【現役トレーダー解説】仮想通貨のヘッドアンドショルダー(逆三尊)でチャート予測

【現役トレーダー解説】仮想通貨のヘッドアンドショルダー(逆三尊)でチャート予測
この記事をかいた人

0.9円のリップルを買って最高6000万円まで資産を築く→投資金を全て失い辛酸をなめる。投資歴4年目。釣りにハマっています。現在は"生き残るためのトレード"をエリオット波動の分析で確立して利益を出せるように。
    初心者A
    ヘッド&ショルダーで、ビットコインのチャート予測をしてみたい
    初心者B
    ヘッド&ショルダーを活用したチャート予測の結果を知りたい

    と、当記事を訪れたあなたは、「ヘッド&ショルダー」に関して詳しく理解を深めたいと考えている一人でしょう。

    実際、「ヘッド&ショルダー」は仮想通貨相場を分析する上で頻出のチャートパターンです。

    重要な相場の局面で見れることから、トレンドの節目で出現しやすい形。

    そんな「ヘッド&ショルダー」の特徴や予測方法についてビットコイントレーダー歴3年の筆者が詳しく解説!
    短期から長期の時間軸まで、既に何度も「ヘッド&ショルダー」を見てきており、実践に落とし込める活用法についてもご紹介します。

    当記事を読めば、「ヘッド&ショルダー」の理解を深めて高度な分析に役立てられるはず。
    ぜひ参考にしてみてくださいね!

    もくじから読みたい項目へ飛ぶ

    仮想通貨市場でよく見る!「ヘッド&ショルダー」の特徴を押さえよう

    「ヘッド&ショルダー」とは日本語で「逆三尊」と呼ばれる分析手法(チャートパターン)であり、下落相場からのトレンド転換で形成されるチャートパターン

    下記の項目では、

    •  ヘッド&ショルダーの詳しい特徴について(トレンドの節目で頻出)
    • (大きな利益が狙える?) 仮想通貨市場でヘッド&ショルダーを活用するメリット
    • (大口は見ている…)ヘッド&ショルダーを活用するトレードのデメリット

    というように、詳しく「ヘッド&ショルダー」の解説と活用するメリット・デメリットについて解説します。

    ヘッド&ショルダーの詳しい特徴について(トレンドの節目で頻出)

    先述したように、「ヘッド&ショルダー」は割安水準にある底値圏や下落相場の転換地点で出現することから、別名で「ヘッド&ショルダー・ボトム」などとも呼ばれています。

    「ヘッド&ショルダー」の形としては、上記画像のようにチャートの左側から「左ショルダー」「ヘッド」「右ショルダー」を形成。

    その後、「右ショルダー」によるチャート形成後に上値を抑えていたネックラインを上抜いてるのが分かりますね。

    ビットコインを始め、主要なアルトコイン相場でよく見かけるチャートパターンであることから、売買チャンスとして多くの投資家・トレーダーが注目されている特徴があるのです。

    ただし、必ずしも綺麗な「ヘッド&ショルダー」を形成することはありません。
    そんな一例について、下記の画像とコラムにて詳しく解説しています。

    必ずしも綺麗に「ヘッド&ショルダー」が形成される訳ではない

    ネックラインが「右ショルダー」にかけて切り下がっている「ヘッド&ショルダー」ですが、その後の価格はしっかり上昇しているのが分かりますね。

    さらに、「左ショルダー」と比較すると「右ショルダー」のサポートラインは安値にあります。

    このように一見、形が崩れているように見えても、「ヘッド&ショルダー」が成立している場合は多いです。
    実際の相場では、こうした「ヘッド&ショルダー」のチャートパターンが出現する頻度の方が高いため、観察眼を徐々に養っていくようにしましょう!

