海外の仮想通貨ハイレバレッジ取引所ランキング!倍率順並べの仮想通貨FX業者

レバレッジ倍率順で比較!海外の仮想通貨FX取引所のまとめ

レバレッジ(FX)が充実している海外取引所の総合トップ3をまとめました

初心者A

国内はレバレッジ規制が厳しすぎ

初心者B

追証なしでハイレバレッジな取引がしたい

そんな人へ向けて記事を書きました。

数百社とある世界の取引所ですが日本人でも扱うことのできる海外取引所は以下のようにあります。

ハイレバレッジ順に並べた海外取引所

Bitterz 888倍

CryptoGT 500倍

Bitterz 200倍

BINANCE 125倍

BITMEX 100倍

bybit 100倍

Bitfinex 3.3倍

Huobi 3倍

KuCoin 3倍

Poloniex 2.5倍(銘柄数は多い)

この記事を読んでレバレッジを扱う海外取引所の全体像を把握してみてください。

プロおに

「倍率の大きさ⇄銘柄数の多さ」はある程度のどちらかが上ならどちらかが下のようにトレードオフの関係になっているぞ!

総合的にみたお得なレバレッジ取引所TOP3

1位 Bitterz
2位 bybit
3位 CryptoGT

必ずしも倍率が高いことが良い取引所とは限りません。詳細を解説しましょう。

1位 Bitterz(最大888倍レバレッジ)

1位 Bitterz(最大200倍レバレッジ)

この取引所がオススメな人にはある”条件”があります。それは「日本人が運営者」であることです。

「え、どういうこと?」

と疑問に思ったかと思い明日がBitterzとは日本人が創設した海外取引所です。

ソフトバンクや日立などの大手出身メンバーが開発しており海外取引所でありながら日本の取引所と同じ感覚で売買できます。

拠点が海外にあるため海外取引所となっていて厳しい国内のレバレッジ規制を受けていません。

実際に触ってみたところ日本の取引所と同じ感覚で触れました。
というのもMT5というポピュラーな取引ツールで取引可能になっているからです。

国内は最大レバレッジ2倍の制約であるため本質的に仮想通貨FXでトレーディングすることがかなり難しくなっています。

最大レバレッジが888倍であるところも大きな強みなのと、売買手数料が0.025%と業界の中でも最安値クラスなためただ日本人が作ったからではない理由でもオススメできるため1位にしました。

プロおに
ただし、レバレッジ888倍の口座数は限定だぞ!200倍までなら誰でも扱えるしそれだけあれば十分だろう。

888倍のレバレッジ口座は今後どうなるのかわからないが開設の募集をしたらチャンスだから気になる人は登録しておいて瞬時に応募できるようにしておくと吉だ。

Bitterzの公式サイト

Bitterzの詳細記事

2位 bybit(最大100倍レバレッジ)

2位 bybit(最大100倍レバレッジ)

bybitは総合的な手数料と使いやすさ、プロトレーダーにとって売買しやすい(指値注文を出しやすい)取引所です。

ここで「BitMEX」ではないの?と海外取引所を少し調べたことがある人であれば思うかもしれません。

実際のところ「BitMEX」をかなり意識して「bybit」はローンチされています。しかし「BitMEX」は日本人居住者に利用できない用に規約変更されたため利用することができません。

そのため”消去法”というネガティブな理由でbybitは選べれています。

とはいえ、bybitはBitMexよりも使いやすく、BitMexを徐々に追い抜いて人気になっていっています。

加えて徐々により良く改善もなされているため今後はますます安心してトレードできる環境になることを見越して2位にしました。

bybitの公式サイト

bybitの詳細記事

3位 CrtypoGT(最大500倍レバレッジ)

3位 CrtypoGT(最大500倍レバレッジ)

世界最大レバレッジとしてCryptoGTを3位にピックアップしました。

500倍のレバレッジは圧倒的です。そのためハイレバレッジ好きの人からはよく利用されています。

しかし長くトレーダーをしている人は実際に500倍でレバレッジをかけている人はそんなにいないと思います。(倍率が高いほど負けやすくなりますし)

トレーダーからするとより大事になるのはジワジワと積み重なって大きな負担となる売買手数料です。

CryptoGTは売買手数料が0円ですがその分だけスプレッドに上乗せしています。
成行注文なら成行の手数料の高いbybitよりお得になりやすいのですが指値注文であればマイナス手数料でスプレッドも狭いbybitの方がかなりお得です。

そして長らくトレーダーをする人は指値注文がメインとなります。どちらがより実用的かでいえば多くの人にとってはbybitとなるためCryptoGTを第3位にしました。

CryptoGTの公式サイト

CryptoGTの詳細記事

各取引所の特徴まとめ

各取引所の特徴まとめ
海外取引所最大レバレッジ倍率銘柄数日本語対応アプリ対応手数料登録時の本人証明
CryptoGT500倍7種類
(BTC、LTC、ETH、BCH、XRP、DSH、XMR)
スプレッド手数料のみ
(目安:0.045%~)
CRYPTOFLEX200倍4種類
(BTC,ETH,EOS,XRP)
(確認中)メイカー:0.025%
テイカー:0.025%
(確認中)
BINANCE125倍180種類~
レバレッジ4種類
(BTC,ETH,BCH,XRP)
×メイカー:0.1%
テイカー:0.1%
BITMEX100倍8種類メイカー:-0.025%
テイカー:0.075%
(別に決済手数料 0.05%)
bybit100倍4種類
(BTC,ETH,EOS,XRP)

