【図解説】メイカーとテイカーの違いがよくわかり仮想通貨を安く買える方法

【図解説】メイカーとテイカーの違いがよくわかり仮想通貨を安く買える方法

「仮想通貨をはじめてみたいけど、メイカーやテイカーが複雑でわからない」

「成行のトレードだとメイカーにはなれないの?」

仮想通貨のトレードをはじめる際に、つまずきやすいポイントしてメイカーとテイカーの理解があります。

特に海外取引所の場合だと、メイカーとテイカーで手数料に違いがあるので理解をしておけばお得にトレードできるというメリットがあります。

そこで今回は、メイカーとテイカーについて分からない初心者でも、きちんと理解できるように注文の出し方まで図解説を行いました。

メイカーとテイカーの違い

メイカーとテイカーはそれぞれ仮想通貨の注文の種類のことです。

メイカーは板(取引板)に予約注文を流し新たな注文を作る方法です。

テイカーは板にある注文を崩し現在の価格で仮想通貨を買う(売る)注文となります。

そのため、メイカーは価格を指定するので指値注文で作ることができ、テイカーは現在の価格で注文をするので成行注文で作ることができます。

ただ、この説明だけでは少しわかりにくいと思うので、下記の表をご覧ください。

これまでメイカーとテイカーについて難しいと感じていた人も、表を参考にテイカーは注文を崩しメイカーは注文を並べていると簡単に理解できるようになります。

ちなみにメイカーとテイカーに関しての違いは板に注文を並べるのか崩すのか以外にも、メイカーは指値注文で作ることができテイカーは成行注文で崩すことができるという違いがあるので理解をしておきましょう。

メイカーとテイカーそれぞれの良い点と悪い点

メイカーとテイカーの注文についての違いを理解できたところで、次はメイカーとテイカーのそれぞれ良い点と悪い点を紹介します。

メイカーの良い点と悪い点

メイカーの良い点は、板に注文を並べられることと手数料面で得をすることにあります。

メイカーは板に注文を並べる指値注文で価格を指定することができるので、有利な価格でトレードを行うことができます。

仮想通貨を買いたいという時には、現在の価格よりも安い価格で注文を出しておくということができます。

もう一つ、手数料面でメイカーは得をすることが多いです。

メイカーが新たな取引注文を板に並べ作り出すということで、取引を活発にさせ流動性を生み出しています。

そのため、取引所としては取引量の増加にメイカーが貢献をしてくれているということで、手数料をマイナスに設定しメイカーは手数料を受け取ることができます。

メイカーの悪い点は、注文を並べたとしても注文を崩す人がいなければ注文が成立しない点にあります。

例えば、仮想通貨を買う場合には売りたい人がいてはじめて取引が成立します。

買い指値注文で価格を指定し、メイカーとして注文を並べたとしても、その価格で売りたい人がいなければいつまでも取引が成立しません。

結果的に売りたい人がいない価格で指値注文を出してしまうと、メイカーはいつまでも取引が成立しないところはデメリットとなります。

テイカーの良い点と悪い点

テイカーの良い点は、現在の価格で即座に取引ができる点です。

テイカーはメイカーが作った板の注文を崩していく注文方法なので、すぐに注文を成立させることができます。

仮想通貨の相場でチャンスがきている場面やすぐに仮想通貨を売ってしまいたい時には、即座に取引を成立させることができます。
したがって値動きの激しい仮想通貨の相場で柔軟な対応をすることができます。

