最低限おさえておきたい!ステーブルコインの種類と詳細を解説

最低限おさえておきたい!ステーブルコインの種類と詳細を解説

「ステーブルコインについて話を聞くけど、具体的にどんな種類があるんだろう?」

「ステーブルコインの各種特徴や代表的な銘柄について知りたい」

もしかしたらこんな悩みはありませんか?ステーブルコインは、仮想通貨市場において価格の安定化を目指したコインであり注目を浴びています。

当記事では、ステーブルコインの基礎的な知識から詳細な種類、買い方まで詳しく解説します。

ステーブルコインの種類について知識を付けることで、投資判断の役に立つのでぜひ、チェックしてみてくださいね。

以前には仮想通貨なのに法定通貨?ステーブルコインとは何かを解説【ニュースがわかる】という記事を執筆しました。

ステーブルコインってそもそも何?

ステーブルコインは、価格が安定しているコイン(英語でStable Coin)として開発されました。この通貨は、仮想通貨市場における主要通貨のボラティリティの高さを要因に誕生しており、実用的な側面があります。

仮想通貨はブロックチェーン技術を用いて、デジタル上での通貨のやり取りができる点で優れています。

しかし、ボラティリティの高さゆえに決済や送金分野で価値が大幅に毀損してしまうリスクも内在しています。

そのため、数多ある仮想通貨の中でも価格の安定化を目的としたステーブルコインは一定の需要があるのです。

ステーブルコインの各種特徴について

ステーブルコインは資産や収益を担保とすることで、通貨としての価値をたもっています。

具体的には、

・法定通貨を担保とする場合

・仮想通貨を担保とする場合

・通貨から得られる収益に依存する無担保の場合

上記の。3項目を担保としていることが分かります。

各項目について、詳細に解説を進めていきます。

法定通貨を担保としたステーブルコイン

法定通貨を担保としているステーブルコインは、ドルや円などの法定通貨を担保にすることで価格を連動させることができます。

通貨相場の安定性を目的とすることから、「ペッグ=釘などで固定するの意」とも呼ばれており、ドルペッグや円ペッグなどと呼称されます。

*他には、ユーロや人民元、ゴールド、原油が法定通貨としてペッグされている。

ステーブルコインの種類としては、法定通貨で直接的に担保がされているので信頼性の高い通貨として広く認知されています。

しかし、法定通貨の価値が著しく低下した場合はステーブルコインの価格にも大きな影響を与える懸念もあります。

事例で言うと、USDTの呼び名で親しまれている「Teher」はドルと1:1:の関係性で連動している通貨です。他にも、ドルをペッグとしたステーブルコイン(PAX,USDG等)は多い傾向にあります。

法定通貨を担保とするステーブルコインでは、発行する企業の信頼性や規制当局による監視・認可のある銘柄を選ぶようにしたいです。

仮想通貨を担保としたステーブルコイン

ステーブルコインの中には、仮想通貨を担保とする通貨もあります。

代表的なステーブルコインとして、は、仮想通貨関連事業を行う企業「MakerDAO」による「DAI」です。

仮想通貨自体がボラティリティが高い特徴にあるので、わざわざ仮想通貨を担保とすることに疑問に思われるでしょう。これは、仮想通貨の技術的な仕組みを活かすことで価格の安定化を図れるためです。

DAIのケースでは、目標とする価格を1ドルに設計しています。そのためにも、ユーザーが保有しているイーサリアムを担保としてDAIを発行しています。

DAIは、イーサリアムのスマートコントラクト上にてPETH(Pooled Ether)を担保にして、融資という形で発行されています。

それゆえ、仮想通貨市場の暴落やイーサリアムの大幅な価格下落が起きない限りにおいて価格が安定しやすいと言われています。

実際に、ドルとの連動性はあるものの、必ず同じ値動きをする訳ではありません。その上、仕組みが複雑であることからステーブルコインとして機能性を十分に満たしているか不安視される場合もあります。

無担保型のステーブルコイン

最後は、無担保型のステーブルコインについてです。

「無担保型であるならば、何を担保にするの?」と思われる方は、きっと多いはずです。

これは、シニョレッジ・シェア(Seigniorage Shares)と呼ばれるステーブルコインにしかない独自の担保方法です。

シニョレッジ・シェアの概念は、株で受け取れる配当金のように保有者に対して一定の通貨発行益を分配することを指します。

基本的な仕組みとしては、通貨の供給量を需要に応じてアルゴリズムによって管理していきます。

中央銀行の制度とも似ていると評価されており、物価水準を目安として価格調整を行います。仮に、通貨価値が下落したら通貨供給量の増加、価格が上昇したら通貨供給量を減少させることで価値の安定化を図ります。

