【2021】Sparkトークン(XRPのスパーク)の将来性は?今後いくらになるのかを予測

【2021】Sparkトークン(XRPのスパーク)の将来性は?今後いくらになるのかを予測
この記事をかいた人

0.9円のリップルを買って最高6000万円まで資産を築く→投資金を全て失い辛酸をなめる。投資歴4年目。釣りにハマっています。現在は"生き残るためのトレード"をエリオット波動の分析で確立して利益を出せるように。
    初心者A
    国内取引所でも付与される予定のSpark(スパーク)の将来性って?
    初心者B
    Spark(スパーク)は大幅な価格上昇が起きるのかな?

    Sparkは、Flare Network(フレアネットワーク)と呼ばれるXRP(リップル)の開発を行うRipple社の投資部門が行うプロジェクトトークンです。

    というのも、Ripple社の基幹サービスである分散型台帳(xrp ledger)上にイーサリアムと同様のスマートコントラクト機能を実装する目的があります。

    プロジェクトの魅力と将来性の高さが評価されており、仮想通貨市場において注目のトークンです。

    そこで、Sparkの今後における将来性について抑えておきたい要点から分析する上で参考となる情報についてご紹介します。

    当記事を読めば、Sparkを取り巻くプロジェクトの進捗から将来性の見通しが把握できますよ!

    ぜひ、最後までチェックしてみてくださいね。

    ※リップルの保有量に応じたSparkのエアドロップは2023年の6月12日に配布される予定です。

     Spark(スパーク)の伸び代はどれくらいある?気になる将来価格について

    はじめに、気になるSparkの価格に関しては現時点で明確な価格数値は出せません。

    しかし、ファンダメンタルズ分析からSparkトークンの価格上昇が起きる可能性は高いと判断しました

    上記のように考えられる理由としては、以下の項目になります。

    • 国内取引所「GMOコイン」での取り扱いの可能性もあり
    •  Sparkトークンを用いた金融サービスの拡大が見込める
    • 10万以上のアカウントがFLR(Sparkトークン)を申請済み

    と、勢いのあるプロジェクトであることが推測できます。
    各項にて、Sparkトークンが上昇すると考えられる理由について確認してみましょう。

     国内取引所「GMOコイン」での取り扱いの可能性もあり

    2020年11月27日、国内大手の仮想通貨取引所である「GMOコイン」ではSparkトークンのオプトイン(トークン付与の手続き)を開始すると発表しました。

    この発表は、正式に付与が開始された後にGMOコインにて直接的に取引が開始される可能性も示唆しています。

    そして、上場が果たされた場合は国内ユーザーの取引が活発になることから価格上昇へ繋がる可能性も高いです。

    事実、過去においてはGMOコインによるXRP取り扱い開始後に大幅な価格上昇が起きたケースがあります。

    上図にもあるように、2017年11月29日にGMOコインではXRPの取り扱いを開始しています。

    取り扱い開始から10日前後で大幅な価格上昇を起こしており、XRPに関連したSparkトークンにも似たような展開があるかもしれません。

    確定事項ではありませんが、GMOコインの公式サイトには下記のような声明が発表されています。

    「3. 当社でのSparkトークン取扱開始のためには、法令や自主規制団体の規則に従って所定の手続きがございます。」

    このように、現在は法令や自主規制団体の規則に沿った手続きが進んでおり、金融庁のホワイトリスト入りを目指している形です。

    仮に、正式な申請許可が下りた場合はSparkの国内取引が活発になることが期待できますよね。

    因みに、GMOコインにおけるSparkの付与条件としては、リップル(XRP)の現物保有が条件となります。

    多くのホルダーが有しているXRPホルダーに付与される予定です。
    また、XRP保有者の残高確認を行うスナップショットは2020年12月12日9時時点で確定します。

     Sparkトークンを用いた金融サービスの拡大が見込める

    Sparkトークンがファンダメンタルズ分析からも伸びると考えられる別の要因として、金融サービスの拡大があります。

    具体的にSparkトークンの存在によって拡大が見込まれる金融サービスについて、海外サイトである「cryptocurrency price prediction」は下記のような説明をしています。

    「In future XRP’s utility allow empower creation of smart contract for adopting new feature like lending and Decentralized Finance DeFi. 」