テイカーの悪い点は、手数料で損をする場面が多い点です。

メイカーの手数料がトレーダーにとってプラスになる反面、テイカーは注文を崩していくことになるので手数料を多く支払うのが基本となります。

そのため、取引所によってメイカーテイカーの手数料設定はことなりますが、テイカーの手数料はプラスで高めに設定されています。

実際にメイカーとテイカー注文をしよう

基本的に国内取引所と海外取引所でメイカーとテイカーの設定は必ずありますが、国内取引所よりも海外取引所のメイカーテイカー手数料の方がお得に設定されています。

そのため、取引量や回数が多くなるほど海外取引所の方が手数料面でお得になります。

今回は、海外取引所でもメイカーテイカー手数料がお得なbybitで、メイカー注文とテイカー注文について解説します。

まずは、bybitにアクセスをしましょう。

トップページ上部メニューの「トレード」から「USDT無期限」を選択しましょう。

するとbybitのトレード画面が表示されます。

トレード画面右側黄色枠部分がBTCUSDTの注文を出せる箇所となるので、こちらを利用して解説していきます。

メイカー注文のやり方

まずはメイカー注文のやり方を解説します。

メイカーは板に注文を並べることであり、指値注文を利用します。

bybitのトレード画面で指値注文を出すためには、先ほどの注文を出せる箇所で「指値」を選択します。

指値を選択すると「価格」と「数量」入力することができるので、今回チャートに表示をされているBTCUSDTの取引したい価格と数量を入力しましょう。

入力後、BTCUSDTの買い注文と売り注文のどちらかでメイカーになるのかによって、「買いで参入」「売りで参入」を選択して注文を出してください。

以上の作業でメイカーとなる注文を出すことができます。

テイカー注文のやり方

次にテイカー注文のやり方を解説します。

テイカーは板に並んだ注文を崩していくため、成行注文を利用します。

先ほど同様の箇所で「成行」を選択します。

成行を選択すると「数量」を入力できるのでBTCUSDTを取引したい数量を入力してください。

成行の場合、価格はチャートで表示されている現在の価格で注文が出されます。

数量を入力後、買い注文と売り注文のどちらかでテイカーになるのかによって、「買いで参入」「売りで参入」を選択して注文をだしてください。

以上がbybitでテイカーとなる方法の解説となります。

取引板を読んで安く売買できるようになろう

仮想通貨の取引を行う際には、メイカーとテイカーを意識することだけではなく、取引板を読みながら売買を行うこともポイントとなります。

特にメイカーの場合は、どの価格帯に注文が溜まっており多くのトレーダーが意識をしているのかを知ることができれば安く売買できるようになります。

そこで取引板を見てどの価格帯に注文が溜まっているのかを確認しましょう。

下記画面がbybitのBTCUSDTの取引板となります。

中央黄色枠で囲まれている「11788.50」がBTCUSDTの現在の価格であり、中央より上がBTCUSDTを売りたい人の注文、下がBTCUSDTを買いたい人の注文です。

それぞれの価格で注文が並んでいますが、右側青色枠の部分に薄い横にバーが伸びていることが確認できます。

中央の現在価格から離れるごとにバーが伸びていることが分かり、これはバーの長さによってどの価格にどれだけの注文が溜まっているのか確認できます。

バーが短ければ注文があまり溜まっていませんが、バーが長い部分の価格は注文が多く溜まっています。

つまり、注文が溜まっている価格は多くのトレーダーが意識をしている価格であり、その価格を目指してトレードが行なわれることが多いです。

そのため、安くBTCUSDTを買いたい場合には注文が溜まっている価格帯をポイントに、メイカーとして指値注文を出すと良いでしょう。

ちなみに取引板だと数字で見にくいという場合には、取引板をチャート化したデプスチャートがあるので、こちらを活用してみるのも一つ手でしょう。

急激にチャートの縦軸が上昇している箇所は、注文が溜まっている箇所となるので意識されている価格と判断することができます。

スプレッドも必ず確認しながらトレードをしよう

仮想通貨の価格にはスプレッドと呼ばれる、買値と売値の差額が設定されています。

下記取引板を確認してもらえるとわかりますが、中央の現在価格の上下に売り手の価格「11763.50」と買い手の価格「11763.00」があります。

実際にBTCUSDTを取引する場合には、買いたい時には11763.50の最安値、売りたい時には11753.00の最高値での取引となります。

この差額がスプレッドであり、bybitではかなりスプレッドが狭く設定されているので、現在価格と売り手の最安値が同額となっています。

つまり、現在買い注文を出す際にはスプレッドはゼロとなりますが、売り注文を出す際には0.5USDTほどのスプレッドが発生します。

ちなみに現在は売り注文でスプレッドが発生していましたが、価格が変動すれば逆に買い注文の方でスプレッドが発生することがあります。

そのためbybitで安く売買したい際にはスプレッドが開いていないタイミングを狙うのも一つの手です。

注意、必ずしも指値注文はメイカーとはならない

メイカーでの注文はお得にトレードができると紹介してきましたが、必ずしも指値注文でメイカーになれるわけではないので気を付けなければなりません。

例えば、買い注文でメイカーになろうとした場合、新たに板へ注文を並べるので現在価格よりも下に指値注文を入れなければなりません。

ここで若干価格が下落すれば注文が通りますが、上昇トレンドが形成されている場合には価格が下がらずに注文が通りません。

そこで、上昇トレンド中に指値注文を通すために現在価格よりも少し高い価格で指値を出すと、現在ある売り注文を切り崩す形となるのでテイカーとなってしまいます。

そのため指値注文を出したとしても、すでに並んでいる注文を崩す場合にはテイカーとなってしまうので注意が必要です。

ちなみに、成行注文の場合には必ずテイカーとなります。

まとめ

以上が仮想通貨のメイカーとテイカーについてとなります。

一見難しそうにみえるメイカーとテイカーでも、取引板に注文を並べるのがメイカー、取引板の注文を崩すのがテイカー、と覚えれば難しいものではなくなると思います。

特にメイカーでの指値注文は成立させることがテイカーと比べると難しいかもしれませんが、手数料面で得をするので可能な限り狙って行きましょう。

もちろん、仮想通貨の相場でチャンスが現れた際には、上手く利益を獲得するために成行注文でテイカーとなっても問題ありません。

結果的に利益を得ているのが仮想通貨で儲けるためには必要なことです。

そのため、今回のメイカーとテイカーについての記事を参考にしながら、メイカーを狙いつつ有利にトレードをしていきましょう。

ちなみにビットコインの売買は基本的に流通額の大きく競合の多い海外取引所の方が必然的に安く済みます
そのため海外仮想通貨取引所おすすめランキングPROでは海外取引所に絞ってお得な取引所を紹介しています。

少しでも興味がある人は良かったら【損しない】仮想通貨のおすすめ海外取引所【最新】を読んでみてください。