【2021】Ontology(オントロジー・ONT)の将来性は?今後いくらになるのかを予測

【2021】Ontology(オントロジー・ONT)の将来性は?今後いくらになるのかを予測
この記事をかいた人

0.9円のリップルを買って最高6000万円まで資産を築く→投資金を全て失い辛酸をなめる。投資歴4年目。釣りにハマっています。現在は"生き残るためのトレード"をエリオット波動の分析で確立して利益を出せるように。
    初心者A
    Ontologyの予想される将来価格って?
    初心者B
    Ontologyに投資をする上で、どんな点を意識しておくべき?

    「Ontology」は、デジタル市場の拡大に伴う世界で、個人と企業のデータを正しく扱うことを目的としています。

    特に、ブロックチェーン技術によってそれらの課題解決を目的としています。
    元々、仮想通貨市場全体でも注目度の高い「NEO」の開発元会社によって開発されています。

    ゆえに、市場での期待値も高いところ。
    当記事では、仮想通貨投資3年となる筆者が詳しく「Ontology」の今後について解説。

    今後の予想される将来価格から、注目しておくべき要点まで詳細にご紹介します!
    最後まで読めば、「Ontology」の将来性を探れるだけでなく、投資する上での目安価格等も押さえられるますよ!

    (2021年8月〜)Ontologyの将来価格って?3つの考えられるシナリオから予測!

    早速ですが、当記事の独自分析ではOntologyの将来価格は「0.3~6.75」まで期待できることが分かりました。

    具体的な理由としては、

    • (高値更新への展望)海外アナリストによるOntologyの将来価格は「0.3-1ドル」
    • 「2,74ドル」までの上昇? 機械学習による分析で見る今後の価格予想
    • 「6,75ドル」までの上昇を期待!テクニカル分析でOntologyの価格予測

    と、3つの項目によってです。

    それぞれの観点から、Ontologyの予想される価格について見てみましょう。

    (高値更新への展望)海外アナリストによるOntologyの将来価格は「0.3-1ドル」

    仮想通貨マーケットの市場予測を専門とする「THE MARKET PERIODICAL」。

    トレーダーであり、専属アナリストの「Adarsh Singh氏」によると、「0.3-2ドル」が価格ターゲットになると述べています。

    コメントとしては、

    「ONT price continues to move in an uptrend with a formation of a bullish engulfing pattern on the daily chart. It can soon cross beyond $1 in the future

    和訳:ONTの価格は上昇傾向を続けており、日足チャートでは強気の巻き込みパターンが形成されています。将来的にはすぐに1ドルを超える可能性があります。」

    であり、移動平均線(50MA/100MA)を活用した際に、サポート・レジスタンスとなる価格帯が意識されていることを指摘。

    それら意識される価格帯が「0,3ドル」「1ドル」であることから、それらの価格レンジで見ておきたいところ。
    しかし、強気の上昇チャネルを突破した場合は一気に「2ドル」付近までの上昇も期待できることを紹介しています。

    過去、Ontologyの最高値は「12,2ドル」。

    最高値に迫る価格上昇は期待できないとしても、安値を固めて次なる上昇トレンドに期待したいですね。

    「2,74ドル」までの上昇? 機械学習による分析で見る今後の価格予想

    Wallet investor」は、あらゆる金融商品に関して多様なデータから機械学習分析を行なっています。

    そんな「Wallet investor」によると、Ontologyの2025年における価格予想は「2,74ドル」と位置付けました。
    長期予測としては、弱気であると捉えることができます。

    しかし見方によっては、Ontologyの長期的な調整局面であるとも考察できるため、細かな分析データを確認したいところ。

    参照:Wallet investor

    例えば、無料版で提供している直近から2年先までの予想価格推移のチャートでは上記のように。

    小幅な価格調整を挟みながら、2022年度中には「2ドル」を超えてくる展開が予測されます。

    されど、レジスタンスとして意識される重要価格帯でもあり、その後は価格が下落基調になってしまう見込み。
    そこで、2025年までの各日付けごとにおける価格予想もチェックしてみました(下記画像)。

