【2021】OMG(オミセゴー)の将来性は?今後いくらになるのかを予測

【2021】OMG(オミセゴー)の将来性は?今後いくらになるのかを予測
この記事をかいた人

0.9円のリップルを買って最高6000万円まで資産を築く→投資金を全て失い辛酸をなめる。投資歴4年目。釣りにハマっています。現在は"生き残るためのトレード"をエリオット波動の分析で確立して利益を出せるように。
    初心者A
    OMG(Omisego)について耳にしたけど、今後の将来性や見通しについて知りたい
    初心者B
    OMGの将来価格ってどれくらいだろうか?

    こんな疑問はありませんか?

    OMGは、2017年7月に公開された新参の仮想通貨ですが、既に市場で一定の認知度があります。

    というも、東南アジアを中心に法定通貨や仮想通貨のボーダレスな送金を可能とするサービスを提供しているためです。

    また、OMGはアジアという人口が多く、銀行口座を持っていない地域も数多くあることからサービスとしての相性が良いです。

    そんなOMGについて、今後の予想される将来価格から将来性のある理由について詳しく解説します。

    当記事を読めば、OMGに投資すべきかどうかはもちろん、頭に入れておくべき重要な情報も網羅的にチェックできますよ

    この記事の要約

    ✅ 将来価格は「8.1〜45.64ドル」となると推測

    ✅ 香港投資企業に買われOmisegoからOMGネットワークへ名称変更

    ✅ テザー(USDT)社と正式に提携

    OMGに将来性はあるのか?気になる価格についてもチェック

    結論から申し上げると、OMGの気になる将来価格は「8.1〜45.64ドル」となると推測できました

    上記のように考えられる理由として、以下の項目が理由となります。

    • LiteForex社によるOMG価格の総合的分析を行った結果
    • 人工知能分析を得意とする「Wallet Investor」によるOMG予想価格
    • チャートから紐解くOMGの将来価格!ズバリ、「45.64ドル」付近まで上昇余地あり

    というように、それぞれの分析方法や視点からOMGの予想される将来価格について解説します。

     LiteForex社によるOMG価格の総合的分析を行った結果

    オンライン取引所として15年の経歴がある「LiteForex社」では、投資家向けに独自のレポートを発表しています。

    それによると、直近一年先におけるOMGの将来価格は「8.44-11.22ドル」付近まで上昇すると述べられています。

    仮に、該当価格まで上昇した場合は長期の上昇トレンド入りする可能性が高い点があります。

    そしてLIteForex社では、独自のアルゴリズム分析だけでなく、著名人や関連情報を元にしたファンダメンタルズ分析についても紹介しています。

    注目点として、2017年のタイでマクドナルド全店にてOMGを利用した決済機能が追加されたことを高く評価しています。

    また、レポートでは

    「Ayudhya and SMBC are two major Japanese banks that have invested in OMG Network. If these partnerships grow, this can be very favorable for the OMG course expectations.

    和訳:AyudhyaとSMBCは、OMGネットワ​​ークに投資している2つの主要な日本の銀行です。これらのパートナーシップが拡大すれば、これはOMGプロジェクト進展の期待にとって非常に良い情報でしょう。」

    と述べており、タイ大手のアユタヤ銀行や日本のSMBCが直接出資していることも、将来性が期待される理由として紹介しています。

    大手銀行による出資も受けていることから事業としての方向性、透明性のある経営が行われていると分析できますね。

    このように、大企業との提携や出資を受けるなどの企業間での連携がしっかり取れていることからも、成長性があると判断できますね。

    人工知能分析を得意とする「Wallet Investor」によるOMG予想価格

    Wallet Investorは、仮想通貨をメインに分析する投資分析サイトです。

    膨大な過去データを機械学習した上で、AIによる独自分析を行っている特徴があります。

    参考:Wallet Investor

    Wallet Investorの独自分析に基づいた結果によると、OMGは長期的に最良な投資先であり、予測される将来価格は「8.1ドル」付近まで上昇する可能性があります。

    「According to our Forecast System, OMG is an awesome long-term (1-year) investment*.

