NFTアートが普及した未来はどう変わるのか

NFTアートが普及した未来はどう変わるのか
この記事をかいた人

0.9円のリップルを買って最高6000万円まで資産を築く→投資金を全て失い辛酸をなめる。投資歴4年目。釣りにハマっています。現在は"生き残るためのトレード"をエリオット波動の分析で確立して利益を出せるように。
    初心者A
    NFTアートの最新情報について知りたい
    初心者B
    今後、NFTアートが長期的にどのような展開になるのかが気になる

    2021年になって急拡大した「NFT」は「NFTアート」という言葉ができるほどの盛り上がりです。
    勢いのある市場ゆえに大量の情報が飛び交っているため、情報の整理が追いつかないこともあるでしょう。

    この記事では、そんなあなたに向けて「NFTアート」の特徴から現状、今後の将来性についてまで網羅的に解説。
    きっと、NFTアートを取り巻く市場の変化について理解を深め、今後の投資戦略やNFTへの参入を検討できるでしょう。

    仮想通貨の市場参加者として4年目となる筆者ですが、「NFT」は大きな市場を形成する予感があります。
    ブロックチェーン、そしてNFTによる市場拡大の波に乗りたい方は、必見の内容ですよ!

    ブロックチェーンが生み出した新たな「NFTアート」の概要を解説

    アート分野で注目されているNFTは、「NFTアート」と呼ばれる概念となっています。

    しかし、この言葉は2021年に入って一部の有識者やメディアによって呼ばれるようになった経緯があります。

    そこで、まずはNFTの基礎を振り返り、その上でNFTアートが一体何であるのかについて確認してみましょう。

    (基礎を確認) そもそもNFTとは何なのか?

    NFTとは「Non-Fungible Token」という略称であり、日本語では「非代替性トークン」とも呼ばれるもの。
    改竄が極めて難しいブロックチェーン技術を活用することで、デジタルデータの唯一無二を証明できるトークンを意味します。

    従来から、価値があるとされてきたモノや資産。
    NFTであれば、それらの価値あるモノがデジタル上で所有証明したり、偽造が不可能になるのです。

    またNFTを活用すれば、著名人のデジタル資産も「一点物」として証明できます。
    既に、有名人から個人クリエイターなどがデジタルデータをNFTとして出品。

    売買を通じて出品したNFTの価値が上昇する事例も多数あり、今後の注目分野となっています。
    NFTに関する詳しい解説は、「仮想通貨NFTとは固有に識別して利用されるトークンです」を参考にしてみてくださいね!

    デジタルアートの世界に普及する「NFTアート」の概念

    「NFTアート」とは、上記で解説したNFTが「アート」に特化した際の呼び名。

    アートといえば、リアルな展示物として見る「絵画」や「彫刻」などを想起しますよね。
    こうしたリアル性のあるアート作品は、現実世界では偽造や複製が行われることがしばしあります。

    ところが、アートがNFT化すると「一点物」としての価値を担保するデジタルアートに。
    コレクターや投資家、そして作り手のアーティストにとって、透明性の高いアートの展示、出品・購入が行えるようになったのです。

    尚、デジタルアートの種類は豊富にあることから絵画や彫刻だけではありません。

    • VR
    • 映像
    • 音楽
    • コンピュータグラフィックス

    など、アート性のある分野が続々と着目されていますよ。

    NFTアートが拡張する市場は多岐にわたる!どんな分野と相性が良いのか?

    さて、この章ではNFTアートにおける拡張が期待できる分野について深掘りしてご紹介します。

    具体的には、

    • NFTアートによって自由度の高いアート作品が評価される時代へ
    • VRで鑑賞できるNFTアートと展示の世界
    • NFTアートの横展開?NFTを活用した他分野への影響

    と、長期的にNFTアートの分野でもさらに細分化して伸び代が見込めるジャンルについてご紹介。

    それぞれチェックしていきましょう。

    NFTアートによって自由度の高いアート作品が評価される時代へ

    NFTアートの拡張は、より自由度の高いアート作品が評価される時代へ突入することを意味します。

    というのも、NFTの発行から売買はインターネット上の取引プラットフォームで行われます。
    ゆえに、誰でも自分の創作した作品を世の中に出品することができるのです。

