最安値クラスの取引所におけるIOSTの買い方(購入方法)を徹底図解説

最安値クラスの取引所におけるIOSTの買い方(購入方法)を徹底図解説

「IOSTを買いたいけど、どこでどうやって買うのが一番良いの?」

という人へ向けて記事を書きました。国内取引所ではまだ取扱いはじめた取引所が少ない仮想通貨IOST。

基本的には海外取引所での取扱い数が多く、一番安くIOSTを買おうと思うと海外取引所を利用しなければなりません。

そこで今回は、初心者の人でも理解できるよう画像をたくさん使ってIOSTを最安値クラスで買うことができる海外取引所を紹介しました。

IOSTを買うために海外取引所の登録方法から図解説を行っていくので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の要約
✅ 国内販売所と比べ10分の1ほどの売買手数料であるBINANCEが最安値だぞ
✅ 日本語へ翻訳して2段階認証まできちんと設定しておこう
✅ この記事を読んでも使い方がわからなかった人は「コンバート」で簡単に好きな銘柄へ売買していけるぞ

最安値で買える取引所はここ!BINANCE

数ある海外取引所の中でIOSTを最安値クラスで買うことができる取引所はいくつかあります。

特にIOSTを海外取引所で買う際には売買手数料(スプレッド)がなるべく狭い取引所を選ぶのがポイントです。

実際に仮想通貨の取引所ランキングサイトのCoingeckoでIOSTを安く買うことができる取引所TOP10を抽出しました。

その中でも一番お得に買うことが出来るのはBINANCE(バイナンス)となります。

coingecko

BINANCEが良い理由は日本人でも使えて日本語対応もしているからです。
その上で売買手数料も”銘柄数が豊富な取引所”の中でもトップクラスで安くスプレッド手数料も国内と比較すると基本的にどの銘柄もかなり狭いです。

さらにBINANCEは日本語にも対応しているため、初心者でも安心して利用できるメリットがあります。

では実際に、BINANCEでIOSTを買うための方法を準備編から紹介していきます。

準備編 ~ BINANCEにおけるIOSTの買い方・購入方法 ~

まずはBINANCEにログインをしましょう。

もし、BINANCEへの登録がまだの方は、BINANCEトップ画面右上の「登録」から登録をしましょう。

ログインは登録ボタン左側の「ログイン」から行うことができます。

ではログインが完了したら実際にトレードをはじめるまでの準備を行っていきます。

日本語へ翻訳しよう

BINANCEへログインした際、もしかすると日本語表示になっていない場合があります。

過去BINANCEでは日本語に対応していな時期があり、翻訳ツールを使った翻訳を行わなければならない時期がありました。

しかし、現在はBINANCEが日本円の入金に対応したことから公式で日本語に対応するようになりました。

そこで日本語表示になっていない場合には、トップページ右上にある日本語/USDの部分から「日本語」を選択しましょう。

日本語の設定はこれだけで行うことができるので、BINANCEにログインして日本語表記ではない場合、すぐに変更するようにしてください。

2段階認証を設定しておこう

海外取引所を使う場合、セキュリティに関しては万全を期しておかなければなりません。

同時にBINANCEでは二段階認証を行わなければ、BINANCEで利用できる機能を最大限解放することができません。

そこでBINANCEに登録後は二段階認証を設定するようにしましょう。

二段階認証の設定はトップページ右上にある人型アイコンから「セキュリティ」から行えます。

セキュリティにある「Google認証」から二段階認証は設定することができます。

Google認証の「オン」を選択しましょう。

Google認証(Google Authenticator)はスマホから認証コードを読み取らなければなりません。

お使いのスマホに合わせてアプリをインストールしましょう。

下記リンクからもインストールすることができます。

・IOS:https://apps.apple.com/jp/app/google-authenticator/id388497605

・Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.authenticator2&hl=ja&gl=US