    和訳: 私たちの予測システムによると、 OMGは最良の長期(1年) 投資となるでしょう」

    と説明されるように、OMGが市場に上場した際の価格ほどではありませんが、しっかり下値を堅めた展開になると見込めますね。

    Wallet Investorでは長期的に低迷すると予測する仮想通貨もあるので、OMGがしっかりと上昇していくと予想されるのはホルダーとしては好ニュースです。

    チャートから紐解くOMGの将来価格!ズバリ、「45.64ドル」付近まで上昇余地あり

    日足ベースでのOMGをテクニカル分析を行った結果、「45.64」ドル付近まで上昇すると予測できました。

    分析内容としては、長期トレンドが継続しているので引き続き上昇を続けることが考えられるためです。

    下記では、この分析で用いたエリオット波動・フィボナッチ・リトレースメント分析について詳細な解説をしています。

    *テクニカル分析の詳しい解説はこちら

    テクニカル分析について詳細を解説
    上記チャートは、日足でのOMG価格を反映したものでエリオット波動・フィボナッチリトレースメントを活用した分析となります。

    この分析によると、2017年7月の大きな上昇波動は日足1波としてカウントできます。
    その後、長期の下降トレンドによって日足2波を形成していることが分かりますね(1波始点と、2波終点が重なって見えますが、実体ベースでは1波の方が安値に位置しています)。

    現在(2021年1月)、日足3波における力強い上昇を目指している段階で、長期的に「45.64ドル」近辺まで上昇余地があります。

    さらに、仮想通貨市場は他市場よりも出来高が低いために一気に価格が急騰する場合もあります。
    そのため、最大でフィボナッチリトレースメント「4.236」に位置する「119」ドル付近までの上場も把握しておきましょう。

    細かな分析をご紹介しましたが、長期的な動向は外的な要因や市場への材料によって大きく変動します。
    あくまで参考程度として、OMGのチャートを頭に入れておいてくださいね。

    (2021年版)OMGに投資する際に抑えておきたいポイントとは?

    ここまで、OMGに関する将来価格について各投資会社のレポートやAI分析、チャートを用いたテクニカル分析によって紹介してきました。

    この章では、OMGの将来性があると裏付けとなる理由や注目しておきたい点についてご紹介します

    OMGの重要な情報に着目しておくことで、投資チャンスをより明確に判断できるようになるはずですよ!

    (2020年7月)GMOコインへの上場と価格高騰

    国内の仮想通貨取引所ではるGMOコインは、2020年7月22日にOMGの取り扱いを開始しました。

    対象とするサービスとしては、販売所・仮想通貨FXの2種類となることから幅広く投資家のニーズを汲み取っています

    上記画像のように急騰しており、日本人投資家による買い需要が殺到したと推測できます。

    既にメジャーな海外取引所では取引されていますが、仮想通貨への根強いファンが多い日本人投資家の参入は、今後の上昇要因となるかもしれません。

    その上、今後も国内取引所の参入は増える見通しがあるため、価格の上昇に寄与すると考えておきたいです。

    NAO
    コインチェックやビットバンクなどの国内取引所が、OMGを上場させることも考えられます。となれば、より多くの投資需要が起きうるのでチェックしておきたいですね。

    香港投資企業におけるOMGネットワークの買収

    2020年12月、香港のOTC取引を専門に行う「Genesis Block Ventures(GBV)」社はOMGネットワークと呼ばれるブロックチェーンサービスを買収しました。

    元はと言えば、2017年に始まったOMGは「Omisego」として稼働していましたが、2020年6月に「OMGネットワーク」として呼称を変更しています。

    GBVは、取引における膨大な処理を速やかに行うOMGネットワークの技術を駆使し、分散型金融(Defi)やレンディング関連のサービスにも新規で着手すると公表しています。

    今まで東南アジアを中心に、決済分野での実力をつけてきたOMG。
    ここにきて新たなに金融分野における新規サービスの技術レイヤーとして役割を果たすかもしれません。

    投資企業による買収で行われるプロジェクトなので、進捗については随時チェックしておきたいです。

    テザー社によるOMGネットワークの提携&本格稼働について

    2020年8月、ステーブルコインであるテザー(USDT)社と正式に提携を組むことを発表しました。

    テザーといえば、ステーブルコインの中で圧倒的な人気を誇る仮想通貨です。
    2020年12月には時価総額が2兆円を超えるなど、仮想通貨市場での存在感は圧倒的です。

    しかし、膨大な取引量からトランザクションの遅延や手数料の高騰などが課題としてありました。

    今回、OMGネットワークの強みである「承認時間の速さ」、「手数料の低さ」が着目されたことで、ネットワーク採用の決め手となりました。

    価格の安定しているテザーは今後も利用が見込まれています。
    ですから、圧倒的なトランザクション技術を誇るOMGネットワークによる支援について、注目しておきたいです。

