海外取引所における仮想通貨の買い方を解説

海外取引所における仮想通貨の買い方を解説
初心者A
国内の取引所で仮想通貨取引をしているけど、銘柄数が少ないのが不満だなぁ..
初心者B
海外取引所であれば豊富な種類の仮想通貨があるけど、購入方法が難しそう

こんなお悩みはありませんか?

海外取引所となると一気にハードルが高くなるイメージがあります。
ですが使い方さえわかれば先入観よりもかなり簡単なんです。

すぐに国内取引所とそんなに変わらない感覚で売買できるようになるはず。

そこで、当記事では海外取引所における仮想通貨の購入方法について詳しく解説したので今日から海外取引所デビューできるようになりました。

口座開設の方法から注意点まで要点をチェックしてみてくださいね。

海外取引所で仮想通貨を買うために必要な4つのステップとは?

まず、顔が異取引所で仮想通貨を購入するための流れについて把握しましょう。

具体的には、以下の4ステップを踏まえて仮想通貨を購入できる準備をします。

Step 1: お気に入りの海外取引所を選ぶ

Step 2: 海外取引所の口座開設をする

Step 3: 海外取引所へ送金する

Step 4: 実際に仮想通貨を購入する

上記について深掘りして解説しますね。

STEP1 お気に入りの海外取引所を選ぶ

はじめに、ご自身が使用したいと思う海外取引所を選びましょう。

現在、世界中には仮想通貨取引所が数十社あります。各取引所によって強みがあり、あなたが取引をする上で重要視している条件を満たす取引所を探しましょう。

例えば、

・取引手数料/スプレッドの差

・セキュリティ面

・扱いやすい取引画面か?

・取り扱いのある仮想通貨銘柄数

などです。複数の取引所についてリサーチをして、ご自身に合う海外取引所を見つけてみてください。

「そんなこと言われても色々ありすぎてわからない」

というのがほとんどの人が考えることろだと思います。

そこで無数にある海外取引所の中から日本人がつかうと損せず比較的に安心して使える取引所は【決定版】プロが選ぶ海外の仮想通貨取引所おすすめランキングに載せているので参考にしてみてください。

STEP2: 海外取引所の口座開設をする

続いて、お気に入りの海外取引所を見つけたら口座開設をしましょう。

「海外のサイトだから難しそう」って思うかもしれません。

ですがFXや株用の口座開設と異なり細かい個人情報や確認書類の送付などは必要ありません。
メールアドレスとパスワード、書類があればすぐに始めることができる取引所がほとんどです。

国内取引所の確認書類ハガキの受け取りも不要なのでかなりさっくりと始めることができます。

取引所によっては若干の違いもありますが、主に3つのステップで口座開設できます。

1.登録フォームに基本情報を入力する

2.二段階認証の設定

3.(取引所によっては不要)本人確認書類の提出

です。

おおむねどの取引所でも最初に、海外取引所の口座開設ページに移動します。下記の登録情報等の入力、及び、利用規約への同意を行います。

「それだけだとイメージがわかないんだよなあ」という人は具体的にBINANCEの登録する場合の流れを用意したので気になる人は見てみてください。

BINANCEに登録する方法を詳しく見る

Binanceで口座開設を行うためには、メールアドレスとパスワードを入力して、メールを受診する必要があります。

まずは画面右上にある「登録」ボタンをクリックしましょう。

すると無料アカウント作成ページが表示されるので、Eメールにメールアドレスを、パスワードに任意のパスワードを入力してください。

※Binanceのパスワードは、8文字以上、大文字1文字以上、数字1文字以上の条件が設定されています。

メールアドレスとパスワードを入力したら、Binanceの利用規約同意にチェックを入れて「アカウントを作成する」をクリックしてください。

すると検証コード確認画面が表示されるので、入力をしたメールアドレス宛に届いている検証コードを入力します。

メールアドレスに下記の内容が届いているので、黄色枠で囲まれている6桁の数字を検証コードに入力しましょう。

※下記検証コードは今回記事中で登録したものとなるため利用できません。

検証が完了すると下記ページに移行するのでBinanceの口座開設は完了となります。

・メールアドレス

・パスワード

・確認用パスワード

・ユーザーID(任意の場合もある)