    すると、2025年5月12日に「2,74ドル」まで上昇することを確認。

    前後で、2ドル近辺までの上昇を果たすことまで分かりました。
    とはいえ、長期的トレンドとしては大幅な価格上昇が見込める結果ではないことを示していますね。

    「Wallet investor」では、社会的/技術的な変化も考慮に分析を行なっています。

    したがって、今後の社会情勢/テクノロジーの変化に伴って価格予測にも変化があると考えておくと良いでしょう。

    「6,75ドル」までの上昇を期待!テクニカル分析でOntologyの価格予測

    テクニカル分析によるトレードを得意とする筆者も、「Ontology」の分析を行ってみることに。

    予想としては、「6,75ドル」までの上昇を分析できました。

    下記画像にて、一連の分析フローをご紹介しますね。

    まず、上記画像は簡易のレジスタンスラインを引くことで、環境認識を深めたもの。
    黄色線で抑えられている価格ですが、上場来の高値を上回ることはありません。

    しかし、サポートラインとなる下限ラインも非常に底堅く、上抜けを期待したい局面になっています。

    *環境認識とは、相場の状況を知ること。

    そこで、トレンドの波動を分析できる「エリオット波動」を用いることに。
    黄色線のレジスタンスラインを突破した場合のシナリオを立ててみました。

    すると、直近の上昇と下落を起点に次の波動を形成。

    2022年後半から2023年にかけては、3波の上昇波動を形成する可能性が出てきました。

    目標ターゲットは「4,37-6,75ドル」であり、次なる大きな上昇トレンドが発生する架け橋となるかもしれません。

    細かな分析結果が出る理由は「フィボナッチ・リトレースメント」のお陰
     

    市場参加者の心理的節目を推し量る分析手法として、「フィボナッチ・リトレースメント」なるものがあります。
    この分析手法を用いることで、チャートのどの価格帯が意識されるかを高精度で予想できます。

    ある程度の仮説を立てて予想できるため、今回のような長期トレンドを分析する際にはおすすめ。

    下記の関連記事では、「エリオット波動」や「フィボナッチ・リトレースメント」に関して詳しく解説しています。

    ぜひ、参考にしてみてくださいね。

    【関連記事】

    Ontologyの価格に影響を及ぼしそうなニュース

    ここでは、ファンダメンタルズ分析の視点から「Ontology」の今後について考えてみましょう。
    仮想通貨市場を専門に扱う海外情報メディアである「cryptoNewZ」。

    当該メディアに寄稿している、仮想通貨愛好家の「David Cox氏」の意見もチェックしてみましょう。

    まず、David氏によると、2025年までに最大で「5ドル」までの価格上昇が見込めると紹介しています。

    上昇への根拠としては、

    • Ontologyベースのブロックチェーン上で、PAXステーブルコインの発売を開始したこと
    • 企業によるブロックチェーン採用(Ontology)が進む
    • 一連の成長から、投資需要の増加が自然と見込める

    としており、Onchain社が掲げる「Ontologyプロジェクト」が滞りなく進捗することに注視したいところ。

    特に、ステーブルコインの取扱いは今後のサービス拡大に至っては重要なマイルストーンの一つ。
    プロジェクトとしての成功に見込みがあれば、価格にも反映されることでしょう。

    上記の項目を見ておき、実際に進捗具合を確認しながら投資を進めたいところですね!

    企業からの期待が熱い?そもそも「Ontology(オントロジー)」って何だったのか復習

    さて、Ontologyの将来価格について詳しい解説をしましたが、そもそもの基本情報を改めて解説。

    この章では、Ontologyの基本情報をチェックしていきましょう。
    Ontologyは、インターネット・デジタルを中心としたサービス。

    個人の利用者を適切に保護する役割を目的とし、企業もそれに伴ったブロックチェーン技術を利用できます。

    もっとも、利用者側は難しい知識を必要することなく利用できるため、ブラックボックス(難しい内部構造は分からないけど、使い方は分かる)なプロジェクトである特徴もアリ。

    参照:CoinMarketCap

    その上、数多くある仮想通貨銘柄のなかでもランキング10位に位置しています。

    Ontologyの開発元会社は、「OnChain社」。

    2014年に設立された会社ですが、CEOは中国版イーサリアムとの格付けがされている「NEO(人気アルトコイン)」の創設者によるもの。

    2018年3月、世界的大手の仮想通貨取引所「BINANCE」への上場時は、NEOホルダーにOntologyがエアドロップされるほど。

    技術・事業の方向性からも両銘柄は、長期的な統合を目指している状態です。
    投資家による期待感は上場時から高い状態であると分かりますね。

    さらに、異なるブロックチェーン同士が取引できる「クロスチェーン取引」にも、技術的に対応。

    様々な企業、組織が利用できる制度が整っており、今後の成長をしっかり見届けたいところです。

    今後の「Ontology」はこんな点に要チェック!押さえておきたいポイント

    さて、今後の「Ontology」を分析する上で、押さえておくべきポイントは何でしょうか?