    一例として、小学3年生(8歳)の男の子が出品した「Zombie Zoo」と呼ばれるアート作品は「52万円相当」で取引されました。

    夏休みの自由研究がてら、アーティストでもあるお母さんの力を借りて描いた絵(動物の顔)を出品。
    幼い子が描いた作品として注目を浴び、「2,000円」で出品した作品は瞬く間に高値で取引されるようになりました。

    他にも、海外では「Weird Whales(おかしなクジラ達)」という呼び名でNFTを出品した12歳の少年(ベンジャミン・アフメド君)も。

    なんと、彼の出品したアート作品は最終的に「110ETH」で取引されており、当時の日本円で「4,000万円相当」となります。

    アートといえば多くの場合、少数の著名人による作品のみが注目され、高値で取引されてきました。
    ましてや、未成年が作り出したアートを見る機会など、まず無かったでしょう。

    ところが、NFTアートの勃興は「アートとはこういうもの」という固定観念を捨てることに成功しています。
    より自由度の高いアート作品が、注目されるという点でアートに関する業界では大変革が起きているのです。

    VRで鑑賞できるNFTアートと展示の世界

    次に、NFTアートの分野で注目されているものといえば、NFTアートの展示会とVRの活用です。
    出展されるアート作品はいずれも「NFTアート作品」であり、展示会に足を運んだ人が購入できる仕組みになっています。

    海外メディア「TimeOut」によると「 CUBE ART FAIR」がNFTアートの展示会を実施。

    アメリカ・ニューヨークのタイムズスクエアにて開催されており、巨大なパネルで展示会が行われました。
    訪れた人は展示物のQRコードをスキャンして売買サイトへ移動も可能。

    NFTアート購入まで行えると展示となっており、注目されました。

    開催者の「グレゴワール・フォーゲルサン氏」は、NFTの展示会について下記のように言及。

    「We create an immersive viewing experience and an opportunity for the public to discover NFT artworks beyond their screens while also providing artists a platform to gain access to a wider market,

    和訳:没入感のある視聴体験を提供し、スクリーンを超えて一般の方々にNFTの作品を知っていただく機会を作るとともに、アーティストにはより広いマーケットにアクセスするためのプラットフォームを提供します。」

    というように、一点物としての確かな価値を担保しているNFT展示会は、訪問者にとっても購入におけるリスクを低減できますね

    今後は、より透明性の高さを証明した上でのNFT展示会の流れが世界の主流になるかもしれません。

    VRとNFTアートの展示会も注目されている

    ところで、NFTアートは「VR」を活用した展示でも着目されています。

    というのも、VR(Virtual Reality)は、「仮想現実」「人口現実感」とも呼ばれるテクノロジーであり、視覚的な革命を起こす技術。

    参照:CryptoArtTown

    CryptoArtTown」のようにVRのNFTアートを楽しむこともできます。
    オンライン展示会ともいえる空間であり、VR仕様のインターフェースでもあります。

    「VR×アート×NFT」を掛け合わせた作品を楽しめるのです。

    その上、NFTアートは「VRアーティスト」の方々も積極的に参入しています。

    世界的なVRアーティストとして活動している「せきぐちあいみさん」もその一人。

    参照:OpenSea

    初めて出品された作品は「約1,300万円」で落札されており、高値で取引されることに。

    せきぐちあいみさんの描く作品は、「日本の和」をベースとした作品が多いことからも世界中のファンから注目を浴びています。

    VR作品を絡めたNFTアートの市場も、今後の成長余地が十分にある分野ですね。

    NFTアートの横展開?NFTを活用した他分野への影響

    元より、デジタルアートの性質からもNFTアートとの親和性は高いものでした。

    ですが、最近ではNFTを活用した他分野への影響も高まっています。
    高まっている分野の例としては、不動産や飲食店、スポーツ分野など。

    各分野でのNFTの参入について、下記項目にて確認してみましょう。

    NFTを活用した少額からの不動産投資

    一般的に、不動産への投資はまとまった資金がなければ参入できないデメリットがあります。

    ところが、不動産投資を少額から行えるNFTを発行することで、投資参入を促すビジネスモデルがあります。

    こうした取り組みを行っているのが、「Line Clover-D Trading inc.」と「株式会社No Sleep」の二社。
    共同プロジェクトとして始めており、「Wake Up」と呼ばれるNFTを発行することで「10万円〜」の投資ができます。