    (大きな利益が狙える?) 仮想通貨市場でヘッド&ショルダーを活用するメリット

    「ヘッド&ショルダー」を使いこなすためには、メリット・デメリットを押さえておくのがおすすめです。

    というのも、「ヘッド&ショルダー」のチャートパターンを参考にトレードをする場合、利益・損失幅が大きくなりがち。

    ですから、両者の特徴をチェックしてみてくださいね。

    まず、「ヘッド&ショルダー」の出現は、強い下落を繰り返しながらも下値を固めて上昇へ転換する兆しになります。

    ゆえに、「ヘッド&ショルダー」のチャートパターンを形成すると早期に推測できれば安値圏で「買い集め」もできるでしょう。

    加えて、「ヘッド&ショルダー」が成功した場合は「ヘッド」部分と同様の値幅で上昇する性質があります。

    したがって、長期の時間軸であればあるほど大きな値幅を狙うことも可能。
    比較的シンプルな形で出現するため、見分けられるようになれば決定的なチャンスとして売買エントリーできる強みがあるのです。

    (大口は見ている…)ヘッド&ショルダーを活用するトレードのデメリット

    「ヘッド&ショルダー」はある相場での安値圏で出現しやすいと説明しましたが、逆手に取られて「だまし」に合ってしまう場合もあります。

    要は、相場を動かすとされる大口投資家によって「ヘッド&ショルダー」の形が崩されてしまうのです。

    この際、「ヘッド&ショルダー」を「崩す」というのは保有している銘柄が売られてしまったり、買い支えしていたポジションを決済してしまうこと。

    大口投資家がポジションを手放してしまう要因としては、安値圏で購入したくても、多くの投資家やトレーダーによる「買いポジション」が増えてしまったため。

    それゆえ、「ヘッド&ショルダー」が形成されたかのように見えて「だまし」のチャートが形成されてしまうのです。

    特に、長らく続く下落トレンドなどで顕著に発生するため、資金管理や他のテクニカル分析も取り入れた総合的な投資(トレード)術が求められますよ。

    NAO

    トレーダーでもある筆者としては、「ヘッド&ショルダー」は売買サインの根拠が強い分析指標であると考えています。

    ただし、どの分析も弱点があるように「ヘッド&ショルダー」にも活用する上での強み・弱みはあります。

    ヘッド&ショルダー」の強みを引き出しながらも、デメリットを補完できるバランス良い分析方法と組み合わせるのがおすすめですよ!

    *「ヘッド&ショルダー」を用いた分析を高度に使いこなす方法については、後ほどご紹介します。

    (下落サインにも対応)「ヘッド&ショルダーズ・トップ」のパターンもチェック!

    「ヘッド&ショルダー」は日本語で「逆三尊」という呼ばれ方をしますが、高値圏でも両サイドに「ショルダー」を形成し、最高値を「ヘッド」とする「ヘッド&ショルダーズ・トップ」なるものがあります。

    日本語ではそのまま「三尊」と呼ばれており、こちらも下落相場での「売り」によって利益を得るチャンスとなります。

    一例として、上記画像は日足での「2021年3月〜5月」における範囲で「ヘッド&ショルダーズ・トップ」を形成したもの。
    日足レベルでの大幅な下落を記録しており、しっかりと「ヘッド&ショルダーズ・トップ」によるチャートパターンが機能していたことを示していますね。

    *因みに、「ヘッド&ショルダー」が「逆三尊」「三尊」などと呼ばれる理由は、寺院の仏像は両脇に小さいサイズの脇侍が配置されていることが由来となっています。

    「ヘッド&ショルダー」を実際に使いこなす!チャートの認識から手法までのステップを詳しく解説

    次に、「ヘッド&ショルダー」を用いたチャートの認識方法から売買まで落とし込むための分析手法について順を追って解説します。

    ただし、「ヘッド&ショルダー」はチャートの規則性に基づいて分析を深めるもの。
    数字やチャートの形だけを見て、「絶対的」な売買判断まで下せるものではありません。

    その点を認識した上で、「ヘッド&ショルダー」によるチャート分析を行うようにしてみてください。
    それでは、下記の項目からご覧ください。

    大きな値動きが起きたローソク足を意識&シナリオ想定する

    「ヘッド&ショルダー」の形は右肩形成後になってからでも、売買が遅れることはありません。

    ですが、右肩形成後にエントリーをするとなると売買戦略や慌て買いによって短期的な含み損や損切りに合ってしまいます(短期とはいえ、仮想通貨市場のボラティリティは大きいため軽視できません)。