(公式サイト経由必要)
メイカー:-0.025%
テイカー:0.075%
Bitfinex3.3倍64種類~×メイカー:0.1%
テイカー:0.2%
Huobi3倍250種類~
(日本人向けは5種類)
メイカー:0.2%
テイカー:0.2%
KuCoin3倍140種類~×メイカー:0.2%
テイカー:0.2%
Poloniex2.5倍60種類~×メイカー:0.09%
テイカー:0.09%

表はレバレッジ順に並べた特徴です。

やはりレバレッジ数が大きい取引所は銘柄数が少ない傾向にあります。

表をみると「似通っているものが多くてどれを選んだら良いのかわからない」

と感じてしまう人も少なくないかなと思います。

そこで項目別にNo.1の海外取引所をチョイスしたいと思います。

日本語対応でベストなレバレッジ取引所

日本語対応でベストなレバレッジ取引所

Bitterzがおすすめです。

海外取引所を始める理由として国内のレバレッジ規制から逃れるためという人は多いです。

その際に英語がニガテな人にとっては日本語対応されていないと辛いものがあります。

日本語対応の面で最強なのはBitterzになります。

理由はシンプルで、海外取引所でありながら日本人が創設した取引所であるため、実質的に日本人からサポートが受けられる状況にあります。

表面上の文字だけの日本語対応とは違い、日本的なサービスのままそれなりのレバレッジ(200倍)を享受できるのはBitterzだけでしょう。

プロトレーダー向けならBitMEXがベスト

プロトレーダー向けならBitMEXがベスト

テクニカルトレーダーとして本格的に参入するのであればBitMEXがおすすめです。(ビットコインをメインで扱う場合ですが)

おすすめポイント

①取引高が大きい

②サーバーが落ちにくい

③日本人のプロトレーダーから利用されている実績がある

取引板が厚ければ厚いほど、スプレッドは0へ収束されていき、本来の価格が反映されやすくなります。

トレーダーとしてインフルエンサー寄りな人もよく利用しています。(KAZMAX氏、henacamp氏 など)

しかしBitMEXは使えなくなったのでbybitがおすすめ

※6月9日追記

BitMEXは日本の賃金決済法の改正に合わせて4月末に日本人へのサービス提供を停止しました。そのため現在は使えない状況です。

ですのでBitMEXはオススメできなくなりましたが代理でbybitをオススメします。

bybitは2018年頃から開始した若い取引所です。しかし使いやすさやBitMEXとシステムが似ていることから多くの日本人にも使われるようになりました。

手数料やレバレッジなどはBitMEXと同じで、トレードはBitMEXよりさらに使いやすくなったような取引所ですので代わりにbybitがオススメできます。

bybitの公式サイト

参考1:bybitってどんな取引所?バイビットの特徴を徹底解説

参考2:【悪い評判vs良い評判】bybit(バイビット)の口コミまとめ

とにかくハイレバレッジならCryptoGT

とにかくハイレバレッジならCryptoGT

最大500倍のレバレッジであるCryptoGT一択です。

倍率は1倍、5倍、10倍、25倍、50倍、100倍、200倍、500倍から選択可能です。

売買手数料も高いのかと言われれば、BitMEXとあまり変わりません。

証拠金維持率は100%。証拠金としてテザー(ドル基軸の通貨)やXRPなども選べるところがユニークです。

CryptoGTの公式サイト

参考1:【世界No1レバレッジ】CryptoGT(クリプトGT)の特徴【完全版】

参考2:【悪い評判と良い評判】CryoptoGT(クリプトGT)【口コミ調査】

パフォーマンスの高いレバレッジ取引所の選び方

銘柄数の多い取引所でのレバレッジ、例えばBitfinexやPoloniexであればせいぜい数倍程度までのレバレッジ倍率となります。

レバレッジは国内取引所と同等の基準です。そのためレバレッジであえて選ぶ理由はありません。

・手数料がやすい
・日本人でも使いやすい
・ハイレバレッジにも対応

上記にあった取引所がから選んだ場合、

Bitterz
bybit
CryptoGT

が無難な選択肢になると思います。上記3つの詳細に関しては【決定版】プロが選ぶ海外の仮想通貨取引所おすすめランキングで記載しています。

まとめ

①強み別にレバレッジ取引所は選ぼう

②海外でレバレッジができる取引所はBitterz、BitMEX、CryptoGTの3つが特におすすめ

③銘柄数とレバレッジ倍率はある程度はトレードオフとなっている

とにかく始めたばかりでわからない、という場合は日本人向けの取引所を選んでおくと無難です。

ある程度は英語ができる人になればここで紹介したどの取引所であっても特にどこにした方が良いかな意識しなくても良いかなと思います。

しかし海外取引所や英語にニガテ意識がある場合は日本人創設者が海外に拠点を置いて展開しているBitterzが無難です。
(Bitterzの特徴をまとめた記事はこちら)

海外取引所は規制が怖いですがベストな取引所として紹介した取引所に関しては、規制を受けにくいところを本拠地としています。

見方によっては国内よりも安全と言えそうです。