【現役トレーダー解説】仮想通貨でMACDを使ってチャートを予測する方法

【現役トレーダー解説】仮想通貨でMACDを使ってチャートを予測する方法
この記事をかいた人

0.9円のリップルを買って最高6000万円まで資産を築く→投資金を全て失い辛酸をなめる。投資歴4年目。釣りにハマっています。現在は"生き残るためのトレード"をエリオット波動の分析で確立して利益を出せるように。
    初心者A
    MACDってよく聞くけど、どんな分析手法なんだろう?
    初心者B
    MACDを使いこなし、仮想通貨市場の分析が行えるようになりたい。

    本格的に仮想通貨投資を始めたあなたは、信頼できるテクニカル分析を習得し、分析まで落とし込める技術を得たいところですよね。

    「MACD」は、トレンドを把握しながら「売買の強弱」も判断できるテクニカル分析として人気なテクニカル指標の一つ。

    売買チャンスを明確に見つけやすいという点から、多くの人に愛用されているのです。

    そこで、仮想通貨FX歴3年、様々なテクニカル分析を用いてきた筆者が、「MACD」の基本的特徴から仮想通貨市場(ビットコイン等)での役立つ分析方法について詳しく解説します。

    最後まで読めば、MACDへの理解を深めて実践的な分析方法について身に付けられるはずですよ!

    仮想通貨のトレンドを把握できる「MACD」の特徴って?

    MACDは、各指標を参考としてトレンドの把握を捉えながらも、市場における売買の強弱を判断できるオシレーター系テクニカル指標です。

    そもそも、MACDと聞くと「あのマクドナルド?」と一瞬脳裏をよぎりがちですが、全く関係はありません。

    正式には、「MACD=Moving Average Convergence and Divergence」であり日本語では「移動平均収束拡散指標」と呼ばれています。

    「Moving Average」ともあるように、MACDを構成する計算式には移動平均線が含まれています。

    さらに、「MACD」を移動平均線化させたものとして「シグナル線」と呼ばれるものもあり、基本は2つの線によって相場分析、売買判断が行えるのです。

    原理的に、この分析は複数のローソク足による価格に着目しているため、中期から長期の時間軸において正確性が増します。

    ゆえに、プロの投資家やトレーダーも多用しており、売買基準の有効的なテクニカル分析になっているのです。

    因みに、「MACD−シグナル線」から求める(MACD)ヒストグラムと呼ばれる指標もあります。

    デフォルトで設定されている場合も多く、上記の画像の場合、「買い」の勢いが強い場合は「緑色のヒストグラム」が形成。

    反対に、「売り」の勢いが強い場合は「赤色のヒストグラム」が形成されます。

    水平となる「0ライン」を起点に、ヒストグラムにおける増減を確認することで、売買の強弱バランスを察知できるため、早期にエントリーチャンスを見つけられるのです。

    (詳しく)MACD・シグナル線の詳しい計算式とは?

    MACDの基本的な特徴について解説しましたが、計算式についても把握しておくとグッと理解も深まります。

    MACD・シグナル線の計算式については、下記の通り。

    「MACD線=短期EMA-長期EMA」

    EMAとは、指数平滑移動平均線とも呼ばれる移動平均線の一種。
    一般的なSMA(単純移動平均線)とは違って、直近で更新される価格に比重を置いている特徴があるため、素早く値動きの反応を捉えられます。

    そして、短期・長期におけるEMAの差からMACD線が反映されているのです。

    他方、シグナル線についてはMACD線をさらにSMA化したもの。
    直近の値動きを反映するMACD線をベースとしながらも、MACD線のSMAであるシグナル線を活用することで、相場分析が行えるのです。

    上記の計算式は、相場分析においてキッチリと理解しておく必要はありません。
    ですが、分析の原理を抑えておくと売買サインが出た時の根拠が分かるので、分析精度を高めることもできます。

    MACDはチャート上で見やすい指標によって判断できますが、余裕が出てきたら計算式も想い浮かべながら分析に役立ててみましょう。

    プロおに

    MACDは見やすいテクニカル指標だが、取引所内で直接使用できるケースが多い。特に、「【損しない】仮想通貨のおすすめ海外取引所【2021年最新】」で紹介している取引所では、チャート画面とセットで多様なテクニカル分析が行える。

    その他、取引手数料や取扱銘柄などにも強みがあるから、本格的に仮想通貨へ投資をするなら必見だぞ!

