【画像21枚】bybit(バイビット)スマホアプリの使い方を徹底解説

【画像21枚】bybit(バイビット)アプリの使い方を徹底解説
初心者A
bybitに登録したけど、スマホで取引をしてみたい
初心者B
bybitはスマホからなら簡単に取引ができるってきいたけど、どんな感じか見てみたい

bybitはパソコン以外にもスマホを使って取引を始めることができます。

スマホアプリだから機能性は低いと思うかもしれません。

しかしbybitアプリではチャートが見れるだけではなく、インディケーターを表示させてテクニカル分析ができたり、取引板を見ながら取引もできます。

そこでbybitの便利さが体感できるよう実際にアプリできるようになるだけでなくbybitでテクニカル分析をあつかえるようになるところまで図解説しました。

前回はbybitってどんな取引所?バイビットの特徴を徹底解説という記事でbybitの全体像について解説したりもしています。

この記事を読めば、bybitで悩むであろうスマホ取引の仕方や複雑な取引板をやさしく解説するので「全くわからない」という状況から取引を始められる状態になるはず。

それではbybitアプリのインストールをして、立ち上げてすぐに表示がされるホーム画面から始めていきましょう。

● iOSの方はコチラからダウンロードできます

● Androidの方はコチラからダウンロードできます

bybitアプリでログインしてみよう

スマホにbybitをインストールして、アプリを立ち上げると上記画面が表示されます。

bybit自体は海外仮想通貨取引所ですが、日本語に対応しているので初めから上記のように日本語で表示されるので、すぐに使い始めることができます。

ではアプリを立ち上げたらbybitにログインしてみましょう。上記画像の黄色枠「資産」をタップしてください。

上部画像のようにマイアセット画面が表示されるので、オレンジ色のログインボタンをタップしましょう。

ログイン画面が表示されるので、bybitに登録をしたメールアドレスとログイン用パスワードを入力してログインしてください。

場合によってはセキュリティ確証画面が表示されるので、指示に従って操作をしてください。

ログインが完了すると上記資産画面に戻ります。(黄色枠内にメールアドレスが表示されています。)

これでbybitアプリへのログインは完了となります。

bybitアプリで売買してみよう

では次にbybitで実際に売買をしてみましょう。

まずは先ほどのホーム画面から中央にある黄色枠のボタンをタップしてください。

上記画像のようにトレード画面が表示されます。

ここでまず、黄色枠内の「買い」か「売り」を選択しましょう。

次に青枠内の「注文価格」と「数量」を入力してください。

そして白枠内の「買い/ロング」(売り/ショート)をタップすることで注文を出すことができます。

bybitのアプリは非常にわかりやすく直感的に操作をしやすいので、ここまで理解できれば、すぐに取引を始めることができます。

bybitアプリのチャートを有効活用しよう

bybitアプリでは、チャートのスタイルを変更したり、テクニカル分析を行うためのインディケーターを表示させることができます。
ここからは、bybitアプリのチャートの有効活用方法について解説していきます。

まずは、ホーム画面の黄色枠「チャート」をタップしましょう。

時間足を変更する

まずは普段見るチャートの時間足を変更してみましょう。

チャート画面を開いたら、上部に5分、15分、4時と時間が表示してあるのですが、こちらをタップすればチャート時間足を変更することができます。

さらにbybitアプリでは、たくさんの時間足が用意されているので、そちらから好みの時間足を設定しましょう。
そのために上画像黄色枠の「もっと」をタップしてください。

するとこちらの画像の通り、時間足が表示されます。

テクニカル分析を使ってみる

仮想通貨トレードをする際に、とても重要なのがテクニカル分析となります。

未来の価格を予想するためには、テクニカル分析が非常に効果的で多くのトレーダーが利用しているのです。

ではチャートでテクニカル分析をおこなうために、インディケーターの設定画面を見てみましょう。

チャート画面の上部にある黄色枠の指標をタップしてください。

するとチャート上(メインページ)とチャート下部(サブページ)に表示できるインディケーター(指標)を選ぶことができるので、自分が使いたいインディケーターを選択しましょう。

今回は「Volume」と「MACD」を選択したので黄色枠の通りに、2つのインディケーターが表示されるようになりました。

Chart Settingでチャートのスタイルを変更する

次にチャートのスタイルを変更してみましょう。

チャート画面の黄色枠「Senior」をタップしてください。

するとChart Settingが開かれるので、使いやすいように変更しましょう。

横画面にする

チャートを確認する際には、スマホの縦画面だけでは横幅が狭く長い期間でチャートを確認することができません。

そこでbybitアプリのチャートには、横画面にする機能があるので、それを使うことでチャートを長い期間で確認できるようになります。

チャート画面の右上黄色枠をタップすると、横画面表示に変更されるので使ってみましょう。

bybitアプリの取引板を見てみよう

bybitアプリのチャート画面で下にスクロールすると取引板を見ることができます。

板の見方としては、

左側が「買い注文」、右側が「売り注文」となっており、

黄色枠で囲まれている部分が、買い注文最高値6194.50ドル、売り注文最安値6195.00ドルとなっています。

つまり自分がBTCUSDで取引をする際に、買おうと思うと売り注文最安値6195.00ドルで買うことができ、売ろうと思うと買い注文最高値6194.50ドルで売ることができます。

ちなみに青枠で囲われているチャートをデプスチャートと呼び、取引板の情報をチャートかしたものです。そのため取引板では詳細な数字で現在の注文を見ることができ、デプスチャートの方では一目でどのような注文になっているのかを見ることができます。

bybitアプリのウォレットへ入金してみよう

bybitではアプリからウォレットに入金することができます。

まずは画面右下にある黄色枠「資産」をタップしましょう。

すると上記画像のページが表示されるので、黄色枠の入金をタップしてください。

あとはこちらの入金に使用する通貨を選び、ウォレットアドレスを入力して入金しましょう。

ちなみにbybitではBTC、ETH、XRP、EOS、USDTの入金に対応しているので、対応仮想通貨を準備しておきましょう。

まとめ

以上がbybitアプリの使い方となります。

● iOSの方はコチラからダウンロードできます

● Androidの方はコチラからダウンロードできます

bybitアプリは非常に使いやすく、機能性も高いためこれ一つで仮想通貨取引を行うことができます。

入金も簡単で取引もしやすく、操作性に関しては抜群なのですぐになれることでしょう。

日本語に対応しているのもありがたいところです。これから海外仮想通貨取引所を使う人にとってはおすすめのアプリとなっています。

この記事を理解すれば、bybitアプリの機能の大半を理解することができているのでわからないところがあれば読み返してみてください。

改めてbybitについて全体像を知っておきたいな、という人はbybitってどんな取引所?バイビットの特徴を徹底解説の記事を参考にどうぞ。