【画像86枚】Bitterz(ビッターズ)の使い方をPCとスマホ別に解説

【画像86枚】Bitterz(ビッターズ)の使い方をPCとスマホ別に解説
初心者A
Bitterzでトレードをはじめたいけど、登録をした後はどうすればいい?
初心者B
パソコンを持ってないからスマホからでもトレードできるか心配

Bitterzはスマホからでも口座開設やトレードができますがMT5を使用しているため初めての人には少しややこしく感じるかもしれません。

そこで今回は、記事を読めば誰でもつまづくことなく今日からBitterzを始められるようになりテクニカルトレード分析までできるようになる記事を目指しました

操作ミスなどせずに自分の思い通りにトレードできたらなあ、という人はぜひ最後までお付き合いください。

この記事の要約
✅ スマホとパソコンでは見た目が違うのでそれぞれで画像をたくさん使って解説!
✅ 2段階認証は忘れずに
✅ MT5トレードを使ったテクニカル分析まで解説しました

スマホ編:Bitterzの使い方

スマホ編:Bitterzの使い方

パソコンから操作する人はこちらはパスしてもらって構いません。

スマホを使ったBitterzの使い方を解説していきます。

まずはBitterzにログインをしましょう。

Bitterzトップページにある「ログイン」を選択します。

ログイン画面が表示されるので、Bitterzに登録をした「メールアドレス」と「パスワード」を入力してください。

3

下記画面がBitterzのマイページ画面となり、左下の「MENU」から各種設定を行うことができます。

それではマイページ画面から、各種Bitterzの使い方を解説していきます。

身分証を提出しよう

Bitterzでは登録をしただけでは口座開設は完了できていません。

登録をした内容と身分確認の照合が完了した時に口座開設は完了となるので、まずは身分証の提出が必要となります。

プロおに
無料口座登録のボーナスをもらいたい人はこれはマストだ!

マイページ左下のMENUを選択しましょう。

マイページの一覧が表示されるため「身分証提出」を選択します。

下記が身分証提出画面となり、身分証提出状況で自分の身分証提出状況を確認することができます。

身分証の提出は下記画面の「生年月日」「身分証各種ID」「身分証の種類」を入力選択します。

身分証の種類に関しては、運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・住民基本台帳カード・在留カードの内いずれかを提出します。

(身分証種類の詳細に関しては「身分証の提出について」で詳しく紹介してあります。)

身分証の種類を選択すると身分証提出画面が追加で表示されるので、各種選択をした「身分証明証の両面」と「自分と身分証明証がセットのセルフィー」をアップロードしましょう。

身分証の提出が完了すると、Bitterzで審査が行われます。

はじめに紹介をした身分証提出状況が「提出済」に変わり、審査に落ちた場合には「否認」、審査に合格した場合には「承認」と表示されます。

承認審査は通常1営業日以内(土日を除く)で行われるので、1営業日後以降に審査状況を確認しましょう。

2段階認証を設定しよう

Bitterzでセキュリティ強度を高めるために2段階認証を設定します。「グーグルオーセンティケーション(GoogleAuthentication)」という別アプリと連携します。

まずはマイページ一覧で「各種設定」を選択します。

各種設定画面の「Google2段階認証」の「有効にする」を選択します。

お使いのスマホに合わせて「App Store」か「Google Play」を選択してください。

インストールをしたGoogle Authenticatorを立ち上げ、認証システムの右側にある「+」を選択します。

二段階認証のためのアカウントとキーを入力する画面が表示されるので、アカウントにはBitterzで登録したメールアドレス、キーにはBitterz側で表示されているコードを入力します。

