【猫でもわかる】仮想通貨DeFiとは何かを分かりやすさ重視で解説

【猫にもわかる】仮想通貨DeFiとは何かを分かりやすさ重視で解説

「SNSや記事でDeFiの盛り上がりを目にするけど、どういう仮想通貨なんだろう?」

「仮想通貨の最新トレンドといえばDeFiっぽいけど、全く知識がない」

もし、あなたがこんな疑問を抱いているのであれば当記事は役立つはずです。

DeFiは、日本語で「ディーファイ」と呼ばれており、日本語訳にすると「分散型金融」と命名されています。

といっても「金融が分散型」と言われてもピンときませんよね。

やはりなんだか難しそうな専門用語です。
しかしDeFiは一言で表すこともできます。

それは「大きな会社、いわゆる金融機関がやってきたお金の貸し借りのルール作りを個人でも自由に扱えるようにしたものの総称」です。

当記事では、そんなDeFiに関する基礎知識から代表的なDeFi銘柄、世界的なトレンドについてご紹介します。

まだまだ認知されていないDeFiについて理解を深められるので、投資対象としても検討できるようになりますよ!

仮想通貨の新しいトレンド?Defiとは何か?

「大きな会社、いわゆる金融機関がやってきたお金の貸し借りのルール作り個人でも自由に扱えるようにしたものの総称」と冒頭でいいましたがここさえ分かればDeFiの概要は十分です。
もう少し掘り下げてみます。

まず、お金の貸し借りのルールとは何か。例えば契約書に書かれている”金利は月○%です。この金額を期日までに返済してください”といったものがお金の貸し借りのルールとなります。

一般的には法律に基づいてしかるべき資格や資産力を保有した企業しかこうした契約書のある業務は行えませんでした。

ところでDeFiはブロックチェーン上で動いています。
しかしブロックチェーン上には”契約書なんて当然ありません”。分散型ですから。

ですがその代わりにブロックチェーンは誰がどうみても”公平に情報をやり取りできる仕組み”を保有しています。
それが契約書と同じかそれ以上に信頼性の高いものとして扱うことができます。

したがって大きな会社にしかできなかったお金の貸し借りするものが法律に縛られることなく個人でもブロックチェーンを経由して行うことができてしまうようになりました。

これはただのブロックチェーンの仕組みの説明ですが、これまでは世界の人たちはこの仕組みを金融分野で上手に使いこなすができませんでした。

ところが最近になって実際にお金の貸し借りを行うプラットフォームを運営できる段階まで産業が成長して人が使えるレベルになりました。

したがって実際にお金の貸し借りのルール作りを誰でも行えるようになってきて世界で盛り上がりを見せつけています。

次に個人でも自由に扱えるようにしたものの総称とはなんでしょうか。

これは金利はいくら、どのくらいの量で、といったところをプラットフォーム上で誰でも参加して行うことができるということです。

例えばMakerDAOと呼ばれるものはイーサリアムを担保にしてお金を金利と一緒に貸し借りを誰でも行うことができました。

このプラットフォームは1年ほどの間でどんどん増えてきています。そうしたプラットフォームの大なり小なりを全部言いくるめた呼び名(総称)となっているのがDeFiです。

金融関連のサービスが劇的に変わる?DeFiでできることについて

DeFiには、既存の金融機関で提供されているサービス方式とは全く異なる利便性があります。

それは、契約内容をコードによってあらかじめ決めているため、金融サービスに関する承認や審査を人の意思によって決められない点です。

コードで決められた規則に基づき、契約が自動執行される(スマートコントラクトの技術を利用している)ため、不正や二重取引などの過ちを防げます。

このように、DeFiの優れた点からも以下のような分野で活躍が期待されています。

・銀行関連のサービス拡充

・金融サービスの利用がより容易になる

・分散型取引所の拡大を促進する

上記3つについて、詳しくチェックしてみましょう。

銀行関連のサービス拡充

DeFiを活用することで、高度な銀行サービスの提供・利用が実現すると見込まれています。

近年、中央銀行によるデジタル通貨の発行に対して前向きなニュースが出ています。

そして、このニュースを後押しするかのように仮想通貨では、日常的な支払い等に使用するステーブルコインの普及が進んでいます。

今後、銀行の進出分野の一つにデジタル資産の発行や管理が行われる日も遠くないと推測できます。

したがって、DeFiのように自動化されたプロトコルによって正確な資産の管理が行われる技術は重宝されるでしょう。

また、人手を介した管理がないので人件費の削減や時間的なコストも大幅に抑えることができます。 

顧客の担保としての預かり資産ををブロックチェーン上で分散して管理できるのも、独自の強みと言えるでしょう。

仲介者が存在しないので、手数料も低く抑えられ、銀行側と顧客の双方にとって一連のやり取りがスムーズになることを把握しておきましょう。(担保の押さえ付けが起きた場合、ブロックチェーン上で契約が自動執行されるため)。