    「和訳:将来的には、XRPのユーティリティにより、融資や分散型ファイナンスDeFiなどの新機能を採用するためのスマートコントラクトの作成が可能になります。」

    そして、

    「Flare network will enable interoperability of XRP Blockchain using Ethereum Blockchain.」

    「和訳:フレアネットワーク(Sparkトークンを用いた)は、イーサリアムブロックチェーンを使用したXRPブロックチェーンの相互運用性を可能にします。」

    というように、SparkトークンはXRP上でのスマートコントラクト実装をするために必要なトークンとなっています。

    Sparkトークンを用いたネットワーク運営がしっかりと行われるにつれて、融資やDefi(分散型金融)分野にも大きな影響を与えると考えられます。

    というのも、融資やDefiにおけるサービスはイーサリアムのスマートコントラクトを主軸としたプラットフォームやサービスが多いです。
    しかし、XRPとSparkが連携することでXRP系列の金融エコシステムが発達し、結果として資金の流入(Sparkトークンへの資金流入)が起きる可能性が高いです。

    伸びている市場での挑戦となるので容易ではありませんが、仮想通貨を絡めた金融分野は伸び代があるので独自サービスの展開等にも注視したいです。

    その上、XRPへの熱心な投資家は既に多く、Sparkに関してもリップルの成功に目を向けて長期的な投資、及び、投資需要の高まりが期待されています。

    10万以上のアカウントがFLR(Sparkトークン)を申請済み

    主に、リップルに関して最新の情報を発信している海外のTwiterユーザーの方が上記のようなツイートをしています。

    ツイートの内容として注目すべき点として、110,259にも上るアカウントがSparkトークン(ティッカーシンボル:FLR)の申請を出していると述べています。

    また、スナップショットされているXRPの数量に関しては235億に上っていることが分かります。

    ここで気になる点としては、Exchanges(取引所)にて申請が行われているXRPは163億ほどで、全体の70%を占めています。

    このことからも、個人投資家によるSparkのホルダーが増加することが見込まれており、各取引所への上場後は取引が活発になるでしょう。

    他にも、SparkトークンはXRPと親子分のような関係でもあることから、上場後は取引が活発になるという見立てがあります。

    Sparkトークン単体への魅力があるのはもちろんですが、XRPの送金に特化したネットワークと連携することで投資家の需要は高まると考えられるためです。

    XRP自体、既に取引高は高い仮想通貨なのでSparkトークンとの関係性も加味して、うまく相互に資金循環が起きることで価値は上昇すると考えられます。

    Spark(スパーク)上場後の価値下落への懸念とは?暴落するリスクについて

    Sparkトークンは、XRPの保有枚数に応じて付与される仕組みになっています。
    ですから、XRPの価格変動や投資家の保有枚数の変化はSparkトークン上場後に、需給バランスを悪化させるかもしれません。

    上記のツイートにもあるように、スナップショット時におけるXRP保有枚数によってがSparkトークンの付与数も決定されます。
    そのため、Sparkトークンを取得するためのXRPにおける取引やウォレット移動が活発になっていることが観察できます。

    ただし、各取引所によって上場された後は、Sparkトークンを直ぐに売却して利益を得る目的の売り圧力が起きる悲観的な見方もできます。

    確かに、上場後は一時的に大量の売り圧力によって急落してしまうケースも想定しておきたいです。
    ですが、あくまでプロジェクトの進捗と将来性に掛けて投資をするのであれば中・長期的には上昇トレンドを形成していくでしょう。

    その観点から考えると、トークン付与の申請に間に合わなかったユーザーの方もじっくりと下落を待ってSparkトークンを買ってみるのも一つの手ですね。

    Spark(スパーク)を保有する際に抑えておきたい重要なポイント

    続いて、今後においてSparkトークンを保有する際に抑えておきたいポイントについてもご紹介します。

    Sparkトークンに関して注意点も伏せて解説するので、確認してみましょう。

    1XRP=1.0073 FLRが付与される?Sparkトークンの付与比率が決定

    フレアネットワークの公式サイトによると、パートナーであるXRPLORER、Towo Labsによる分析の結果、1XRPに対する分配されるSparkトークンの比率が決められました。