    MACDを見てトレンドの順張り・逆張りエントリーに活かす方法

    ここでは、MACDを実際の取引にて活用する実践的な見方について理解を深めていきましょう。

    先述したように、MACDの主要な指標となる「MACD線」と「シグナル線」はトレンドを重視する移動平均線から構成されていますね。

    要するに、MACDを使いこなせればトレンドを把握して順張りや逆張りを狙った取引ができるということ。

    具体的には、

    • シンプルなMACD線のみを用いたトレンド分析
    • シグナル線とMACD線から分かる「トレンド転換点」の探し方
    • ダイバージェンス発生を見極めてトレンドの終了を察知する

    の3つであり、MACDによる細かな分析手法について紹介します。

    シンプルなMACD線のみを用いたトレンド分析

    まず、シンプルなMACD線のみを用いた分析方法。

    MACD線一つでの分析手法ですが、「0ライン」を起点としてトレンドの強弱が分かります。

    例えば、上記画像にもある通りMACD線が「0」よりも上側にある場合は上昇トレンド。

    反対に、「0」よりも下側にある場合は下降トレンドが発生していると把握できますよね。
    「0」以上のラインを起点にすることで、順張りをベースとしたトレンド分析も行えるということ。

    また、過度にMACD線が偏っている場合は「トレンドの節目」となりやすいです。

    この場合のパターンとしては、トレンドの最終局面となる強い上ヒゲや下ヒゲ、あるいはトレンド転換となる値動きが発生する傾向あり

    たった1本の線ですが、EMA(指数平滑移動平均線)を軸とした計算式から求められる「MACD」ならではの強みとも言えるでしょう。

    NAO

    筆者もトレンドを把握する方法の一つとして、MACD線を見る場合があります。

    とりわけ、4時間足以上のローソク足になるとMACDの正確性が増すことから役立ちます。

    単に、MACD線だけを見て売買することはありませんが、全体のトレンドを捉える上で重宝できる指標ですよ!

    シグナル線とMACD線から分かる「トレンド転換点」の探し方

    もっとも使用率の高い分析方法とされており、信頼できる見方としてMACDの「ゴールデンクロス」「デッドクロス」があります。

    これは、MACD線とシグナル線を用いることで機能する分析方法で、トレンド転換を狙った売買チャンスを見つけられます。

    下記の表にて、MACD線とシグナル線を用いた売買チャンスの見つけ方をチェックしてみましょう。

    名称見るべきポイント
    ゴールデンクロスによる買いチャンス各指標が「0ライン」よりも下にある際、MACD線がシグナル線を上抜けた場合
    デッドクロスによる売りチャンス各指標が「0ライン」よりも上にある際、MACD線がシグナル線を下抜けた場合

    というように、MACD線とシグナル線の「位置関係の変化」から売買ポイントを探ってみましょう。

    加えて、「中期〜長期」の時間軸において極端に偏りがあるMACD全体のチャートで効果を発揮しやすいです。

    「騙し」も発生するため注意したいところですが、MACDにおけるゴールデンクロス・デッドクロスはエントリーを意識してみましょう。

    ダイバージェンス発生を見極めてトレンドの終了を察知する

    聞き慣れない用語ですが、「ダイバージェンス」は意外にも頻出するパターンで、価格と各MACDの指標が逆行してしまう現象。

    見方としては2つあり、価格が下落しているにも関わらずMACD線やシグナル線は上昇しているケース(強気のダイバージェンス)

    そして、価格が上昇しているにも関わらずMACD線やシグナル線が下落しているケースです(弱気のダイバージェンス)

    つまり、下げ幅や上げ幅に限度が出てきたため、直近価格を参考とするMACD指標が反転した動きをしてしまうのです(この時点では、未だ価格はトレンド方向にある)。

    応用したMACDの見方ではありますが、上値や下値の重さを意味することであり、高確率でトレンド転換が発生しやすいのも事実。

    トレンド転換点を探ったエントリーに役立ててみてくださいね。

    (仮想通貨相場で特に注意!)MACDの注意点と対策方法

    トレンドのおおよそを把握しながら、「売買の強弱」を判断できるMACDですが注意点もあります

    ここでは、MACDを活用する際の注意点と対策についても確認してみましょう。

    騙しも多い!MACDによる短期間の分析は注意する

    タイトルにもある通り、短期間の値動きは予測が難しいこともあり「騙し」も多発しやすいです。

    上記画像のように、ピンクの平行線(MACD線・シグナル線)においてはレンジのような動きをしていますね。

    では、実際のチャート画像はどうでしょう?

    小刻みなトレンドを形成しながらも、上昇していることが分かります。

    このように、エントリー根拠としては非常に弱いサインを出している場合があり、無闇にエントリーすると読みとは違う方向へ価格が動いてしまうかもしれません。

    さらに、画像は5分足のものを表示していることから、仮にサインを読み取ってエントリーしても価格が騙されやすいということ。

    ですから、短期のMACDを使用するには細心の注意が必要であり、無理に使わないことや他の指標も取り入れるなどしてみましょう!