Bitterz側で表示されているキーは、Google二段階認証画面で下にスクロールすると表示されています。

Google Authenticatorへアカウントとキーを入力したら右上のチェックを選択します。

もとの承認システム画面に戻り、Bitterzの承認コードが表示されるようになります。

こちらの承認コードをBitterzのGoogle二段階認証設定画面の下にある、認証コードの入力へ入力し「有効にする」を選択しましょう。

ちなみにGoogl Authenticatorの承認コードは一定時間が経つとコードが変わるため、即座に入力するようにしてください。

各種設定画面に戻りGoogl2段階認証が「解除する」と表示されていれば、正しく設定がされており2段階認証の設定完了となります。

h3 入金する方法

Bitterzでトレードをはじめるためには口座に入金をしなければなりません。

入金を行うためにマイページの「入金」を選択します。

入金画面ではまず、送金を行う通貨を選択します。(Bitterzでは現在BTCのみの入金となります。)

入金通貨を選択すると入金アドレスが表示されるので、QRコードが入金アドレスをつかって送金を行いましょう。

BTCを準備してある国内取引所の送金ページで、入金アドレスを入力すれば送金ができます。

ちなみに、Bitterzでは最低入金額が決められており、0.0001BTC以上のBTCでなければ入金することができないので注意をしましょう。

サポートへ連絡する(質問する)

Bitterzのトレードや使い方で問題が発生した時には、サポートへ連絡することで素早く問題を解決することができます。

サポートへの連絡はマイページの「コンタクト」から行うことができます。

コンタクトセンターに表示されている「質問フォーム」を選択します。

質問フォームでは、質問のカテゴリを選択し、質問のタイトルと質問内容を入力して、サポートに質問をすることができます。

他にも質問フォームでは文章以外に、スマホのスクリーンショットで撮影した画面を添付して質問をすることができます。

後は「送信する」を選択すればサポートに質問をすることができます。

MT5をインストールする

「MT5なんて初めて聞いたよ」という人にとってややこしいかもしれません。

MT5とはFXなどで有名な取引ツールです。BitterzではMT5を通じて売買を行うことなります。
つまりMT5をインストールからの設定を行う必要があるのでその手順を解説しました。

まずは取引口座の追加を行います。

マイページ下部にある取引口座の追加でリアル口座を追加しましょう。

口座の種類は「リアル口座」、口座タイプは「JPY」を選び、「追加をする」を選択しましょう。

新たに取引口座を追加してもいいか聞かれるので「OK」を選択します。

取引口座を追加するとマイページに口座画面が追加されます。

口座IDと初期パスワードは後程MT5とBitterzを連携させるために使います。

次にスマホへMT5をインストールします。

メニューを開きプラットフォームを選択しましょう。

プラットフォームには各デバイスに合わせたMT5があり、お使いのスマホのOSで「iPhone用」か「Android用」を選んでください。

スマホのOSに合わせたMT5を選択すると、インストール用のQRコードが表示されます。

スマホからは直接読み取ることができませんが、もしパソコンをお持ちであればパソコンで同ページを開くことでスマホからQRコードを読み取ることができます。

QRコードを読み取れない場合には、各スマホのOSにあるAppStoreかGoogle Playストアを開き「MT5」と入力しアプリをインストールしましょう。

スマホにMT5をインストールしたら、MT5を立ち上げます。

まだインストールしたばかりの状態だとBitterzの口座と連携ができていないため、トレードを開始することができません。

そこでMT5の下部メニューにある「設定」を選び、「新規口座」を選択しましょう。

検索バーが表示されているので「Bitterz」と入力します。(画面通り小文字でも問題ありません。)

すると「Bitterz LLC」が表示されるので選択をします。

あとは先ほどBitterzで新規追加をした口座の情報で、ログインに「口座ID」を入力し、パスワードに「初期パスワード」を入力することで、BitterzとMT5の連携は完了となります。

ちなみに、正しくBitterzとMT5が連携されているか確認をしたい場合にはMT5の設定を開き、黄色枠部分に自分の口座IDが表示されているか確認をしましょう。

自分のIDが表示されていれば、正常にMT5で連携が取れています。

実際に指値を入れて注文してみる

MT5のインストールと連携が完了できたら、実際にトレードをはじめるための指値注文の出し方を解説します。

MT5の気配値を表示させ、トレードをはじめたい仮想通貨を選択します。
(今回は参考例としてBTCJPYで指値注文を出していきます。)

