【国内は不可】ステーブルコインにおすすめの仮想通貨取引所とは

【国内は不可】ステーブルコインにおすすめの取引所とは

「ステーブルコインってどこで買えばいいんだろう」

「外貨預金のようにドルと連動したやつ(USDT)が欲しいんだけど仮想通貨には疎くて。どこの取引所にしとけばいいのだろう」

そんな方へ向けて解説しました。

結論としてステーブルコインは国内では購入できません。(円と連動したステーブルコインのプロジェクトはある)

この記事を読めばどこで購入すれば良いのか理解して保有するための行動ができるようになることでしょう。

ステーブルコインは国内で取り扱いがない

小さなプロジェクトやこれから盛り上げていこうとする動きはありますが現状は選択肢にはなりません。

理由としてはプロジェクトが始まったからといってそのステーブルコインが本当に存続していけるのかどうか分からず安易に勧めることができないからです。

例えばDaiと呼ばれるイーサリアムと連動したステーブルコインは仕組みの脆弱性を突かれてしまい価値がだだ下りとなってしまいました。

他のステーブルコインもまだ始まったばかりであり現状はUSDT(テザー)がもっとも無難な選択肢になります。(ステーブルコイン全体の9割近くがUSDTの取引高)

しかしこのUSDTも国内で取り扱いがなく保有するのであれば海外取引所へ登録必要があります。

改めてステーブルコインとは何かを知りたい人は仮想通貨なのに法定通貨?ステーブルコインとは何かを解説【ニュースがわかる】を読んでみてください。

海外の取引所って大丈夫?

ここで”海外”という言葉が出てきて取引所の安全性について少し敏感に思った人もいるかと思います。

一言でいえば大手のところであれば国内と同じくらい気にしていれば問題ありません。

海外取引所の中には個人の資産がなぜか勝手に消えてしまうような噂の立つ取引所もあります。

しかし世界的にトップクラスの取引所であればそうした噂もなくむしろハッキングが生じた場合は都度、補償している実績もあります。

BINANCEやBitfinexではユーザーに補償を提供しています。100%の安全は保証できませんが、有事の際にすぐに補償してくれた会社であれば漠然と警戒する必要はありません。

ステーブルコイン購入におすすめの海外取引所

ここではステーブルコイン、特にUSDT購入に良い海外取引所を紹介します。

BINANCE(バイナンス)

BINANCEはビットコイン 、イーサリアム 、EOS、リップルなどのメジャーな仮想通貨の取引高が1位の海外取引所です。

日本人にも慣れ親しんだ大手取引所であり海外取引所と聞いて最初に思い浮かべる人も少なくないでしょう。

大手なだけでなく手数料がお得で190種類を超える銘柄の取り扱いが魅力的で当然ステーブルコインも取り扱いがあり複数あります。

BINANCE独自のステーブルコイン(BUSD)などもありレンディング(貸付で利益がもらえる)に対応していたりします。

USDTを購入するだけならBINANCEがおすすめです。

BitMart

BINANCE(バイナンス)は日本語に対応していません。そのため人によってはBINANCEの取り扱いに少し戸惑いがあるかもしれません。

その場合はBitMartをオススメします。BitMartはBINANCEを日本語対応させたような取引所です。

BINANCEと似たサービスを打ち立てていたり、豊富な銘柄数もBINANCEと似ています。

BitMartはオススメです。USDTの取り扱いももちろんあります。

bybit

bybitはUSDTベースでFXトレードを行いたい人向けの取引所です。

ドルと連動した板でFXトレードをしたい人はbybitが最も無難な取引所になります。

指値注文の売買手数料がマイナス0.025%で、1BTCあたりのスプレッドがなんと僅か 0.5ドル しかありません。(時期による)

最大レバレッジ100倍も魅力ですが何より手数料が安いことが魅力として挙げられます。

USDTを使ったFXだとbybitでほぼ一択です。

人によってはbybitより先にBitMEXの方が良いのでは?と思う人もいるかもしれません。

しかしBitMEXは2020年5月に日本居住者向けサービスを停止しました。したがって新たに登録することができなくなりました。

ステーブルコインの購入手順

海外取引所に登録したからといってそこで終わりではありません。ステーブルコインを購入するための手順が必要です。

まさか日本円は送金できませんのでまずは国内取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

①国内取引所で仮想通貨を購入する

②登録した海外取引所のウォレットへ仮想通貨を送金する

③受け取った仮想通貨をテザーに換金する

上記の手順が必要です。

仮にBINANCEでBTCを購入した場合、BTCをBINANCEへ送金します。

それからBTC建てUSDTのペアでBTCを売ります。そこで初めてUSDTを入手することができます。

「正直いって手順が分からない」

と感じた人は【図解説】仮想通貨USDT(テザー)の購入方法(買い方)を解説【安い手数料で】に詳細があります。

まとめ

ステーブルコインの購入は海外取引所でしか実質的に選択肢がありません。

そのため大手の海外取引所を利用しましょう。まずは国内で仮想通貨を購入してそれから海外取引所でステーブルコインに交換します。

最初は勉強代として送金手数料などをケチらずに少額で試して送金してみてください。まだまだややこしいので失敗しても良い金額で試すのが肝になります。

ところで「ビットコイントレードがお得な海外取引所を知りたいなあ。」という人は【損しない】仮想通貨のおすすめ海外取引所の記事をどうぞ。