次にアプリで読み取るQRコードが表示されます。

スマホでGoogle Authenticatorを立ち上げて「QRコードをスキャン」を選択し、QRコードを読み取りましょう。

正しく読み取れるとアプリに6桁の数字が表示されるようになります。

パソコンへ戻り、次の画面に進むとバックアップキーが表示されています。

こちらのバックアップキーは控えておくことで、万が一にスマホを紛失した際、キーから二段階認証を復元することができるため大切に控えて保管しておきましょう。

次に進むとGoogle認証有効化画面が表示されます。

2つのコードを入力する必要があり、上側にはメール認証コードを入力します。

「コードを送信」を選択するとBINANCEで設定したメールアドレスに6桁の数字が送られるので入力します。

Google認証コードの方には、Google Authenticatorに表示されている6桁の数字を入力しましょう。

提出選択後にセキュリティ画面に移行します。

Google認証が正しく設定されると無効化表示となります。

送金編 ~ BINANCEにおけるIOSTの買い方・購入方法 ~

BINANCEでトレードをはじめるためには、BINANCEへ資金を入金しなければなりません。

そこでBINANCEへ入金するために、国内取引所で仮想通貨を用意して送金をしましょう。

準備する仮想通貨としておすすめなのは送金手数料が低めのLTCおよびBCHです。

今回はLTCを使ったBINANCEの入金方法を紹介します。

まずはBINANCEのトップページ右上のウォレットから「フィアットと現物(入金&出金)」を選択しましょう。

入出金を行うことができるウォレットページが表示されるので、黄色枠部分の検索フォームで「LTC」と入力してください。

LTCのウォレットが表示されるので「入金」を選択しましょう。

あとは表示されたLTCアドレスを国内取引所のLTCを用意したウォレットで使用すれば、LTCを送金することができます。

同様の方法でLTC以外の仮想通貨も送金することができます。

すでに仮想通貨を国内取引所で用意している方は、そちらを送金しても問題ありません。

ただ、送金手数料の観点から見るとLTCやBCHがおすすめとなります。

購入編 ~ BINANCEにおけるIOSTの買い方・購入方法 ~

BINANCEへ資金が入金できたら、実際にIOSTを購入してみましょう。

まずはBINANCEトップページ左上にあるトレードから「クラシック」を選択してください。

するとトレード画面が表示されます。

こちらの画面でトレードを行うことでIOSTの購入が可能となりますが、画面を開いた状態だとBTC/USDTのチャート画面が表示されます。

そこでIOSTのチャートに変更するため、画面右側の虫眼鏡マークの検索フォームに「IOST」を入力してIOST/USDTを選択しましょう。

IOSTのチャートに正しく変更されたかは、画面左上にIOST/USDTと表示されているかで確認をすることができます。

次に、実際にIOSTを買うための注文を出しましょう。

画面下側にある「購入IOST」でIOSTの買い注文が出せます。

今回はすぐIOSTを買うために成行注文で注文を出していきます。

まずは「マーケット(成行注文)」を選択し、金額部分に買いたいIOSTの金額を入力してください。

入力後は「購入IOST」を選択することで、即座にIOSTを買うことができます。

ちなみにLTCで入金をした場合、LTCからIOSTは直接取引を行うことができません。

そのためまず、LTCを売ってUSDTを買っておきましょう。

先ほど同様にLTCを検索し、LTC/USDTを選択して、マーケットの売却LTCでUSDTを入手することができます。

IOSTはUSDT、BNB、BTC、ETHとしかトレードを行うことができないため、送金した仮想通貨を対応している仮想通貨でトレードしておきましょう。

売却編 ~ BINANCEにおけるIOSTの売り方・売却方法 ~

IOSTの買い方を紹介したので売り方も紹介しておきます。

売り方は先ほどのIOST/USDTのトレード画面で、マーケットを選択し、売却LTCから売りたい金額を入力することで売ることができます。

買った時とほぼ同様の操作となりますので、簡単に売ることができます。

IOSTの価格が上がり、満足いく利益が出た際には売却IOSTから売りましょう。

おまけ編 ~ 脱初心者を目指すなら指値注文で売買しよう ~

ここまでマーケットの成行注文を使ったIOSTの買い方を紹介してきました。

成行注文は即座に現在の価格でトレードを行うことができるため、短期トレードにおいては便利な注文方法です。

しかし、IOSTをせっかく買うのであれば少しでも安い価格で買いたいと考えるのが普通です。

そこで成行注文に慣れてきた初心者が少しでも有利な価格で買うことができる指値注文のやり方も紹介しておきます。

まずはIOST/USDTのトレード画面で「リミット」を選択します。

IOSTを買う場合は「購入IOST」で、価格にIOSTを買いたい価格を入力し、金額にIOSTを買いたい金額を入力します。

IOST/USDTのチャートを見ながら、どこで安く買えるのかをタイミングを見計らないながら注文しましょう。

逆にIOSTを売りたい場合には「売却IOST」で、価格にIOSTを売りたい価格を入力し、金額にIOSTを売りたい金額を入力します。

指値注文であるリミットで注文を出すと、すぐさまIOSTを買えるわけではありません。

IOSTの注文で指定をした価格に注文が入り、指定した価格に到達することで注文が発動しIOSTを買うことができます。

そのため指定した価格にISOTの価格が到達しなかった場合には指値注文は発動しないままとなります。

そういった点も認識しながら、IOSTを買いたいと思う理想のポイントを見つけて指値注文で有利なトレードを行っていきましょう。

まとめ

以上がIOSTを最安値クラスで買うことができる取引所の紹介となります。

今回紹介をしたBINACEはIOST以外にも様々な仮想通貨の取扱いがあり、使い勝手の良さもあるのでぜひメインの取引所として利用してみてください。

特にレバレッジを利かせた最大125倍のトレードを行うこともできるので、ぜひそちらの利用も検討してみましょう。