まずは気配値画面のBTCJPYを選択しましょう。

スマホ画面下部にBTCJPYで操作ができるメニューが表示されるので「チャート」を選択します。

BTCJPYのチャートを表示させると、黄色枠部分でBTCJPYの現在価格を確認することができます。

この価格からBTCJPYがどのように価格が変動していくのかを予測し、指値注文を出します。

注文を出すためにチャート画面をタップしましょう。

スマホ画面下部にメニューが表示されるので「トレード」を選択します。

BTCJPYの注文画面が表示されますが、画面を開いてすぐだと成行注文の画面となっています。

成行注文を選択し指値注文に変更します。

MT5の場合、成行注文は日本語で表記されていますが指値注文は日本語では表記されていません。

買いの指値注文が「Buy Limit」、売りの指値注文が「Sell Limit」で表示されています。

先ほど確認をしたチャート画面からBTCJPYの価格は上昇しそうだと思った場合にはBuy Limitで買い指値注文を出します。

逆に価格が下落しそうだと思った場合にはSell Limitで売り指値注文を出します。
今回は価格が上昇すると予想して買い指値注文Buy Limitを出します。

プロおに
「よく分からないなあと」という人はまずは少額で成行注文でも良いぞ。これは即座にもっともお得な価格帯で買ったり売ったりできる。
その代わり一般的に手数料が高くなるから慣れてから指値に切り替えると良いぞ!