    そのため、注目すべきポイントは

    • 力強い値動きが発生したローソク足
    • 下値圏でのチャート形成からヒントを得る

    こと、となります。

    例えば、下記画像では力強い値動きの発生したローソク足に着目したもの。

    上記画像のオレンジ枠のように、陰線による強い下落が発生しているのが分かりますね。
    その後強い反発によって陰線による下落を無かったものとしています。

    一瞬、「ヒヤッ」とするほどの価格下落は「ヘッド&ショルダー」の「ヘッド」を形成した可能性も高いことから、要チェック。

    そして、下値圏でのチャート形成が進むにつれてショルダーとなる「肩」のシナリオも立ててみましょう。

    上記画像では、オレンジ枠のように右肩を形成するように見えますね。

    されど、この時点では「さらに上昇するか、あるいは下落するか」はまだ分かりません。

    その場合、ネックラインが意識されている直近の高値圏に引くことで、上値の価格帯を把握できるでしょう。

    ここまで認識作業を行うことで、仮に「ヘッド&ショルダー」による価格上昇が起きる際に、他の投資家・トレーダーよりも早期のポジション構築を行えるようになります。

    プロおに

    こうしたをチャート上に引ける描画ツールがある取引所もある。

    チャート画面と注文画面が同じであるため、高度な分析を行いながら売買に集中できるのが強み。

    【損しない】仮想通貨のおすすめ海外取引所【2021年最新】」では、そんな「ヘッド&ショルダー」を利用できる取引所について詳しく解説しているぞ!

    値動きの定着確認からエントリーを行う

    最初のステップでは、安値圏でのローソク足の形と右ショルダーとなる「肩」の位置確認から、環境認識を行うことを解説しました。

    そして、チャートの認識を深めたら売買ポイントを探っていきます。

    上記画像では、右ショルダーの安値付近での値動きに着目。

    すると、右ショルダー・左ショルダーのサポートラインが重なっていること、また陽線を出しながらも下値を固めた「ピンバー」と呼ばれるプライスアクションが発生しているのが確認できますね。

    熟練したトレーダーであれば、こうした反転サインである「ピンバー」で買いエントリーを行います。
    されど、安値圏で買いを入れるのが怖いというのが実際のところですよね。

    そうした場合、直近安値を明確に上抜けたタイミング(画像右側の矢印箇所)で購入するのもアリ。
    「ヘッド&ショルダー」は時間経過による横軸を意識するのが大切なため、慌てて購入してしまうのは禁物です。

    じっくり安値圏での値動きを探りながら、ポジションを建てるようにしてくださいね!

    *ネックライン超えからのエントリー方法もあるので、下記画像とセットで読み進めてみてください。

    ネックラインを超えてからのエントリーもOK
    「ヘッド&ショルダー」形成段階からエントリーする方法について解説しましたが、「ネックライン」を超えてからのエントリーもあります。

    上記画像のように、「ヘッド&ショルダー」によるネックライン超えを確認。
    すると、価格がサポートされるようにオレンジ枠付近で反発していますね。

    「ヘッド&ショルダー」による上抜けはトレンド転換の強い根拠になるので、「押し目」としてエントリーするのも有効的でしょう。
    けれども、サポートされた付近からの価格上昇が乱高下したり、途中で失速してしまうなんて場合もあります。