金融サービスの利用がより容易になる

DeFiの拡充は、多くの人が金融サービスをより容易にアクセスできるようになります。

パブリックブロックチェーンと呼ばれるように、一般公開されているDeFiのエコシステムでは、デジタル資産の貸付を即座に行える環境が整っています。

従来の貸付であれば、仕事や年収、家族構成などの身辺調査を行う必要がありました。

しかし、DeFiであれば一定のデジタル資産を担保として市場で流通できます。

流通したデジタル資産は、貸し手側とブロックチェーン上で確実、安全に取引が成立します。

オンライン上で即座に貸付契約が成立することから、今までにない速さで多様な金融サービスにアクセスできるようになります。

分散型取引所での利用が拡大する

DeFiは、分散型取引所(DEX)の利用者拡大を助長する見込みがあります。

というのも、分散型取引所では、既に取引を監視する人為的な仲介者が存在しません。

これは、DeFiを活用することでユーザーのウォレットから直接取引を行えるからです。

現在、主流である取引所は管理者が主体となって取引の管理・監視が行われています。

一方、DeFiではスマートコントラクトの技術を用いることで自動的に取引を実行します。

つまり、ユーザー側は取引手数料を抑えながらも、透明性の高い取引を実現できるようになるのです。

ただし、課題としては未だに多くのユーザーが仲介者を挟んだ取引所を利用していることから、分散型取引所の利用者が少ない点です。

流動性の観点からも、なるべく人気な分散型取引所を利用したいところです。

代表的なDeFi銘柄って何?人気の銘柄をチェックしてみよう

続いて、代表的なDeFi銘柄について幾つか紹介します。

いずれも注目銘柄として認識されており、今後の展開に目を離せない仮想通貨となります。

ETH

参照:CoinMarketCap

主要仮想通貨の一つであるETHは、DeFiのプラットフォームを構築する上で欠かせない存在です。

これは、DeFi銘柄のトークンがETH独自のブロックチェーンである「スマートコントラクト」を利用しているからです。

DeFi銘柄の成長と切ってもきれない関係となっており、DeFi市場を牽引する存在となっています。

今後、DeFi関連に投資したいけど、「マイナーな銘柄は値動きが不安定であるから怖い」と考えている方は、比較的、値動きが安定しているETHに投資しておくのも見当しておくと良いでしょう。

KNC

参照:CoinMarketCap

KNC(カイバーネットワーク)は、あらゆるトークンをどこでも運ぶことをテーマにしているプロジェクトトークンです。


KNCの特徴として、全てのアプリケーションにおいて流動性を確保するプロトコルを稼働し、決済できるAPIを拡充することを目的としています。

つまり、KNCのプロトコルが搭載されているアプリケーションであれば異なる仮想通貨でもクロスして取引が行えるようになります。

COMP

参照:CoinMarketCap

COMPは、Compoundの略称で融資型プラットフォームにてもっとも勢いのあるトークンです。

COMPの施策として、一般市場から資金を集めてブロックチェーン上で貸借契約を行っています。

承認のプロセスに人為的な介入がないため、迅速さと低コスト化の実現が大きく注目されています。

とりわけ、アメリカの仮想通貨取引所「Coinbase」や黎明期のTwitter社にも投資をしていたベンチャーキャピタリスト「アンドリーセン・ホロウィッツ氏」も投資していることから、海外ユーザーからの絶大な人気があります。

実績として既に、COMPの融資額は1000億円を超えていることからもサービスの拡充が進んでいくと期待されています。

LEND

参照:CoinMarketCap

LENDは、Aaveにより提供されているプラットフォームで、ETHLENDとも呼ばれています。

LENDでは、スマートコントラクトを用いて世界中のユーザーがお金の貸し借りをできるシステムを構築しています。

世界中のユーザーが参加し、貸借契約を行えることから国家間の金利格差や為替差益を無くすための取り組みが行えます。

一例として、貸し手側は一定期間ごとに金利を受け取れることから、安定した運用を目指す投資家に支持されています。

今後。DeFiの技術に着目される機会が増えると、LENDのような自動化された貸借サービスは、より注目を浴びるでしょう。

YFI

参照:CoinMarketCap

COMPやLENDと同じく、レンディング系サービスとして人気を勝ち得ているのがYFIです。

YFIトークンの役割は、レンディングにおける最適化ですが、「yToken」と呼ばれるシステムによってユーザーがもっとも高い収益性を得られるように開発されています。

さらに、YFIは上限とする総発行枚数を3万トークンにしていることから、希少価値が高いとしてユーザーによる売買が活発に行われています。

今後はレンディングサービスだけでなく、保険に関する「yInsure Finance」サービスも拡充すると発表していることから、伸び代がある銘柄と判断できます。

データが示すDeFiブーム!注意も必要なバブル市場?