指値注文を出すためにはBTCJPYの買いたい数量と買いたい価格を指定しなければなりません。

中央0.01と表示されている箇所でBTCJPYの数量を指定することができ、価格で買いたい金額を指定します。

BTCJPYの指値注文を出すための数量と価格を指定したら「発注」を選択しましょう。

発注を選択すると指値注文が出されます。

正しく出されているか確認をするときには下部メニューにある「トレード」を選択します。

オーダー部分にBTCJPYbuylimitetと表示されているのが出した注文です。

あとは、指値注文で指定をした価格にBTCJPYが到達すると、注文が発動しBTCJPYを買うことができます。

売り指値注文を出す場合にもSell Limitで同様の作業で行うことができます。

MT5アプリでBitterz口座へログインできない場合の対処法

「MT5でBitterzの口座にログインできない。なんでだろう」

1つ目に、サーバの名前が ” Bitterz-Live ” になっていることを確認してみてください。

2つ目にログインIDとパスワードを見直してみてください。

ログイン→口座IDを入力

パスワード→初期パスワード(閲覧用ではありません)を入力

上記でもダメな場合はお問い合わせへ尋ねてみましょう。

テクニカル分析を使ってみよう

BitterzのMT5では、チャートで様々なテクニカル分析を行うことができます。

まずはチャート画面を表示させます。

上部黄色枠の「f」を選択することでテクニカル分析をチャートに表示させることができます。

インディケータ画面のメインウィンドウを選択します。

MT5で使えるテクニカル分析(インディケータ)が表示されるので、好きなものを選択しましょう。

今回は仮想通貨のトレードでも良く使われる「MACD」を選びます。

MACDを選ぶと設定画面が表示されます。

特に設定を変更する必要がないので、そのまま「完了」を選択します。

チャート画面に戻ると、チャート下部にMACDが表示されるようになります。

MT5ではトレンドラインなどを引くこともできます。

チャート画面の黄色枠部分を選択します。

オブジェクト画面が表示されるので「/」を選択します。

チャート画面にもどるので、自由にトレンドラインを引けるようになります。

このようにMT5では、様々なテクニカル分析を行うことができるので、活用してトレードを行いましょう。

PC編:Bitterz(ビッターズ )の使い方

PC編:Bitterz(ビッターズ )の使い方

それでは、パソコンを使ったBitterzの使い方を解説していきます。

まずはBitterzへログインしましょう。

Bitterzトップページの「ログイン」を選択します。

Bitterz登録時に設定をした「メールアドレス」と「パスワード」を入力します。

問題無くログインができるとBitterzのマイページに移行します。

Bitterzではマイページから各種設定を行うことができるため、こちらのページから使い方を解説していきます。

身分証を提出しよう

Bitterzでは登録をしただけでは口座開設は完了できていません。

登録をした内容と身分確認の照合が完了した時に口座開設は完了となるので、身分証の提出が必要となります。

プロおに
登録ボーナスなどを目当てに登録した人も身分証の照合はマストだぞ!

まずはマイページの左側にあるメニューから「身分証提出」を選択します。

身分証提出画面で「生年月日」「身分証各種ID」「身分証の種類」を選択します。

身分証の種類に関しては「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」「住民基本台帳カード」「在留カード」を使うことができます。

(身分証種類の詳細に関しては「身分証の提出について」で詳しく紹介してあります。)

身分証の種類を選択したら身分証の画像を提出します。

各種選択をした「身分証の両面」と「自分と身分証がセットのセルフィー」を提出してください。

身分証を提出すると身分証提出画面の提出状況が「提出済み」に変わります。

その後、Bitterzで審査が行われ落ちが場合には「否認」、合格した場合には「承認」と表示されます。

承認審査は通常1営業日以内(土日を除く)で行われるので、1営業日後以降に審査状況を確認しましょう。

2段階認証を設定しよう

Bitterzのセキュリティ強度を高めるために2段階認証を設定します。

マイページの左側メニューで「各種設定」を選択します。

各種設定画面でGoogle2段階認証の「有効にする」を選択します。

Google2段階認証の設定画面が表示されるので、まずはお使いのスマホOSに合わせたアプリをインストールしましょう。

App StoreもしくはGoogle Playストアにて「Google認証システム」か「Google Authenticator」と検索すれば認証システムが見つかります。

Google AuthenticatorをインストールしたらBitterzと連携する必要があります。

Google2段階認証の設定画面に表示されているQRコードをスマホで読みこむか、コードを直接入力します。

すると下記画面の通り、Google AuthenticatorとBitterzが連携できます。

認証システムで表示されている6桁の数字が普段二段階認証で使うコードとなります。

認証システムで表示されている6桁の数字をBitterzのGoogle2段階認証の設定画面で入力します。

6桁の数字に関しては一定時間が経つと数字が変わる仕組みとなっているため、数字が分かる前に素早く入力するようにしましょう。

数字を入力後「有効にする」を選択すれば設定完了です。

正常に二段階認証が設定できていれば、各種設定画面のGoogle2段階認証が「解除する」と表示されます。

入金する方法

Bitterzでトレードをはじめるためには口座に入金をしなければなりません。

入金を行うためにマイページの「入金」を選択します。

(2カ所入金がありますがどちらを選んでも問題ありません。)

入金画面が表示されたら「入金通貨」を選択します。(Bitterzでは現在BTCのみの入金対応となります。)

入金通貨選択後、入金ページに入金用の「QRコード」と「アドレス」が表示されます。

BTCを準備してある国内取引所の送金ページにて、QRコードもしくは入金アドレスを入力すればBitterzへ送金ができます。

ちなみに、Bitterzでは最低入金額が決められており、0.0001BTC以上のBTCでなければ入金することができないので注意をしましょう。

サポートへ連絡する(質問する)