    そうしたことも踏まえて、エントリーを心掛けるのがおすすめですよ。

    値幅は大きいので注意! 「利益確定・損切り」ラインを入れておく

    最後に、「ヘッド&ショルダー」による分析でエントリーをした場合は「利益確定・損切り」も入れておくのが大切です。

    理由は、「ヘッド&ショルダー」によって形成されたチャートはどちらかに価格が動き出した場合、強い値動きが生じるため。

    上昇であれば、上値が軽くなるためどんどん上昇を続けますし、下落も同じく「買いポジション」の損切りによって下落が強く発生します。

    参考として、利益確定の目安は「ヘッド」から「ショルダー」にかけての値幅分となります。

    同様に、長期時間軸での抵抗帯となる高値なども利益確定の目安になります。
    一方、損切りの目安としては第一段として「右・左ショルダーの安値付近」。

    第二に、「ヘッド」までの最安値にすることで「右ショルダー」の「だまし下げ」を回避して上昇を目指す場合に備えることが可能。

    「ヘッド&ショルダー」は、チャート形成における一つ一つの値動きが激しいので、資金管理も伏せて活用してくださいね。

    *価格変動の激しい仮想通貨市場において、「資金管理」は相場で生き残る上で必須のスキル。「【6000万円溶かした経験アリ】仮想通貨で大損しないために徹底した心得とは」では、そんな資金管理のノウハウを押さえて「大損」を防ぐ方法についても紹介していますよ!

    「 ヘッド&ショルダー」の分析方法でよくあるミスと対策について

    続いて、「ヘッド&ショルダー」による分析方法でよくあるミスとその対策について詳しく解説します。

    具体的には、

    •  そもそも「ヘッド&ショルダー」の形を見抜けていなかった
    • 時間軸が定まらないことで「だまし」にあう
    • 焦り過ぎたエントリーで連発して損切りしてしまう

    の3つであり、下記にて詳しく解説します。

    そもそも「ヘッド&ショルダー」の形を見抜けていなかった

    ビットコインを始めとする仮想通貨市場の相場は、価格が乱高下しがち。

    例えば、上記画像のようなチャートでは無理矢理「ヘッド&ショルダー」を描くことはできますが、形があまりに歪になっていますよね。

    初心者の方であれば、「ヘッド&ショルダー」として認識することはまずないでしょう。

    ところが、著名人の発言等によって急騰した相場にも上昇への転換を示唆するパワーがあり、その後は徐々に価格上昇を果たしているのが分かります。

    後付け的な意味で、「ヘッド&ショルダー」であったと判明するも未完成のチャートでそうした値動きを予測するのは難しいもの。
    対策としては、「ヘッド&ショルダー」の形に近い展開になる確信が強まるまで、静観するのがおすすめ。

    この際、出来高の確認やプライスアクション、ファンダメンタルズ分析などを取り入れるとより分析精度を高められますよ。

    時間軸が定まらないことで「だまし」にあう

    上記の「ヘッド&ショルダー」は先ほどのものと比較すると綺麗な形をしているのが分かります。

    ただ、この「ヘッド&ショルダー」も見方によっては分析が分からなくなってしまうもの。
    それは、短期的な値動きに惑わされて対極的な相場の方向感と「ヘッド&ショルダー」の形成を視野に入れることができないためです。

    よくある事例としては、上記画像のオレンジ枠のような三角保ち合い。

    強い下落が発生したものの、急反発した価格によって更なる上昇を期待したい局面。
    相場経験が浅い人はここで「買いポジション」を持ってしまいがちですが、早計な判断に陥りがちです。

    このレンジ相場は一端のサポートラインを下抜けしたのち「右ショルダー」を形成してから上昇していますよね。

    どうしたら事前に、「ヘッド&ショルダー」による「だまし」を回避できるのでしょうか?

    その答えは、この場合において「左ショルダー」の時間軸で付けた安値を確認します。
    過去の値動きではありますが、三角持ち合いの安値よりも下値で形成されているのが分かります。