    当初から、フレアネットワークの算段としては一般ユーザーに配布するSparkトークンの比率は「1:1」に近づけることでした。

    最終的に独自の計算方法からも、1XRP当たりに1.0073 FLRが付与される見通しです。

    そのため、上記の比率を維持するためにも分配目安であった450億のSparkトークンから45,827,728,412枚数にまで増加して調整しています。

    尚、フレアネットワークでは総数1,000億枚のSparkトークンを市場に流通する予定です。

    初期の分配では最大で15%に相当するSparkトークンの付与のみですが、残りの85%は25-34ヶ月をかけてホルダーに配布される見通しです。

    配布枚数が増えることで市場での取引高に影響を及ぼすと見通されるので、随時公式サイトにて情報をチェックしておきたいです。

    国内取引所でのオプトインが進んでいる

    先述した内容では、国内取引所であるGMOコインがSparkトークンの取扱いを開始したと述べました。

    しかし実は、他の国内取引所においてもSparkトークンの付与に向けた協議が進んでいます。

    • 株式会社bitFlyer
    • QUOINE株式会社(Liquid by Quoine)
    • SBI VC トレード株式会社
    • コインチェック株式会社
    • 株式会社ビットポイントジャパン
    • ビットバンク株式会社
    • 株式会社DMM Bitcoin
    • フォビジャパン株式会社
    • 株式会社ディーカレット
    • LVC株式会社
    • 株式会社Xtheta

    協議の内容から出た結論としては、2020年6月12日までにJVCEA(日本暗号資産取引業協会)と金融庁による申請許可が出た場合となります。

    そのため、現時点(2020年12月)ではトークン付与の決定事項について最新情報をチェックしたいところです。

    予定では、XRP保有者に規定のSparkトークンが付与される予定なので注視しておきたいですね。

    国内取引所でSparkの取り扱いが行われない可能性もある

    XRPを取り巻く多くの取引所とユーザーがSparkトークンについて強い関心を持っています。

    しかし、日本国内においては新規で通貨付与を行う場合は取引所側で正式な申請を提出する必要があります。

    要するに、日本の仮想通貨市場における厳しい規制によってスムーズなSparkトークンの取り扱いが行われるか怪しい点があるのです。

    そして仮に、Sparkトークンの取り扱いが認可されなかった場合の代替案として、XRP保有枚数に応じた評価額を円ベースでユーザーに還元する方針も出ました。

    しかし、下記のフレアネットワークのツイートをご覧ください。

    「Spark will not be liquidated by Japanese exchanges and distributed in Yen under any circumstances.」

    「和訳:Sparkは、いかなる状況においても日本の取引所によって清算され、円で配布されることはありません。」

    と述べています。

    このように、Sparkトークンの取り扱いが行われないと決定されると、国内取引所にXRPを預けているユーザーはSparkトークンの受け取り、及び、Sparkトークンを円にした金額も受け取れないことになります。

    したがって、国内取引所だけに預けておくと万が一、規制の都合によってSparkの受け取りができないというリスクもあります。

    しっかりとSparkトークンを受け取りたいと考えている方は、海外取引所を利用するのが良いですよ。

    Sparkへの期待感は高い?投資家の声を詳しくチェック

    2020年12月12日、インドの仮想通貨取引所「Giottus」にて世界初のSparkトークンが上場を果たしています。

    インドルピー価格で最高値246円まで上昇しており、リアルタイムでXRP価格よりも高い価格まで一時は上昇しました。
    この勢いで価格が上昇するのであれば、XRPの大量ホルダーは大きな利益を狙えますね。

    一方、こんな意見も見受けられました。

    インドの取引所にて取引されているSparkトークンの出来高は低いことに対する懸念ですね。
    確かに、買い圧力だけ多くても出来高が微妙であると売りたくても売れないし、場合によっては極めて低い価格帯で売却する必要もあるので注意したいです。

    NAO
    草コイン系の仮想通貨に投資した際、価格が上昇して嬉しいと思っていました。しかし、実際に売却しようとしたら出来高がスカスカで全く売り注文を通せなかった経験があります。上記の事例も似ているケースかもしれませんね!

    海外ユーザーに関しても、Sparkトークンに関するクチコミがありました。

    上記を和訳すると、「Sparkトークンを売りますか、それとも保有(HODL)しますか?」と発言していますね。

    「いいね」の数も多く、Sparkトークンに対する見方や分析について各ユーザーが議論していることが分かります。

    Sparkをなるべく低コストで保有できる取引所について紹介!