Bitterzのトレードや使い方で問題が発生した時には、サポートへ連絡することで素早く問題を解決することができます。

マイページの左側にあるメニューから「質問フォーム」を選択します。

質問フォームでは、質問内容のカテゴリを選択し、タイトルと内容を入力して質問をすることができます。

ファイル添付も可能となっているので、問題が発生した画像などを添付することもできます。

質問内容を入力したら「送信する」を選択することで、サポートへ連絡することができます。

MT5をインストールする

Bitterzでは取引ツールにMT5(MetaTrader5)を採用しており、トレードをはじめるためにはパソコンへMT5をインストールし、Bitterzと連携する必要があります。

まずは取引口座の追加を行います。

マイページの取引口座の追加で口座の種類「リアル口座」、口座タイプ「JPY」を選んで「追加をする」を選択しましょう。

取引口座追加の通知がでるので「OK」を選択します。

するとマイページの保有口座一覧に取引用の口座が追加されます。

口座IDと初期パスワードは後程MT5とBitterzを連携させるために使います。

次にパソコンにMT5をインストールしましょう。

Bitterzのマイページで下にスクロールをすると、Bitterzサイト内のメニュー一覧が表示されます。

取引プラットフォームからお使いのOSに合わせたMT5を選択しダウンロードを行いインストールします。

WindowsとMacでそれぞれのインストーラーが用意されているので、各ページでダウンロードを選択します。

MT5のインストーラーを起動すると下記画面が表示されるので「次へ」を選択すると、自動的にパソコンへMT5のインストールがはじまります。

インストールが完了すると自動的にMT5が立ち上がります。

もし自動的に立ち上がらなかった場合には、デスクトップにでてくる「Bitterz MetaTrader5」を起動してください。

Bitterzの口座とMT5を連携させるために、MT5の左上「ファイル」を選び、メニューにある「取引口座にログイン」を選択します。

ログイン画面が表示されるので、ログインに口座ID、パスワードに初期パスワード、サーバでBitterz-Liveを選びOKを選択します。

後は正常にBitterzの口座とMT5が連携できているかを確認するために、MT5左側にあるナビゲータで「口座」を開き、「Bitterz-Live」を開いた先に自分の口座IDが記載されていれば完了となります。

実際に指値を入れて注文してみる

MT5を連携インストールできたら、実際にトレードを行うために指値注文を出してみます。

今回はBTCJPYのチャートで指値注文を出していきます。

指値注文を出すために気配値表示にある「BTCJPY」をダブルクリックしましょう。

BTCJPYのオーダー画面が表示されるので、まずはタイプを指値注文に変更します。

指値注文に変更をしたら、もう一つ下の段にあるタイプを選択し、BTCJPYを買いたい場合には「Buy Limit」、BTCJPYを売りたい場合には「Sell Limit」を選びます。

後は、指値注文で出すBTCJPYの数量と価格を入力して「注文」を選択すれば指値注文を出すことができます。

問題無く指値注文を出すことができれば下記画面の通り表示されるので確認をしておきましょう。

ちなみにMT5では、現在自分がどのような注文を出し、ポジションを持っているかチャート上でも確認をすることができます。

テクニカル分析を使ってみよう

BitterzのMT5では、チャートで様々なテクニカル分析を行うことができます。

BTCJPYのチャートで、仮想通貨のトレードでよく使われるMACDを追加していきます。

テクニカル分析を追加するために上部メニューの「挿入」を選択します。

挿入を選択し「インディケータ」→「オシレーター」→「MACD」と選択していきます。

MACDを選択するとMACD設定画面が表示されるので、そのままの設定で「OK」を選択してください。

するとチャートの下部にMACDが追加されます。

他のテクニカル分析も自由に追加することができるため、使いたいテクニカル分析にインディケータを表示させましょう。

MT5では他に、描写ツールを使ったテクニカル分析を行うこともできます。

MT5上部にある「/」を選択してください。

自由に線が引けるようになり、下記画面の通りトレンドラインを引くことができます。

まとめ

スマホとPCのそれぞれで解説しました。

部分的に英語などの表記もあり使い方が難しかったところもあると思いますのでこの記事をブックマークして何度か練習してみてください。