    NFTを活用することで、資産であることを証明しながら投資が可能になるのです。
    投資参入の難しかった層にとっては嬉しいサービスであり、今後の動向に注目したいところです。

    料理写真までもがNFTに?飲食業界のNFT事情

    NFTの波は飲食業界にも浸透してきており、多様なシーンがNFT化されています。

    主に、

    • レシピ
    • 料理写真
    • ワイン等のアルコール写真

    等がNFTとして販売されている状況で、飲食業界の新たなビジネスモデルにすらなり得るかもしれません。

    既に、東京(銀座)で営む「銀座渡利」は、「SUSHI TOP SHOT」を販売。

    *下記画像を参照

    参照:OpenSea

    華麗な包丁捌きによる写真がNFTとして販売されており、「トロ」や「アジ」「サクラマス」などの寿司が並んでいます。
    なかでも、「トロ」の価格は(2021年10月3日時点)で日本円にして「約3,660万円」もの価値に。

    飲食業界としては、新しい試みになりますがどのような展開になるかは、今後の注目ポイントでしょう。

    スポーツ分野とNFTの盛り上がり

    価値あるプレーや人気のスポーツ選手は、後世まで語り継がれるほどのインパクトがあります。

    こうしたスポーツの魅力は、NFTを活用することで資産としての価値を持ちます。

    あるいは、スポーツゲームにおけるレア選手やアイテムも希少性の高さから、NFTとの相性が良いです。

    既に、

    • (サッカー)Jリーグオフィシャルライセンスゲーム
    • (バスケットボール)NBA Top Shot
    • (野球)LIONS COLLECTION(ライオンズコレクション)

    のように、プロスポーツにおける人気選手のサインや名シーン、ゲームアイテム交換がNFTプラットフォームにて取引されています。

    熱狂的なファンも多いスポーツ分野では、NFTによる売買が根付きやすいことも想定されるでしょう。

    伸びる市場「NFTアート」に潜む今後の懸念点

    破竹の勢いで次々と注目を浴びるNFTアート。
    このまま巨大な成熟した産業になるためには、落とし穴も多数あります。

    NFTの課題から、NFTの基盤となる「イーサリアム」の懸念される事柄について把握していきましょう。

    「NFTアート」の法整備は依然として追いついていない

    課題の一つは、NFTやNFTアートに関する法整備は未だ追いついてないこと。

    ご存知の通り、NFTアートの売買はブロックチェーン(スマートコントラクト)によって行われていますね。
    これだけ市場が急成長しているのは、NFTを支える技術的な強みがあるからです。

    けれども、ブロックチェーンを介したNFTの売買が行えても、法的な整備が整っているとは言えません。

    特に、

    • 著作権
    • 著作
    • 者人格権
    • 所有権

    などの法的解釈が明示されていません。

    現存の法解釈では、売買によって取得・売却したNFTの所有権等の明確な基準が行えないのです。

    所有権だけをとっても、国内の法律では「有体物」にのみ適用されると説明されています。
    とすると、VRのアート作品やコンピュータグラフィックスによって作成したデジタルアートの所有権は曖昧になTwitterにて。

    また、ゲーム内アイテムをNFTで売買していたものの、ゲーム配信の廃止等によっては使用できない場合も。

    この際、多額の資金で購入したユーザーは不利益を被ってしまうことでしょう。

    NFTやNFTアートを取り巻く法律の問題は議論の余地があり、今後の規制等については要チェックな項目でしょう。

    (NFTが影響)イーサリアムの取引量増加で手数料が高騰することも

    NFTの売買が行われる基盤のブロックチェーンは、イーサリアムの「スマートコントラクト」と呼ばれるもの。

    したがって、NFTでの売買が活発化すると取引処理の負担が大きくなるため、手数料(ガス代)も高騰します。
    イーサリアムは、仮想通貨のなかでも常にトップクラスにランクインする仮想通貨です。