    OMGに対する期待感とは?各投資家の声を紹介

    OMGに対する口コミについて、どのような意見があるのかについて調査してみました。

    各国からの声が届いており、OMGに興味ある投資家についても判明しましたよ。

    まず、少し驚いたのがペルシア語でのテクニカル分析に関する投稿です。
    この方のツイートでは、OMGが日足ベースで上昇する可能性があると示唆しています。

    中東地域でのOMG投資家がいるのは意外な事実ですよね。

    こちらは英語圏の方によるツイートですが、OMGの価格が安定し過ぎて、低い価格帯にいることを指摘しています。
    また、そんな状況から50%近い上昇を期待している旨のツイートをしています。

    他の方もそうですが、価格に注目した投資家・トレーダーが多い印象です。

    USTDとOMGによる連携によって取引所「Bitfinex」にて新規対応されたことに対するツイートです。

    仮想通貨にか詳しい方は、ご自身でOMGの情報を取られている方もいますね。
    実際、USDやBTCだけでなくUSDTでの取引ペア対応の取引所も増えています。

    2020年7月にGMOコインに上場したOMG。
    市場関係者の誰もが注目した急騰は、認知を広める機会にもなったと分析できます。

    また、この時の急騰があるためにインパクトのある仮想通貨として認知されていると考えられますね。

    取引コストを抑えられる!OMGの取引におすすめな取引所について

    国内取引所では、GMOコインにて取引が行えますが正直なところ手数料の面で向いていません。

    というのも、GMOコインを含む国内取引所では販売所形式でアルトコイン(OMG)を販売しているケースが多いです。

    販売所形式の取引所は運営企業の定めるスプレッド手数料があるので、高額になってしまいがちなのです。

    参考:GMOコイン

    実際、GMOコインでのOMGを取引する際のスプレッドは以下のように「36.578円」もの開きがあります。

    単純に、この金額分の値動きがないと損失になってしまうので馬鹿にならないコストとなります。

    反面、世界最大級の仮想通貨取引所である「BINANCE」ではコストの低い手数料(取引手数料0.1%/独自トークンBNBを使用した場合0.05%)にて取引できます。

    加えて、BINANCEでのスプレッド手数料を調査するとUSDT建てで「0.0033USDT」の差額となることが分かります。
    仮に、1USDT=100円で換算するとスプレッド手数料はわずか「0.33円」となり、取引手数料「0.1%」を加味しても圧倒的にお得な取引ができます。

    わかりやすく表でまとめました。GMOコインとBINANCEでは取引手数料にこんな違いがあります。

    取引所スプレッド手数料取引手数料
    GMOコイン36.578円(買値:384.075/ 売値:347.497円の時)
    9%近いスプレッド手数料
    無料
    BINANCE0.33円(1USDT=100円で換算)
    *差額(3.4766-3.4733=0.0033USDT)
    0. 09%近いスプレッド手数料
    0.1%(通常)/0.05%(BNBトークン使用時)
    スプレッド手数料と足しても0.19%の手数料

    確かにGMOコインでは取引手数料が無料ですが、総合的にはBINANCEの取引手数料の方がお得だと分かりますね。

    BINANCEは各通貨の時価総額が高いことから、取引手数料を抑えても十分に取引所側の利益となります。

    参考:CoinGecko

    実際、OMGの時価総額ごとにおけるランキングではBINANCEが上位にランクインしていることが分かります。

    人気のある仮想通貨取引所なので、取引コストを抑えられるだけでなく、スムーズに取引を約定できる安心感もありますよ。

    プロおに

    国内取引所は日本語表記であったり、日本人ユーザーが多いために安心感はある。

    だが、手数料がどうしても高額になってしまうためコストが大きく嵩んでしまうデメリットが強いぞ。

    少しでも負けにくい投資、利益を伸ばせる投資をするためにも手数料の安い取引所を活用してみてくれ。

    BINANCEの公式サイトはこちら

    まとめ

    今回は、OMGの予想される将来価格から注目しておきたい要点、気をつけたい点についてまで詳しく解説しました。

    OMGネットワークは、イーサリアム系列のERC-20トークンを迅速かつ、低コストで取引・送金できます。
    仮想通貨の需要が高まるなか、注目企業や仮想通貨との連携が進んでおり、実需的な側面で投資需要が高まりやすくなっています。

    取引所や金融サービスにおける技術的なサポートなども行われると推測できるので、中・長期の視点で未来の展望を見据えてみてください。

    ちなみに仮想通貨の売買は基本的に流通額の大きく競合の多い海外取引所の方が必然的に安く済みます
    そのため海外仮想通貨取引所おすすめランキングPROでは海外取引所に絞ってお得な取引所を紹介しています。

    少しでも興味がある人は良かったら【損しない】仮想通貨のおすすめ海外取引所【最新】を読んでみてください。