    ここでは、

    • 国内取引所「DeCurret」にて2021年7月に上場
    • バイナンススマートチェーン基盤にて「Ontology」のイールドファーミング開始
    • ( 創設者の考える今後の展望)Ontologyのメインネット立ち上げから3年

    から、「Ontology」の方向性を探ってみましょう!

    国内取引所「DeCurret」にて2021年7月に上場

    国内取引所「DeCurrent」は、2021年7月に「Ontology」の正式な取り扱いを発表。

    ファウンダーである「Li Jun氏」は、ビデオメッセージ付きで日本進出への意気込みを語る一面も。
    「現物取引」での取り扱いを開始しており、国内ユーザーによる投資も積極的に進むことに期待したいところ。

    尚、「DeCurret」への上場日となった「2021/7/18」には、特に大幅な価格上昇はありませんでした。

    上記画像のように、十時線の重なる「陽線」が上場日。
    上ヒゲを付けたのち、下落してしまいました。

    しかし、その後の価格は上昇基調にあり、仮想通貨投資が盛んな日本での上場は大きな一歩かもしれませんね。

    バイナンススマートチェーン基盤にて「Ontology」のイールドファーミング開始

    「Ontology」は、「バイナンススマートチェーン」を基盤とするDefiのプロトコルの一つ「Baby Swap」にて、「イールドファーミング」の開始を発表(2021年7月5日)

    そもそも、「バイナンススマートチェーン」とは、取引所「BINANCE」の取引所通貨である「BNB」を軸に採用されている技術。

    そんなバイナンスチェーンでは、「Defi」を稼働することが可能で、 サービスの一つとして「Baby Swap」があります。

    そして、「Baby Swap」の主軸通貨である「BABY」をステーキング(特定のウォレット等へ一定の資産を預けて報酬を得ること)することで、Ontologyが得られる仕組みになっています(いわゆる、イールドファーミング)。

    *イールドファーミングとは、Defi上で資産を預けて市場全体の流動性を活発化することから、決められた利率分を利益として享受できること。

    一定資産のステーキングは、Defiへの関心が高く、Ontologyの長期保有者にとっては絶好のチャンス。
    一部の投資家しか参入しない分野ではありますが、「アーリーアダプター」の参入者は多いはず。

    長期的な値上がりを期待する場合、今のうちからお得にOntologyの枚数を増やすチャンスでもありますね。

    ( 創設者の考える今後の展望)Ontologyのメインネット立ち上げから3年

    最後に、Ontologyの創設者である「Li Jun氏」へ行われた海外メディアインタビューについてご紹介します。

    インタビューの前提としては、「メインネット(テストを経て移行する本環境)」の立ち上げから3年が経過したことに対して。

    インタビューでは、Li Jun氏に下記のような質問が投げ掛けられました。

    「What are some of the strategic partnerships that have informed your success over the years?

    和訳:何年にもわたってあなたの成功を知らせてきた戦略的パートナーシップは何ですか?」

    それに対し、

    「Strategic partnerships have been highly valuable for creating technical use cases of our decentralized solutions over the last few years  and in reflecting buy-in from key industry players. 

    和訳:戦略的パートナーシップは、ここ数年、当社の分散型ソリューションの技術的な使用例を生み出し、業界の主要プレーヤーの賛同を得る上で非常に価値のあるものでした。」

    この発言をした上で、自動車メーカー「メルセデス・ベンツ」とのパートナーシップによる成果にも言及。

    「We were proud to partner with Mercedes manufacturer Daimler last year to launch the “Welcome Home” app for automobiles, which uses Ontology’s bespoke digital identity and decentralized solutions through a personalized identity management system.

    和訳:昨年、メルセデス・ベンツのダイムラー社と提携し、自動車用アプリ「Welcome Home」を発表しました。このアプリでは、オントロジーのカスタムメイドのデジタル・アイデンティティと分散型ソリューションが、パーソナライズされたアイデンティティ管理システムを通じて使用されています。」

    というように、安全性を第一とした分散型IDやデータ管理に特化したプロジェクトとして、Ontologyのプロジェクトは稼働してきました。

    2021年8月時点、メインネット稼働から3年が経過した今時点では。着実に成果を上げていると判断できます。

    今後の進捗を見守りたいところですね。

    (市場参加者の声)「Ontology」への期待感・評判とは?