    今後、Sparkトークンのプロジェクトや通貨配布が進むことで投資家の取引も活発になるでしょう。
    国内取引所も例外ではなく、Sparkトークンの取り扱いが行われるかもしれません。

    しかし、国内取引所にて上場を果たした場合であっても手数料の面で大きなコストが掛かってしまう傾向にあります。

    実際にSparkトークンの上場は果たしていませんが、国内取引所で仮想通貨を購入する場合は取引所の定めたスプレッド手数料となります。
    ゆえに、平均して数%〜10%近いスプレッド手数料が徴収されてしまいやすいです。

    参照:CoinGecko

    反対に、世界一のマーケットシェアを誇る海外取引所「BINANCE」では取引手数料0.1%(独自トークンBNBを使用すれば0.05%)で取引できます。

    ここまで安いコストで提供できる理由としては、上記の画像にもあるように出来高が圧倒的に高いためです。
    ユーザーによる取引量が多いため、低い手数料でも十分にBINANCE側の利益は確保されています。

    プロおに
    基本的に、国内取引所での取引は手数料が高いと思っておいていい。

    Sparkトークンに関しても手数料が高いために、「利益が思うように出せない…」なんてことになってしまうだろう。より投資家に有利な条件で取引するためにも、BINANCEなどの手数料が低い取引所を参考にしてみてくれ。

    補足として、お得に取引できる海外取引所について徹底解説した【損しない】仮想通貨のおすすめ海外取引所【2020年最新】も紹介しておくぞ!

    まとめ

    今回は、Sparkトークンの将来性について詳しく解説しました。
    現時点で、大きな取引所での上場を果たしている訳でないので具体的な価格を明示はできませんでした。

    とはいえ、ファンダメンタルズ分析からもSparkトークンの価値は向上すると見通せるものがありました。
    中でも、Sparkトークンの稼働が増えることはスマートコントラクトがXRPのネットワークで活用が増えることを意味します。

    リップル社のネームバリューの大きさもありますが、技術的な側面からもSparkトークンへの実需的な買い圧力が推測できます。

    さらに、長期的にみて、XRPの成功とプロジェクトに関わるSparkトークンの価値は連動すると見込めます。
    当記事でも最新情報を随時更新するので、投資先の一つとして検討を進めてみてください。

    ちなみに仮想通貨の売買は基本的に流通額の大きく競合の多い海外取引所の方が必然的に安く済みます
    そのため海外仮想通貨取引所おすすめランキングPROでは海外取引所に絞ってお得な取引所を紹介しています。

    少しでも興味がある人は良かったら【損しない】仮想通貨のおすすめ海外取引所【最新】を読んでみてください。

    アルトコイン今後の関連記事

    【2021】IOSTの将来性は?今後いくらになるのかを予測

    【2021】Tezos(XTZ・テゾス)の将来性は?今後いくらになるのかを予測

    【2021】Dogecoin (DOGE)の将来性は?今後いくらになるのかを予測

    【2021】EnjinCoin (ENJ)の将来性は?今後いくらになるのかを予測

    【2021】Cardano(カルダノ・ADA)の将来性は?今後いくらになるのかを予測

    【2021】OMG(オミセゴー)の将来性は?今後いくらになるのかを予測

    【2021】Sparkトークン(XRPのスパーク)の将来性は?今後いくらになるのかを予測

    FTXトークン(FTT)の仮想通貨は将来いくらになる?基本情報と今後について

    仮想通貨セルシウス(Celsius)とは?将来の価格予想とCELを買える海外取引所

    【いくらになる】仮想通貨ポルカドット(Polkadot・DOT)の将来性

    【2021】Ontology(オントロジー・ONT)の将来性は?今後いくらになるのかを予測

    国内初IEO仮想通貨のパレット(pallete・PNT)とは?将来性を予測してみた

    仮想通貨ソラナ(SOL)の今後と将来性を予測してみた

    【2021】アクシーインフィニティ(Axie Infinity)の将来性は?今後いくらになるのかを予測

    【2021】コスモス(COSMOS・ATOM)の将来性は?今後いくらになるのかを予測

    【2021】ステラルーメン(XLM)の今後はどうなる【価格予測】