ショートができる海外の仮想通貨取引所まとめ【厳選3つ】

ショートができる海外の仮想通貨取引所まとめ【厳選3つ】
初心者A
初心者A
アルトコインの価格が下がりそうだから、海外取引所にてショートをしたい
初心者B
初心者B
ハイレバレッジでショートするには国内より海外取引所の方がおすすめらしいけど、実際どうなんだろう?

もしかしたら、こんな疑問をお持ちではありませんか?当記事では、仮想通貨の暴落・下落トレンドでショートができる海外取引所を紹介します。

ご存知なように国内取引所でもレバレッジ取引によるショートは利用できますが、レバレッジ倍率が最大4倍に制限されています(2020年3月時点)。

豊富な銘柄からショートをしたい方や国内の低レバレッジに不満がある方は是非、ショートのできる海外取引所をチェックしてみてくださいね。

仮想通貨をショートできる海外取引所はどこ?

仮想通貨をショートできる海外取引所はどこ?

CryptoGT

BitMEX

bybit

結論からいうと上記3つに加えて、仮想通貨をショートできる海外取引所は数多くあります。

他方、最大レバレッジ倍率が100倍を超える取引所が海外にはあります。

そこで、以下にてショートができるおすすめな海外取引所をご紹介しました。

それぞれにおける取引所の特徴を見てみましょう。

Bitterz

取引所Bitterz
最大レバレッジ888倍
レバレッジ手数料0.025%
追証制度なし
仮想通貨ペア58種類
入出金手数料無料
日本語サポートあり

Bitterzは日本人が開発した海外取引所でまだ臨時的に募集している限定口座のみですが最大888倍レバレッジの海外取引所です。

売買手数料が海外取引所の中でもトップで一律0.025%と非常にわかりやすいため計算しやすくなっています。

またMT5と呼ばれるFXや株のユーザーであれば一度は耳にしたことはあるであろうソフトを介して売買することができるため馴染みのある人にとってはとても使いやすいと言えます。

開発陣が日本語ネイティブであるためわかりやすい日本語が特徴になっています。

Bitterzの公式サイトはこちら

CryptoGT

取引所CryptoGT
最大レバレッジ500倍
レバレッジ手数料0.08%(スワップレート÷6×通貨の価格×ロット数÷100÷360のスワップ)
追証制度なし
仮想通貨ペア58種類
入出金手数料無料
日本語サポートあり

CryptoGTはショートが行え、仮想通貨/外国為替証拠金取引を取り扱っている海外取引所です。

CryptoGTの最大のメリットは、レバレッジ倍率が世界最大で500倍まで対応していることです。

これは、一般的にレバレッジが100倍クラスで十分に高いと言われている他の海外取引所よりも抜群に高いです。

他にも、使いやすいMetaTrader5(MT5)を利用したツールや日本語サポートがあるため、日本人の方でも使いやすいインターフェースとなります。

なんといっても500倍のレバレッジは少額資金の方や短期売買をする方にとって心強いです。

そして、多くの海外取引所では英語翻訳をしても雑な日本語表示になりがちです。

その点に関しても、CryptoGTであればデフォルトで正確な日本語が表示されています。

CryptoGTの公式サイトはこちら

BitMEX

BitMEX | Bitcoin Mercantile Exchange: P2P Trading, Up To 100x Leverage
取引所BitMEX
最大レバレッジ100倍
レバレッジ手数料-0.025%〜0.075%
追証制度なし
仮想通貨ペア8種類
入出金手数料無料
日本語サポートあり