    もしガス代の高騰が続くと、手数料の高さから大量の資金を保有するユーザーのみが取引できる事態になるでしょう。

    そうなってしまうと、少額のホルダーから投げ売りされてしまう事態も。

    2021年10月時点では「44兆円」を超える時価総額ですが、ガス代の懸念からイーサリアムが投げ売りされると市場への影響も多大です。

    そうした事態は避けたいところで、既に他のブロックチェーンを活用した動きも見られます。

    • Polygon
    • Flow
    • Tezos
    • solana

    などのNFTに対応したブロックチェーンのサポートも増加中。

    NFT市場を支える注目トークンが、今後の市場拡大における鍵となるでしょう。

    【関連記事】

    仮想通貨ソラナ(SOL)の今後と将来性を予測してみた

    【2021】Tezos(XTZ・テゾス)の将来性は?今後いくらになるのかを予測

    今後のNFT市場は拡大を続けられる?明るい成長性について

    前章では、NFTの懸念について触れました。
    今後の雲行きに関して不安となる箇所もありますが、今後のNFT市場は明るい成長性があると考えられます。

    主な理由としては、

    • 「Instagram」でNFT機能が実装される可能性アリ
    • (2021年)NFT市場の取引高は急速に拡大中
    • 課題は多い!それでも公平性の観点からアーティストにとっては大チャンスの市場

    であり、3つの要点をしっかり押さえてNFTアートの市場をウォッチしていきたいところです。

    「Instagram」でNFT機能が実装される可能性アリ

    大手SNSアプリの「Instagram」の開発者「アレサンドロ・パルッツィ氏」は、NFT機能の追加を示唆する画面をツイート。
    画面媒体がベースのInstagramでは、写真をNFT化することで売買可能になるとのことです。

    さらに、決済に関しても仮想通貨ではなく「ドル」などに対応するとの情報がリーク。
    毎月10億人ものアクティブユーザーを抱えており、一般層のNFT利用が進むかもしれません。

    デジタル上の写真に付く「いいね」が「一点物」として売買できることも、投資的な価値が付くキッカケになるでしょう。

    因みに、中国発のSNS「Tiktok」でも人気クリエイターの独自コンテンツをNFTとして販売できるように。
    SNS関連のNFT事情についても要チェックしておきたいところですね。

    (2021年)NFT市場の取引高は急速に拡大中

    2021年に入り、NFT市場における取引高は急速に高まっています。

    参照:DappRader

    Dappsに関する幅広い情報を提供する「DappRadar」によると、2021年第三四半期におけるNFT市場は前年比「38,060%」の増加であると指摘。

    メディアによる紹介や著名人の参入、一般ユーザーの積極的な売買によって「106.7億ドル」の取引高を記録しました。

    目を引く箇所は、「8〜9月」における猛烈な取引高の増加です。
    対象の2ヶ月だけで、およそ「85億ドル」分の取引高をマークしています。

    前年比に対する圧倒的な取引増加からも、ビットコインなどの主流通貨からの流入や他の金融市場からマネー流入が進んだと推測できるでしょう。
    成長性ある市場として着目される昨今、NFT/NFTアートへの投資は増加が予測できますね。

    課題は多い!それでも公平性の観点からアーティストにとっては大チャンスの市場

    課題の多いNFTアート市場ですが、アーティストの公平性に関する観点からはチャンスの大きい市場です。

    主に、NFTの公平性における魅力とは「参入障壁の低さ」と「IPホルダーへの適切な収益配分」にあります。

    先述しましたが、参入障壁の低さとはマーケットプレイスを活用することで誰でもNFTの発行ができること
    とりわけ、アートの世界では実力者や有力なメディア等でコネクションのある人物の作品が評価されがちです。
    そんな業界の状態を変革するのが、手軽に始められる「NFTアート」なのです。