BASISやCarbonなどの無担保型ステーブルコインが発行されており、プログラムにはイーサリアムのスマートコントラクトが実装されています。

他にも貴金属の担保型ステーブルコインなどがある

金と連動したpaxosがあります。担保としてUSDTと同様に保有する本物の金の量と連動するようになっています。

2019年に表に出てきたばかりで日は浅いのですがFX業者などに登録せずとも簡単に金が買えるような状態になるのはかなり便利と言えます。

時間の経過とともにさらに派生していくことでしょう。

ステーブルコインの代表的銘柄と使い道について

続いて、ステーブルコインにおける代表的な銘柄について紹介します。どのステーブルコインも担保の種類、使い道に違いがあります。

ご自身の使用ケースを想像しながら、読み進めてみてください。

テザー(USDT)

テザーは、ステーブルコインの中でもっとも使用されている仮想通貨の一つとなります。

Tether社によって開発されたステーブルコインで、ドルとペッグした通貨です。過去にも、テザーのようなステーブルコインは開発されていましたが、通貨供給量が減少したことで軌道に乗っているプロジェクトはありませんでした。

そこで、テザーは発行した額と同額のドルを準備金として用意することで担保としての信頼性を強めました。

テザーの発行量は増額の一途を辿っており、ビットコインの取引高よりも高い場合もあります。しかし、テザー疑惑と言われるように、本当に準備金としてのドルを持っているのか、疑問視されていることもあります。

使い道としては、ドルを介した仮想通貨の交換、暴落する仮想通貨市場からのリスクヘッジ目的の投資などが挙げられます。

BUSD

仮想通貨市場において目が離せない存在である「バイナンス」取引所は、独自のステーブルコイン「BUSD」の発行を行いました。

BUSDは、バイナンスとステーブルコインを発行する企業「Paxos」の共同で開発されており、ドルをペッグとした連動通貨となります。

BUSDは、幅広い銘柄の取り扱いやDEX(分散型取引所)を運営するバイナンス内で、ユーザーの利便性を高める効果が期待されています。

参照リンク

上記の図を確認すると、BUSDの時価総額の高さからも発行量が増えていると分かります。

つまり、透明性の高い取引所が運営していることもあり、疑惑のあるテザーからの乗り換え需要やユーザビリティを好むユーザーの増加も見込まれています。

EURS(ユーロ)

EURSはマルタに拠点を置くStasisによって発行されており、ユーロの流動性確保とブロックチェーン技術による決済・送金問題の改善を目的としています。

先ほどご紹介したテザーがドルをペッグするように、EURSではユーロ価格を固定化して連動させています。他にも、テザーのように不正疑惑を防ぐためにも大手の会計事務所を監査とすることで、四半期ごとに運営や資金の流れに関して検証が行われています。

ステーブルコインなので、仮想通貨特有の高いボラティリティはありません。されど、ユーロ圏での換金、企業間における活発な実用化に向けてプロジェクトが進んでいます。

ステーブルコインは海外取引所で購入可能

現在、ステーブルコインを購入できるのは海外取引所のみとなります。

中でも、世界中の仮想通貨ユーザーを抱える「バイナンス」では主要なステーブルコインの取り扱いも豊富です。

主要通貨からアルトコイン銘柄まで幅広く取り扱っているので、投資をする上でも利便性が高いです。例えば、市場の暴落を見越してビットコインやアルトコインからステーブルコインに換金しておくこともできます。

また、柔軟な資産の換金とトレードも構築しやすいメリットがあります。さらに、バイナンス独自のステーブルコインである「BUSD」も上場しているので、通貨ペアの拡充が見込めますよ。

twitter

ただし、国内でも、東証一部上場企業のGMOインターネットが展開する仮想通貨取引所「GMOコイン」にて、独自のステーブルコイン発行に向けて動きがあります。

その名も「GMO Japanese YEN(GJY)」と呼ばれており、日本円を担保としたステーブルコインです。2019年から実証実験が開始されており、決済・送金分野での活用が想定されていますよ。

まとめ

今回は、ステーブルコインの種類について基礎知識から担保の違い、代表定な銘柄、購入方法等についてご紹介しました。

ステーブルコインは仮想通貨市場において唯一、価格が安定している傾向にある通貨と解釈できます。どうしても、仮想通貨といえばボラティリティが激しいイメージが強いですが、リスクヘッジの観点からも利用価値の高い通貨です。

各通貨によって、担保の違いや使い道の違いもあるので各ステーブルコインの特徴を抑えた上で保有してくださいね。