BitMEXは、日本人の仮想通貨FXトレーダーに愛用されている海外取引所で、100倍のレバレッジでショートができます。

入金手段がビットコインのみなどのデメリットはありますが、取引量が世界トップクラスであることからスプレッド手数料を低く抑えられる特徴があります。

Bitmexでは、メイカー・テイカーによってレバレッジ手数料が変わります。

メイカーとは板情報に並べられる指値注文のことを指し、手数料を0.025%受け取ることができます。

一方、テイカーはメイカーが発注した注文を優先的に約定します。即座に注文が通ることから手数料を0.075%徴収されてしまいます。

仮想通貨FXに慣れている方であれば、ロング/ショート共に有利な取引が行えるメリットがありますよ。

BitMEXの公式サイトはこちら

bybit

取引所bybit
最大レバレッジ100倍
レバレッジ手数料-0.025%〜0.075%
追証制度なし
仮想通貨ペア4種類
入出金手数料無料
日本語サポートあり

bybitはシンガーポールにて、2018年に誕生したばかりの新しめな海外仮想通貨取引所です。

レバレッジ取引ではショートはもちろん、最大100倍までの取引が行えます。巷では、暴騰・暴落時にもサーバーが落ちにくいことから人気が高まっています。

また、取り扱いのある仮想通貨は少ないですが、ビットコインなどのメジャー通貨は取引できます。

先述しましたが、bybitはBitMexと同様にレバレッジ手数料が注文方法によって変わります。

例えば、指値注文においてはメイカー注文となるので0.025%分の手数料を受け取れます。

反対に、成行注文となるテイカー手数料では0.075%分を支払う義務があるのです。さらに、資金調達率と呼ばれる一定時間ごとに保有している通貨に対して金利の受け取り・徴収が行われます。

bybitの仕組みを活かしてトレードができると利益を伸ばしやすいので、高度なトレードが行いたい方におすすめです。

bybitの公式サイトはこちら

ショートをするのに海外取引所がおすすめな理由とは?

ショートをするのに海外取引所がおすすめな理由とは?

ここまで、仮想通貨のショートを行える海外取引所について紹介しました。

実際、海外取引所では仮想通貨をショートをするのに国内取引所と異なる特徴があります。

「わざわざ、海外取引所でショートをする優位性って何だろう?」

そんな疑問について、以下の3つを解説します。

・信頼できるセキュリティ

・高度なハイレバレッジ取引できる

・取扱銘柄が豊富

信頼できるセキュリティ

上記でご紹介したような一部の海外取引所は、強固なセキュリティを構築しています。

というのも、仮想通貨は取引所や個人のウォレットに対して、ハッカーによるハッキングが頻繁に行われています。かつて、日本の大手取引所である「コインチェック」でも「NEM」と呼ばれるアルトコインが大量流出した事件があります。

世界中の取引所がハッカーによる攻撃対象となっているのです。

ただし、一部の海外取引所ではセキュリティ強化のために以下のような施策を行っています。

・マルチジグ対応

・コールドウォレット/ハードウェアウォレットによる分別管理

マルチジグとは、保管する仮想通貨の送金時に複数人による署名が必要となります。複数人が大量の仮想通貨を監視しているので、簡単にはハッキングが出来なくなるのです。

また、コールドウォレットはインターネットから完全に切り離して物理的に管理します。ウォレットを操作する秘密鍵をメモ等で管理します。

中でも、ハードウェアウォレットは外部デバイスに仮想通貨を預けられる人気デバイスです。秘密鍵、特定のアドレスが必要なので突破しにくい特徴があります。

海外取引所のセキュリティに対して不安を覚えている方も多いと思いますが、セキュリティの高さはトップクラスですよ。

とはいえ 、現在では国内外問わず、多くの取引所でセキュリティの強化が行われています。

高度なハイレバレッジ取引ができる

海外取引所であれば、安心して高度なハイレバレッジ取引が可能です。

ロングであれば現物取引でも可能ですが、ショートをするためにはレバレッジ取引が必要ですよね。

ただし、レバレッジ取引では思わぬ価格の急騰などによって追証が発生してしまう場合があります。

されど、上記でご紹介した海外取引所であれば、一定の証拠金維持率を下回ると自動的にロスカットされます。

追証金の発生がないので、最悪のケースとして想定される借金を抱えることもありません。

にも関わらず、レバレッジ倍率は100-最大500倍近くまでのロットで取引できます。

少額の資金からでも取引できるので、仮想通貨のショートで効率良く利益を狙いたい方におすすめなのです。

取扱銘柄が豊富

海外取引所は主要通貨であるビットコイン以外にも、アルトコインの取り扱いが豊富な傾向にあります。

各取引所によって取り扱い銘柄数に違いはありますが、基本的には多様なアルトコインを取引できます。

国内では数種類程度のアルトコインしか取引できないので、価格が下落するのを見越してショートできない場合があります。

投資機会を逃さないためにも、海外取引所の利用は前向きに考えておきたいです。

まとめ

当記事では、仮想通貨のショートができる海外取引所についてご紹介しました。

仮想通貨の値動きは激しく、価格が上にも下にも乱高下する特徴があります。

それゆえ、ビットコインだけでなく、アルトコインへの投資をしている方はショートによって利益を追求できます。

そんな時に、海外取引所では高いレバレッジと銘柄数の多さから利用するのがおすすめです。

明らかに、仮想通貨相場が高値圏にある際などにショートによる利益を追求してみるのはいかがでしょうか。