    もう一つは、IPホルダーと呼ばれる「知的財産所有者」に対する適切な収益配分。
    既存の書籍等のコンテンツは、2次流通した際の収益が一切クリエイターに支払われませんでした。

    この問題に対し、「FinTech Journal」の取材に応じたGMOグループの代表「熊谷 正寿氏」が詳しく述べています。

    *GMOグループは、「Adam byGMO」と呼ばれるNFTマーケットプレイスを開設。

    「次流通以降では、著者など書籍を創る立場の人たちは蚊帳の外に置かれ、収益機会を逃しているのです。引用:【独占】GMO熊谷正寿 社長を直撃、NFTがなぜ「ブロックチェーンに続く衝撃」なのか?

    というように、2次流通以降もクリエイターに対して購買されたことの証明と収益機会を提供できることがNFTでは可能です。

    NFTを活用すれば、希少価値の高いものが公正な評価によって売買・記録されます。
    買い手・売り手の双方が、確かな価値を感じ取れるようになるでしょう。

    NFTアートの市場は今後も拡大する?ユーザーの声もチェック

    最後に、NFTアートの市場が今後も拡大するのかについて、

    • Googlトレンドによる指標
    • NFT(アート)に対するクチコミ

    の二つから分析してみました。

    上記2点について、それぞれチェックしてみましょう。

    国内・海外における「NFT アート」の関心度合いについて

    まず、国内・海外における「NFTアート」の関心について、Googleトレンドで調べてみました。

    すると、どちらも2021年に入って急速な関心が寄せられているのが分かります。

    上記画像は、「NFT アート」で検索した際のGoogleトレンドの人気指標。
    分析によると、2021年3月頃から徐々に人気が高まり、2021年9月頃から一気に関心が高まりました。

    2021年10月初旬では、やや関心の勢いが収まっていますが、依然として根強いトレンドが発生していると言えるでしょう。

    *Googleトレンドでは「50」を平均的な関心度合いとし、「0-100」の間でトレンドの強弱を把握できます。

    他方、英語圏の海外ユーザーの関心をチェックするため「すべての国」を対象に、「nft art」にて検索してみました。

    すると、国内で「100」の位置にいた同時期において、「nft art」では「38」の数値であることから関心は低くなっていると分析できます。

    しかし、2021年3月〜5月にかけて、2度の強い関心が寄せられていることに注目したいです。

    このことから、国内よりも海外の方が早くトレンドが先行していると分かるでしょう。

    NFTアートはバブルなのか?参加者の声もチェック

    「NFTはバブルである」

    と、昨今における市場の盛り上がりから囁かれています。
    ここでは、市場参加者の声から実際にどのような声があるのかをご紹介しますね。

    NFTアート作品が壮大なバブルであると指摘

    注目されるコンテンツであれば売れてしまう状況でもあるため、こうした意見が出ることも不思議ではないでしょう。

    NFTアートがバブルであり、危険な匂いであるという指摘をする人は多い印象です。
    しかし、アートという観点から長期的な視点で見れば投資にもなると指摘しています。

    何を持って実体のあるプロダクトと言えるかは難しいところですが、真っ当なアーティストが評価されれば市場も健全になるでしょう。

    NFTがバブルであるということを前提に考えると、NFTの転売によって利益を狙うことは危険と指摘されています。
    ただし、個人で創作するNFTの販売はリスクも低いためにやってみたいと考える方もいるようですね。

    以上のように、NFTがバブルであるという認識はあるも、肯定的・否定的な意見は分かれるようですね。

    まとめ

    今回は、NFTアートに関する概要から現状、今後の展開されることについて詳しくご紹介しました。
    NFTアートは、自由度の高いアートの創出からVRと展示の世界を中心に活発化しています。

    さらに、NFTアートを皮切りに他分野への横展開も行われています。
    もちろん、こうしたNFTアートの急速な成長は法整備や手数料の高騰などの課題も残されています。

    それでも、市場規模の拡大や概念としての今後の将来性の高さはピカイチでしょう。
    NFTアートに関する今後の方向性を把握し、参入する上での参考にしてみてくださいね!