登録情報を送信すると、本人確認用のメールアドレスが送付されるので確認を行いましょう。

次に、ハッキングや不正アクセスを防ぐための二段階認証設定を行います。全ての取引所において強制はされません。
しかし、ハッキング被害によって資産を全て失う可能性もあるので二段階認証は必ず設定しておきましょう。

設定方法に関しては、「SMS」「アプリ経由」の2種類があります。

「いきなり2段階認証と言われてもよくわからない」と思うので下の記事でよりくわしく確認できますよ。

上記の流れはBINANCE(バイナンス )の口座開設方法を図解説!本人確認は必要?セキュリティ対策は?に全て載っています。

STEP3: 海外取引所に資金を入金する

二段階認証が終了したら資金を入金していきましょう。海外取引所への入金方法は基本的に、国内取引所からの送金になります。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)などを国内取引所で調達をしておきます。

この際、なるべく送金手数料が低い通貨がおすすめとなります。とりわけ、仮想通貨の代表格であるビットコインはトランザクションが混み合うと送金手数料も異常に高くなる場合があります。

他にも、通貨ペア流動性等を見ながら手数料がなるべく低い仮想通貨で送金を行いましょう。

送金の受け取り方としては、「Deposit」画面に表示される受け取りアドレス(対象通貨によって変わる)を送金元の情報に記入して送ります。

例として、ビットコインでアドレスを受け取るならば、海外取引所側でビットコインの受け取りアドレスを用意します。

確認したビットコインの受け取りアドレスを送金元の国内取引所の送金元入力フォームに記載します。

最後に、アドレスの間違いがないかを確認して送金しましょう。

いかがでしょうか?入力漏れなどがあると、きちんと送金されないので見落としがないか十分に確認してくださいね。

*補足として、一部の海外取引所ではクレジットカードによる法定通貨の入金を行っています。

実際に仮想通貨を購入する

資金の入金が終了すると遂に、仮想通貨の購入ができます。

海外取引所は仮想通貨銘柄の取り扱い数が多い傾向があるので、着金した仮想通貨で自由に売買が行えます。

情報の少ない銘柄も多くありますが、割安な状態になっていることもあるので投資チャンスが見つかるかもしれません。

ここで「あの、難しそうな取引板をみながら売買するの?しかも海外のサイトで?」と不安に感じた人もいるかと思います。

次に具体的な方法を解説しました。

具体的に海外取引所で仮想通貨を購入する方法について

ここでは、ユーザー登録者数・取引高でトップの人気取引所「BINANCE(バイナンス)」にて仮想通貨を購入する手順を説明します。

BINANCEの公式サイトはこちら

取引銘柄を選択&取引画面に移動する

今回は、イーサリアム(ETH)の購入事例を紹介します。

まず、BINANCEにログインをしたらヘッダーにある” Markets “のページへ飛びましょう。

「Favrorites」「BNB Markets」「BTC Markets」「ALTS Markets」「USDS Markets」の5つから、マーケットを選ぶことが出来ます。

下記の画面では、BTCマーケットにおけるイーサリアムの購入画面です。

ピンク枠の部分をクリックして取引画面に進みます。

取引画面に移動すると、左上に「Limit」「Market」「Stop-limit」と記載されたボタンが表示されます。

また、両端の太文字に買いてある「Buy ETH」「Sell ETH」は、BTCでETHを購入・売却ができるフォームです。

3つのボタンのいずれかで注文が可能となります。

チャート&取引板を確認する

注文画面の上部には、ETH/BTCのチャート画面を表示できます。各時間軸ごとにチャート分析ができるので、相場のトレンドを確認できます。

他にも、左横の赤と緑の取引板では「買い板」「売り板」を確認できます。

例えばですが、この画像で左側の売り板を確認すると「0,027583BTC」がもっとも安く売られています。反対に、買い板では「0,027582BTC」でもっとも高く買われています。

そして、「Amount」が注文量、「Total」が取引高を意味します。チャートや取引板を一通り確認したら、実際に注文へ移りましょう。

指値注文(Limit注文で購入する場合)

下記の画面はLimiti注文と記載されていますが、日本語では指値注文と呼びます。

指値注文は、事前にご自身で決めている価格帯に購入したい枚数の注文を入れておけます。市場価格が合致した際に、他の人と取引が成立した地点で購入できます。

エントリーポイントで入りたい価格がある場合に、便利な注文方法です。

手順としては、「Buy ETH 」画面の「Price」欄に購入希望価格をBTC建てで入力しましょう。

希望価格を入力後、「Amount」の部分に購入したい枚数を入力します。下に記載されている「25%/50%/75%/100%」はあなたの資産から一定の割合を割り当ててくれます。