    急騰・急落によってMACDが機能しにくい場合

    MACDは一定の時間軸における値動き(終値)を集計・計算した「移動平均線」によって分析されています。

    したがって、急騰や急落が発生してしまうと移動平均線はもちろん、EMA(移動平均線をアレンジした指標)を参考とするMACDの分析精度も落ちてしまうのです。

    下記の画像をご覧ください。

    こちらは急落したチャート画像ですが、MACD線・シグナル線も同じように下落していますね。

    しかし、その後の反発は下落した線の半分ほどとなっています。

    一方、価格の反発に関しては1/3程度となっていることからも、下落余地があると判断できます。

    売買チャンスを探る分析としては不安要素が高いため、信頼性は低くなるでしょう。

    値動きの強さ(プライスアクション)によっては、機能しないことも頭に入れておきましょう。

    他のテクニカル分析等も取り入れる

    上記のように、MACDを使用するにはメリット・デメリットがあることを説明しました。

    その上で、MACDだけでは不安な要素を払拭できるテクニカル分析も活用したいところ。

    同じオシレーター系であれば、一定期間の最高値・最安値から集計したストキャスティクスによる分析。

    あるいは、レジスタンス・サポートラインによる意識される価格帯の確認もアリでしょう。

    さらに、異なる時間軸におけるチャートを確認して環境認識を行う「マルチタイムフレーム分析」を取り入れると、客観的にトレンドの方向性・強さも認識できます。

    MACDだけでなく、一つの分析手法に依存してしまうのは危険であるため、違う観点からチャートを分析してみるようにしましょう。

    NAO

    相場歴も長いこともあり、一通りのテクニカル分析には精通している筆者。

    現在では、重宝しているテクニカル分析は少しだけですが、時折、普段は使用しないテクニカル指標も織り交ぜることがあります。

    なぜなら、「価格はこう動くはずだ!」と主観的になり過ぎてしまうのを防ぐため。

    MACDの分析も同じで、他のテクニカル分析の知識を広げながらも柔軟に取り入れることで、より客観的に相場を観察できるようになりますよ!

    (2021年版)MACDからビットコインを分析!中長期におけるトレンドを予測

    最後に、MACDを用いた中・長期におけるトレンドの方向性についてご紹介します。

    *MACDは売買の強弱を図るオシレーター系のテクニカル指標ですが、長期の時間軸になるほどトレンドの強弱を分析可能。

    具体的な価格を明示できるものではありませんが、トレンドの方向性を知る手段として積極的に活用できますよ。

    まず、中期におけるビットコイン市場のトレンド予測は「やや弱気」と分析できました。

    2021年4月、強気の仮想通貨(ビットコイン)市場ですが、筆者の見解としては中期的に価格の調整フェーズに入ると判断しました。

    上記画像は、4時間足におけるビットコインチャートでMACD線・シグナル線を示したもの。

    すると、価格が高値圏であるにも関わらずMACDは下落しているのが分かりますね。

    要するに、「弱気のダイバージェンス」が発生しているということであり、「高値が重く、これ以上の上昇は厳しい状況にある」と考えられます。

    また、4時間足という長めの時間軸であることからも「騙し」は発生しにくいでしょう。

    仮に、トレンドが弱気となった場合は下記の黄色線に注目しておきたいです。

    黄色のサポートラインは、4時間足で引ける価格帯であるため弱気なトレンドになると意識されるラインです。

    直近では、二つの黄色線が引ける箇所がサポートラインとして意識されており、耐えることができるか見ておきたいところ。

    仮に、二つのサポートラインを割ってしまった場合は長期における下落トレンド(トレンド転換)へ推移すると見ておきましょう。

    長期的な見込みとしては、一時的な下落トレンドへと推移するものの高値更新へ向けた上昇トレンドが見られると推測できます。

    というのも、現在のMACD指標は下落基調になっており日足での「0」ラインを下回る展開に。

    もし、「0」ラインを下回ってしまう場合、一定期間の下落トレンド(価格調整)を迎えるでしょう。

    けれども、画像の黄色線のようにMACDの下落から上昇転換と同じくして、ビットコインのトレンドも下落から上昇へと向かっていくと考えておきたいです。

    まとめ

    今回は、仮想通貨相場の分析にて、有効なテクニカル指標である「MACD」について基本的な概要から実践的な使い方まで、ご紹介しました。

    MACDは、オシレーター系の分析手法でありながら、トレンド系テクニカル指標の王道「移動平均線」を取り入れた分析手法でもあります。

    そのため、トレンドの把握から売買の強弱を参考にした分析、エントリーポイントを見つけることも可能

    はじめはご紹介した内容を身に付けながらも、仮想通貨の相場に応じたアレンジを加えてみてくださいね。