【画像30枚】CryptoGTアプリの使い方を徹底解説

【画像30枚】CryptoGTアプリの使い方を徹底解説
初心者A
CryptoGTでスマホから取引しようと思ったけどどうすれば良いのかわからない。
初心者B
MT5と連携するためにはどうすればいいんだろう?

CryptoGTをスマホで使おうと思って「CryptoGT アプリ」と検索しても見つからなくて困ったことはありませんか。
私もはじめて利用する際にMT5をよくわかっておらず困ったことがあります。

大前提として、CryptoGTはMT5を使って売買しなければなりません。これを知らないために混乱してしまう人は少なくないのかなと考えています。

結論として、”MT5のアプリ(MetaTrader5アプリ)”が必要になります。

そこで今回は、この記事を読むことでスマホからCryptoGTでMT5と連携させて売買してテクニカル分析ができるようになるまでを理解できるようにしました。

連携から実際の取引、注文板の見方まで解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

CryptoGTの公式アプリはないのでMT5(MetaTrader)と連携しよう

【始める前に】公式サイトからCryptoGTはMT5と連携しないと使えません

CryptoGTの公式サイトはこちら

最初はアプリではなく公式サイトでやることがあります。(画面が広いPCブラウザの方で解説しています)

①MT5の専用アカウントをCryptoGT公式サイトから作成する
②作成したMT5の専用アカウントをMetaTrader5アプリと連携する
③MetaTraderアプリで売買する

上の3STEPで売買できるようになります。

①MT5の専用アカウントをCryptoGT公式サイトから作成する

まず、CrypotGTにログイン後の画面を開きます。(登録が済んでいない人は登録を済ませましょう。)

CrypotGT側でMT5と連携させるためのアカウントを作る必要があるので下記画像の黄色枠「MT5」をクリックして、青枠の「アカウントを作成する」に必要な情報を入力してください。

アカウントが開設できると、CryptoGTに登録した際のメールアドレスにログインIDとパスワードが届きます。

②作成したMT5の専用アカウントをMetaTraderアプリと連携する

次にCryptoGTで作成したMT5の専用アカウントとMetaTrader5アプリを連携させるために、MetaTrader5をDLします。

● iPhoneまたはiPadをお使いの方はコチラから

● Androidをお使いの方はコチラから

上記リンクよりダウンロードができます。

アプリを立ち上げると「新規口座」があるのでタップします。

MT5と連携する取引所を検索する画面がでるので「Hatio Ltd」と入力します。

すると、「HatioLtd-Live」のサーバーを選択できたことが確認できます。

続いてメールで送られてきた「ログイン」「パスワード」を入力すれば連携できます。

プロおに
もしサーバがDemoと表示されていたらデモ口座になってしまっているぞ。もう一度最初からやり直してみてくれ

入金したい場合は公式サイトから

もう一つ注意すべき点があります。

それは入金する場合、MetaTrader5から行うことができないため、公式サイトから行います。

公式サイトメニューの「資金」をクリックしてください。

次に黄色枠の「入金」をクリックすれば、各資産が表示される画面が開かれるので参考にします。

好きな仮想通貨を選びましょう。今回はビットコインを選びます。

ビットコインを選ぶと入金方法を選ぶことができます。「BTCで入金」がもっとも一般的です。
選択すれば受け取りアドレスが表示されるので国内取引所から受け取りアドレスへ送金しましょう。