最後に、「Buy ETH」をクリックして購入完了です。

成行注文(Maker注文で購入する場合)

Maker注文は日本語では成行注文と呼ばれており、リアルタイムで注文を通せる方法です。

成行注文の特徴としては、購入を希望する枚数だけ入力して即座に購入できます。指値注文のように待たずして、注文・決済が行えるメリットがあります。

ただし、売買価格の指定ができないことから予想外の大量注文があると高値掴みで約定してしまう場合もあります。

Market画面をクリックし、「Price」欄がマーケット価格で反映されていることを確認し、下の「Amount」欄に購入したい希望枚数を入力して購入しましょう。

逆指値注文(Stop-Limit注文で購入する場合)

Stop-Limit注文は日本語で言うところの逆指値注文になります。主に、損切りをする際に使用され、自動的に注文を通してくれます。

以下の画像をご覧ください。

右側の「Sell ETH」にて、「Stop」価格を決めておきます。いわゆる、損切りをする価格のことを指します。

もし、指定したストップラインまで価格が下がると、「Limit」で設定した分が売却されます。

仮想通貨は暴騰・暴落が多く、値動きが激しい特徴があります。手動の損切りだけでは対応できないこともあるので、逆指値注文を積極的に使用しましょう。

以上、3つの注文方法が海外取引所における主な仮想通貨の買い方となります。

さらに詳しく知りたい人は【画像33枚】BINANCEの取引板の使い方を徹底解説【PCブラウザ】をどうぞ。

(スマホアプリで知りたい場合は【画像31枚】BINANCE(バイナンス)アプリの使い方を徹底解説が参考になります。)

海外取引所で後悔しないためには?選び方のコツと注意点について

海外取引所で仮想通貨を購入する際には、幾つかのコツと注意点があります。

悪質な取引業社を選ばないためにも、判断基準を持っておきましょう。

セキュリティは万全か?

何よりも大切な判断基準として、取引所が行っているセキュリティ対策が万全であるかという点です。

というのも、取引所に預けている仮想通貨はハッカーによって常に狙われている対象です。ハッキングされてしまうと、最悪の場合は保有していた仮想通貨が戻ってきません。

取引所によるしっかりとした監視体制やコールドウォレットでの資産保管、ユーザーへの二段階認証設定などが実施されていることが重要です。

仮想通貨銘柄数の豊富な取り扱いはあるか?

海外取引所は国内取引所よりも取り扱いのある銘柄数が多い特徴があるので、保有したい仮想通貨があるか確認しましょう。

国内取引所では、ビットコインやイーサリアム、リップルなどの主要通貨のみが購入できます。一方、海外取引所であれば海外で人気の仮想通貨やマイナーだけど成長見込みのある仮想通貨を保有できますよ。

手数料/スプレッドは安いか?

各取引所によって取引の際に徴収される手数料やスプレッドは変わります。

一般的に、海外取引所における取引手数料は「無料〜0,3%」ほどとなります。キャンペーン実施によっては、手数料が無料になっていることもあります。

スプレッドに関しても、相場の急変時によっては大きく乖離するので流動性(取引板の厚み)に注目しましょう。

日本語対応していない取引所もある

海外取引所では、英語や中国語表記で日本語に対応していないケースがあります。

取引の操作方法等で困ってしまう場合もあるので、翻訳サイトを活用したり、日本語で説明されている情報サイトで解読してみましょう。

まとめ

今回は、海外取引所における仮想通貨の買い方について紹介しました。

買い方としては、国内取引所から海外取引所に送金するのが主流となっています。はじめのうちは、本当に送金できているのか不安に感じますが、焦らずに処理を進めてくださいね。

加えて、海外取引所ではハイレバレッジな取引も行えるので選択肢の一つとして頭に入れておきましょう。

ご紹介した内容を元に、ぜひ海外取引所を利用してみてください。

「どの取引所を選べば良いのかわからない」

という人は【決定版】プロが選ぶ海外の仮想通貨取引所おすすめランキングの記事でおすすめの海外取引所を紹介しているのでよかったら読んでみてください。