    この章では、「Ontology」に対する期待感や評判について市場関係者の声をご紹介します。

    先述したように、「Ontology」は国内取引所「ディーカレット」に2021年7月に上場を果たしました。
    それに対し、ontology公式のtwitterアカウントでは、オンラインミートアップを開催。

    Ontologyホルダーの投資家や興味のあるユーザーが参加しているのが分かり、国内でも熱烈なファンがいるようですね。

    他にも、公式サイトのツイートで「50」以上の「いいね」「リツイート」がされており、アルトコインとしての認知度も向上しています。

    この方のツイートにもある通り、Ontologyの上場を機に購入してみた投資家もいるのが分かります。
    ただ、技術的な魅力や特徴というよりは、上場を期待した投資であるという点は気になるところ。

    今後、他の仮想通貨取引所でも上場を果たした場合、Ontologyへの投資需要も高まるかもしれませんね。

    実は、海外ユーザーによるOntologyへの発言は意外と少なかったです。

    けれども、一部の投資家は高度なテクニカル分析によって売買戦略を決めているようです。

    上記ツイートでは、Ontologyへの今後における投資戦略を紹介しています。

    例えば、

    $ONT hasn’t moved much and dropped back into its rectangle. 

    和訳:$ONTはあまり動かず、長方形に戻りました。」

    と述べているように、長期のレンジ相場を形成していることを指摘(一時的に上昇のブレイクをしてはいますが)。

    ツイート主の場合、時価総額が低いことも懸念しており、もし下落が続く場合は「買っていきたい」とのこと。

    ステーキングによって保有枚数を増やしたいとのことで、長期的な投資を考えているのが分かりますね。

    以上のように、Ontologyへの認知度は徐々に高まっている状況にあり、今後次第では大きく注目されるかもしれません。

    NEOとの繋がりもあるため、関連銘柄への資金流入なども踏まえて投資をすると、先行者利益を得られるかもしれませんね!

    (取引手数料が安い)Ontologyを取引するなら「BINANCE」がおすすめな理由

    Ontologyは、国内取引所「ディーカレント」で取引できるようになりました。

    しかし、取引手数料を抑えて取引するならば「BINANCE」がおすすめ。

    BINANCEといえば、世界的大手の取引所ですよね。

    Ontologyの取引がおすすめな理由は、出来高の大きさと各取引手数料の安さにあります。

    参照:CoinGecko

    まず、Ontologyの取り扱いがある取引所の出来高ランキングをチェック。
    すると、「BINANCE」は上位2位に位置しているのが分かり、多くのユーザーが売買を行っているのが分かります。

    それだけ売買板が安定していることから、取引遅延などのトラブルも少ないのです。

    また、出来高が大きいということは、低コストなスプレッド手数料であっても運営ができること(取引手数料は一律0.1%)。

    こちらは「BINANCE」の「ONT/BNB」ペアにおけるスプレッド手数料の差額。

    「買い」「売り」における差額を計算してみると、「0.000022BNB」であると分かります。

    2021年8月2日時点のBNB価格(35円)で計算すると、「0,00077円」であると分かります。
    スプレッド料率に換算すると、「0.0022%」。

    これは一律の取引手数料と合わせても、「0.1022%」であるため非常にお得な取引が可能。

    出来高の少ない取引所は流動性が低い分、手数料も高くなりがち。

    そうした点からも、よりお得に取引できる取引所を選びたいですね。

    BINANCEの公式サイトはこちら

    プロおに

    既に説明した通り、「BINANCE」であれば1%前後でOntologyが取引できることが分かったはず。
    でも、出来高の少ない取引所で取引をしてしまうと数%以上の取引コストを支払わないといけない場合もある。

    「BINANCE」は他銘柄でも低額の取引コストであるため人気な取引所。
    銘柄が豊富であることからも、今後の仮想通貨投資においては必須の取引所になるはずだぞ!

    まとめ

    今回は、「Ontology」の将来性についてアナリストの分析結果から独自のチャート分析結果を参考にご紹介しました。

    分析結果としては、今後のOntologyは「6,75ドル」までの上昇が見込めることに。
    また、将来的な展望を考える上で注目しておきたい要点についてもご紹介しました。

    独自のブロックチェーンを活用は、今日、私たちが利用しているインターネットサービスにて導入されることが期待されています。

    技術的な革新性があるため、企業から個人まで知らずうちに利用しているほど成功しているかもしれません。

    それこそが、Ontologyの目指している未来であることからも、今後の動向には要チェックですね!