プロおに
ちなみにビットコインは送金手数料が高いからBCHかLTCが送金手段としてオススメだぞ

MetaTrader5でCryptoGTのトレード画面を見ながら成行注文をしよう

CryptGTとMT5(MetaTrader)を連携できたら、実際にトレードを始めましょう。

まずはMT5のトップ画面から下側にある黄色枠「チャート」をタップしてください。

するとチャート画面が表示されます。
この画面ではまだ取引はできないので、チャート画面中央あたりをタップしてください。すると下記画面が表示されます。

こちらの画面の黄色枠「トレード」をタップすると成行トレードができる画面が表示されます。

トレード画面に移動しました。
取引数量を設定したら、あとは取引をしたいタイミングで「成行売り」か「成行買い」をタップするだけで始められます。

ちなみに、ストップロス(逆指値)とテイクプロフィット(指値)も調整することができるので、自分のトレードに合わせて使っていきましょう。

ここまで理解できれば、CryptoGTでスマホを使った取引を始めることができます。

MetaTraderでCryptoGTの板注文取引もやってみよう

MetaTraderでCryptoGTの板注文取引もやってみよう

成行トレード以外にCryptGTでは板注文取引もできます。

まずはMT5トップ画面の取引をしたい通貨ペアをタップしましょう。
今回はBTCUSDTで解説をするので黄色枠をタップします。

すると画面下からメニューが開くので「板注文画面」をタップしましょう。

これでCrypotGTのBTCUSDTの取引板を開くことができました。

CryptoGTでの取引板の見方

次はMT5を使った取引板の見方と、取引方法の解説です。

取引板に沢山の数字が並んでいて「見方がわからない」と思った人も多いでしょう。

しかし実際にCryptoGTで板取引をする際に確認する場所は下記画像の中央部分だけで大丈夫です。

こちらの板の中心部分(少し太文字になっているところ)の価格が、自分が取引を始めようと思った際の最安値と最高値になります。

中心部分から上側の価格7638.86ドルは売り手の最安値の価格となります。そのため私たちが買い手となりBTCUSDを買う際にはこの価格で買うことができます。

中心部から下の価格7635.44ドルは買い手の最高値の価格となります。そのため私たちが売り手となりBTCUSDを売る際にはこの価格で売ることができます。

そのため、中心からみてBTCを買う時には上側の価格7638.86ドルで、

BTCを売る時には下側の価格7635.44ドルで取引をすることができるということになります。

実際の注文板取引方法を紹介

それでは実際に、こちらの取引板で取引をする際の方法を解説します。

成行注文と同様に、まずは取引数量を決めなければなりません。そのため上画像の黄色枠部分をタップして注文数量を入力しましょう。

数量を入力したら、あとは取引をしたい価格を見計らって、

売りたい場合には赤色の「売」、買いたい場合には青色の「買」ボタンをタップしてください。

その後取引で利益が発生した際には中央の「決済」をタップすれば、持っている注文を決済することができます。

Metatrader5のチャート機能を活用しよう

MT5と言えば、高機能取引ツールの代名詞でもあるので、当然ながら様々なチャート機能が搭載されています。

そこで仮想通貨取引には必須である、テクニカル分析を行うためのインディケーターを設定してみましょう。

まずは先ほどのチャート画面を表示してください。

そこから画面上部にある黄色枠「f」をタップしましょう。

すると下記画面インディケーターがでてきます。

そこでチャート下にインディケーターを表示させるために、上画像黄色枠の「インディケーターウィンド1」をタップしてください。

するとMT5に搭載されているインディケーターの一覧が表示されるので、好みのインディケーターを選択しましょう。

今回は「MACD」を選択します。

すると画面下の方に表示が確認できました。

他にも先ほどのインディケーターウィンド1ではなく、メインウィンドウを選べばチャート画面に移動平均線を表示することなどできるので、自分好みにカスタムをしてみてください。

好きな銘柄ペアを追加してみよう

CryptoGTのMT5の初期状態では、全ての取引可能な銘柄ペアが表示されていません。

そのため必要に応じて取引をしたいペアを追加する必要があります。

銘柄ペアを追加するためにはMT5トップ画面の右上にある黄色枠「+」をタップしてください。

するとシンボル追加画面が開かれるので、上部黄色枠「Cryptocurrencies」をタップしましょう。

銘柄ペアのページが開いたら、追加したいペアの左側にある緑色の+ボタンをタップします。今回はBTCJPYを追加しましょう。

トップ画面に戻ると、一番下部にBTCJPYが追加されていることを確認できるはずです。

不要な銘柄ペアを削除してみよう

追加とは逆に、一切取引を行わない銘柄ペアなどは表示していてもしょうがないので、削除をしましょう。

削除をする場合には、画面左上の黄色枠「えんぴつ」をタップします。

すると現在表示されている銘柄ペアの一覧が表示されるので、消したいペアの左側にチェックをいれましょう。今回は先ほど追加したBTCJPYを削除します。

黄色枠の通りにチェックをいれたら、右上青枠の「バケツロゴ」をタップするとBTCJPYは削除されます。

【図解説】CryptoGTアプリの使い方を徹底解説 まとめ

以上がCryptoGTでスマホ取引をするためのMT5連携の解説となります。

● iPhoneまたはiPadをお使いの方はコチラから

● Androidをお使いの方はコチラから

実際にやってみると、そこまで手間を感じること無く連携させることができるでしょう。

そもそもMT5が非常に洗練されているアプリなので、実際の取引でも不便を感じること無くできるでしょう。

ぜひ今回の記事を参考にして、CryptoGTとMT5を連携させて取引を始めてみてください。