仮想通貨(暗号資産)の将来性はどうなの?

仮想通貨(暗号資産)の将来性はどうなの?
初心者A
また話題になってきた暗号資産だけど本当に将来安全なの?
初心者B
気になってはいるけど難しいし今更はいっても良いのかタイミングがわからない。

そんな興味はあっても足を踏み入れることにためらいの気持ちがありますよね。

そこでこの記事では仮想通貨(暗号資産)について理想的な場合と最悪の場合とでわけて将来性を把握できるような記事にしました。

知った上で手をつけないのと知らないまま手をつけないのは大きな違いです。

分かった上で仮想通貨に訪れているチャンスを好きなタイミングで手にできるようになりたいなあという人はぜひ読んでみてください。

結論:高確率で世に普及してより価値を高めていく

2021年5月の時点で仮想通貨はついに企業からも認められつつあります。

きっかけとなったのはビットコインです。
現状でビットコインよりも歴史が長く分散型の仮想通貨はなく知名度も高いためビットコインが選ばれています。

有名企業やチェーン店も参入し、ついにPaypalまでもがビットコインをサービス内で売買できるようにしました。

先見の明があるとのことで話題になったマイクロストラテジー社をはじめとして各国の機関投資家がビットコインを買い集めて保管するようになりました。

これは世界のインフレ率の高さから資産を法定通貨よりもビットコインに移し替えた方が資産価値を小さくしないという合理的な判断が働いたことにもよります。

ついには日本の機関投資家まであらわれこの段階まで市場が大きくなるとビットコインの価値がゴミ屑になってしまう可能性はほぼ0に近くなっています。

プロおに
もちろん巨大なハッキングや思いがけない脆弱性が見つかって一気に価値がなくなる可能性は0ではないぞ。

だがその可能性は日本円や法定通貨全体がいつ紙切れになるのかわからないのと同じくらいだと考えている。

大手企業の参入とビットコインの未来についてはPaypal(ペイパル)の仮想通貨(BTC)決済が普及すると今後どうなるのかでまとめています。

機関投資家の資産を安全に保管できるようになってきた

ここで「機関投資家が参入してきたと言ってもハッキングやセキュリティに問題があってまだまだ手をつけるのが難しいのでは」と思った人もいるかもしれません。

しかしこれに関しては2019年頃から仮想通貨の保管に特化したカストディサービスがあり徐々に普及してきています。

より投資家のためのインフラが整ってきている流れができています。

詳細:【銀行も参入】仮想通貨のカストディ業とビットコインの将来性

米ETFの上場で市場規模を大きくしていく

2021年5月の段階ですでにカナダのトロント取引所では3つの会社でETF上場を果たし2ヶ月で1000億円を超える資産が集まっています。

この記事の時点ではアメリカのETFは審査中です。しかし2018年頃に比べて現実味を帯びている状況です。

詳細:【2021】ビットコインETFの近況とBTCの将来【みんなの反応】

ビットコインに足りないものを他の仮想通貨が代替えしていく

ビットコインそのものは保管することに大きな価値が見出されていますが現実世界での実用性の高さはまだまだ高くありません。

そこで登場するのがイーサリアムをはじめとするアルトコインです。

機関投資家が現在の流れで普及していきある程度の信頼性を仮想通貨に対して抱き始めると別の通貨にも資産が流れていくことは当然として起こり得ます。

~2020年度までは実験段階のものばかりという印象でしたがこれからは実社会で役に立つと思われる技術が少しずつ表に出てくることでしょう。

本当の資産の価値とは実体経済と金融経済の両面でよく使われる資産だと思います。

仮想通貨はようやくそのスタート地点にたどり着いたところだと考えています。

ビットコイン以外の仮想通貨が今どのくらいの成長をしているのか知りたい人は各アルトコインの将来性について知ってみてください。

信用創造の社会への人々の疑問

また社会背景として現代貨幣については疑問と限界を覚える人が増えてきました。

理由としては人が管理できるマネーの透明性に限界があること、
人口の極少数による富の支配とその加速、
世界に加速度的に大きくなっていく負債額、

など今までの資本の世界に亀裂が入ってきており違和感を覚える人が多くなっているからだと考えています。

電子ゴミ?仮想通貨の最悪の場合に考えられること

最悪の場合に起こることはなんでしょうか。

一つは可能性は低いものの合理性を超えたレベルのハッキングです。
Google並みの資本力とサーバーを保有した企業や国がビットコインをハッキングを試みる場合はあり得るかもしれません。

GoogleからすればGoogleコインのようなものを発行した方が企業の利益を追求しやすいです。
おまけに対ビットコイン量子コンピューターなども開発してハッキングはあり得るかもしれませんが少しSFすぎな話ではあります。

もしくは価格の高騰が凄まじすぎて一気に数億円まで価格が上昇してババ抜きのように一気に資産が市場から抜かれてしまうパターンです。

こちらの方が起こり得る可能性は高いと思います。

ビットコインの開発者によるとビットコインは最大で1億円程度にはなると予想していました。

つまりその期待値に触れたところで未来への投資資産として価値がなくなる人たちは多くなってしまいます。

とはいえそれは10数年よりも後の話だと考えています。

少なくとも直近では多くの著名人が強気な予想を立てています。(反対の意見もありますが)

ビットコインのこれまでの価格の推移をみて焦らず様子を見ていく

仮想通貨はビットコインとおおよそ相関しながら動いています。

よく急落が訪れては「もうバブルは崩壊した」などという人はいますがこれまでの価格の推移を見れば価格が半額になっただけでは崩壊したとは古参の人はいわないでしょう。

2020年度までの価格の推移に関しては下の記事でまとめています。

ビットコイン価格の推移これまでとこれから

2021年以降のビットコインはどうなるのか

今後10年内の話で言えば強気な意見をいう人が多いです。

よくサイクル理論と呼ばれるものがあり、時期ごとに集まる人の層が異なるという考え方があります。

現在のフェーズで言えば今はアーリーマジョリティのスタート地点くらいでしょう(初期参入の最後の段階)。

まだまだ企業は投資の決断をするための稟議書を通すのに時間がかかっている段階だと思います。

数年で数倍を超える資産へ増やしたい人にとっては残り少ない機会のタイミングだと考えています。

将来価格の予想については著名人の声が参考になります。世界の人の声を集めてみたのでこの件に関しては10年後のビットコインは1億円を超えるのか【海外著名人の声】を参考にどうぞ。

ビットコインを予測できるサービスの登場

他にも様々な将来価格を予測できるサービスが開発されています。

とはいえ、目安程度で参考にすると良いでしょう。

予測系のツールやbotなどは基本的に過去の傾向に基づいています。
そのため未来で起こる不確定の出来事については予想できません。

ビットコイン(仮想通貨)の価格予測サイトまとめ【AI/機械学習/テクニカル分析】

まとめ

正直なところ将来どうなるのか誰にもわかりません。

しかしこえ考えてはどうでしょうか。

より不確実な方を選ばないようにする。普通は仮想通貨が不確実だと思うかもしれません。

しかしよくよく現代貨幣の方をみてみると不透明性や過剰なまでの富の独占、無限に増え続ける負債や信用創造のそもそもの原理の不完全性など気がつくことがたくさんあるかと思います。

そしてもし仮想通貨でみんなが感じる技術的に未完成のところが完成したとしたらどちらがより信頼できるのでしょうか。

答えはありませんが仮想通貨(その技術)も割と信頼性性は大きいのではないでしょうか。