨ペアを選ぶ画面に進みます。購入したい通貨ペアを選んで、取引画面から購入しましょう。

以上が、BINANCEにてステーキングの仮想通貨を入手する方法となります。

まとめ

今回は、BINANCEで提供されているステーキングについて特徴や仕組み、始める手順について解説しました。

BINANCEの公式サイトはコチラ

BINANCEの評判を知りたい人はコチラ

仮想通貨は送金や売買を目的とした取引をイメージしがちですが、株式の配当金のように報酬を受け取れる仕組みがあります。

ビットコインのようなPOWの取引承認方法ではなく、POSの仕組みを用いているのでステーキングも行えるのです。保有枚数に応じて、承認者が決定されるのでブロック生成に対するコストも低いメリットがあります。

ステーキングする仮想通貨が、長期的な成長性が見込めて価格の上昇が起こればステーキングで得た枚数も嬉しい利益になります。

仮想通貨投資の新しい手段として、ステーキングの検討をしてみてくださいね。

BINANCEにはステーキング以外の他にも面白いサービスを展開しています。