ここまで、DeFiを詳しく知るための基礎知識から注目の銘柄まで紹介してきました。

銘柄紹介からも推測できるように、DeFi関連のプロジェクトは活発に行われています。

そして、新しい仮想通貨業界のブームとして新規の投資家が参入している傾向が強まっています。

ここで、以下の図をご覧ください。

参照:Google Trends

Google Trendsにて、日本国内における「DeFi」という検索需要は縦軸の50を平均値とすると、高まっていることが分かります。

特に、2020年に入ってから検索需要が増え続けていることから、関心のある国内ユーザーが増加傾向であると分析できます。

参照:Google Trends

その上、世界中における「DeFi」の検索需要も2020年3月頃から急激に上昇しています。

2020年4-5月にかけて、関心度は落ちたように見えますが、6月頃にかけて関心度が高まっていると分析できるでしょう。

上記のようなデータ結果が反映された背景に、仮想通貨市場が全体的に値上がりしていることが挙げられます。

DeFiは、新規の産業でもあるため、強気の市場心理が追い風になっていると言えるでしょう。

また、VC/仮想通貨投資家である「Andrew Kang氏」は自身のTwitterで「DeFiはまだまだ初動であり、大きな成長はこれからだ」という旨のツイートを発信しています。

*実際のツイートでは、

「最近のDeFiトークンの価格上昇について、人々はバブルだと叫んでいる。では、DeFiトークンに投資をするのには遅すぎるのでしょうか?画像は、市場内部の観点から考察したDeFi市場に関する私の考察です。」

と述べています。

反対に、仮想通貨のデータ分析企業を運営している「Ryan Selkis氏」は、「DeFiバブルが人々の予想よりも早く崩壊するだろう」と発言しています。

発言の理由としては、価格の吊り上げを目的とした仕手筋の投機売買、不当に投資させるための詐欺的な宣伝、取引増に連なるETH手数料の高額化とされています。

確かに、過去の仮想通貨バブルやICOバブルから考慮しても、仮想通貨市場のバブルは実態を無視した過熱感溢れる市場になるケースが多いです。

ですので、許容できる投資資金やポートフォリオの一つとしてDeFi市場に投資するのが賢明でしょう。

DeFiを取引できる取引所とは?

DeFi銘柄を取引する際、国内取引所では取引できないことから海外取引所の利用が必須となります。

ズバリ、おすすめは世界最大規模のユーザーを抱える「BINANCE」です。

BINANCEでは、

・LEND

・COMP

・SNX

・ETH

・YFI

などの人気銘柄が多数上場しており、世界中の取引所においてもっともDeFi銘柄の取り扱いが多いです。

さらに、2020年9月には「Launchpool」を発表したことによってDeFi銘柄でなくともステーキング(保有する資産を担保に、プロジェクトに貢献する)することで金利を受け取れるサービスを発表しました。

DeFi銘柄は保有していないけど、BTCやETHでもステーキングできる可能性が高いので要チェックです。

NAO「BINANCEでは、DeFi銘柄意外にも人気仮想通貨、豊富なアルトコインの取り扱いがあるので利便性が高いと感じています!」

まとめ

今回は、DeFiに関して抑えておきたい知識について一通り、ご紹介しました。

DeFiは、仮想通貨で重要な技術であるブロックチェーンの仕組みを主に金融サービスに特化して開発されています。

年々、目まぐるしく変わり続ける仮想通貨関連のサービスですが、金融サービスへの敷居を下げる効果も期待されており、大きな産業において風穴を開ける存在になるかもしれません。

記事内でご紹介した銘柄だけでなく、今後もDeFiの仕組みを活かしたプロジェクトを調査しておくと、優位性のある投資ができますよ!

ちなみに仮想通貨の売買は基本的に流通額の大きく競合の多い海外取引所の方が必然的に安く済みます
そのため海外仮想通貨取引所おすすめランキングPROでは海外取引所に絞ってお得な取引所を紹介しています。

少しでも興味がある人は良かったら【損しない】仮想通貨のおすすめ海外取引所【最新】を読んでみてください。