    よって、長期的な時間軸で「ヘッド&ショルダー」を形成する場合、「右ショルダー」形成中と思われる三角持ち合いは下抜けする可能性があるということ。

    「だまし」になるような、「含み損」を大きく抱えてしまうポジション構築は避けるようにしましょう。

    焦り過ぎたエントリーで連発して「損切り」してしまう

    「自分は大丈夫!」

    なんて過信してしまいがちですが、後で後悔しないためにも要チェックの項目。

    長期の時間軸になるほど「ヘッド&ショルダー」の価格調整からトレンド転換による価格上昇は相場を強く動かします。

    *画像、オレンジ枠のような箇所でエントリーすると短期的な「含み損」を抱えやすい。

    つまり、値動きの大きさによって利益・損失も同等に膨らむことを意味します。

    もし資産の大部分を用いた投資やハイレバレッジなトレードをしてしまった場合、短期的な価格の乱高下によって「損切り」を連発してしまうでしょう。

    なるべく損切りを少なくし、傷となる損失額を減らすためには「サポートライン」や「ネックライン」の下限を見て売買に活用するのがおすすめ。

    「ヘッド&ショルダー」の感覚的なチャートパターンからポジションを建ててしまうのではなく、割安になる価格帯まで待つようにしてくださいね。

    「 ヘッド&ショルダー」による分析!ビットコイン市場の今後は2パターン?(2021年6月〜)

    最後に、「ヘッド&ショルダー」を活用した場合における、2021年以降のビットコイン市場予測についてご紹介します。

    また、分析によって得られたシナリオとしては

    • 楽観的な高値更新に向けたシナリオ
    • 長引く長期低迷の下落相場シナリオ

    の2パターンであることから、どちらのシナリオケースもあり得ることを念頭にチェックしてみてくださいね。

    「ヘッド&ショルダー」が見事に成立した場合「69,657」ドルまで上昇

    早速ですが、楽観的なシナリオの場合は長期的にビットコインが「69,657」ドルまで上昇するかもしれません

    その場合、2021年5月初旬から発生した大暴落によって、割安水準にあるビットコインが「ヘッド」の価格を形成するでしょう。

    上記画像のように、前回高値の押し目・戻り高値(画像では戻り高値のみを囲ってある)が「左側ショルダー」として意識されやすいことからも、「右ショルダー」の形成に向けて値動きの過程を見ていきたいところ。

    加えて、上記シナリオの「ヘッド&ショルダー」が形成される場合、暫定的な「左ショルダー」と「ヘッド」の2倍の比率である「69,657」ドル付近が高値更新時の到達地点と予測できますね。

    「ヘッド&ショルダーズトップ」による「8,000」ドル台までの下落シナリオ

      「ヘッド&ショルダー」とは真逆の下落相場で出現する「ヘッド&ショルダーズトップ」。

    いわゆる「三尊」が形成された場合は長期的に「8,000」ドルまで下落する可能性がアリ

    環境認識としては、先述した上昇シナリオが崩れる場合、2021年6月時点で形成している安値圏での価格推移は「弱気」な状態に。

    仮に、2020年12月から2021年1月にかけて形成した「左ショルダー」が 「ヘッド&ショルダーズトップ」として機能する場合、2021年6月からの価格推移は「右ショルダー」になるでしょう。

    すると、一般的な値幅とされる「ヘッド」から「ショルダー」の2倍の比率は画像右側の青色枠下部付近になります。

    だが、これですとマイナスになってしまうことから分析として機能しません。

    そこで、より現実的な下落シナリオを想定してみました。

    上記画像は週足でのビットコインチャート。

    赤線によるサポートラインは、長期的に上値を抑えられたレジスタンスラインでもありました。

    そんな赤線ラインが、 「ヘッド&ショルダーズトップ」による下落が発生した場合、サポートされる確率は非常に高いです。

    オレンジ線による青枠付近は赤線によるサポートライン付近でもあり、およそ「8,000」ドル近辺になると分かります。

    長期の時間軸ではチャートも「だまし」が少なくなるため、 「ヘッド&ショルダーズトップ」による下落も想定しておくと良いですね。

    まとめ

    今回は、 「ヘッド&ショルダー」の特徴から分析方法、仮想通貨(ビットコイン)のチャート予測を行いました。

    国内外の多くの投資家・トレーダーが着目している分析手法であることからも、「ヘッド&ショルダー」の出現確率は非常に高い傾向にあります。

    「ヘッド&ショルダー」は、高値・安値の価格帯から強い抵抗となる「ネックライン」まで、明確な目安があるのも嬉しいところ。

    得意な売買方法を身に付ければ、焦らずにエントリーできるようになるので、「ヘッド&ショルダー」のチャートパターンを何度も見つけては、実践に落とし込めるように検証してみてくださいね!