【一番わかりやすい】ステーブルコインの仕組みを噛み砕いて解説してみた

【一番わかりやすい】ステーブルコインの仕組みを噛み砕いて解説してみた

「ステーブルコインは、どうしてペッグ通貨と連動できるのだろうか?」

「ステーブルコインに関する基本的な仕組みについて知っておきたい」

ひょっとしたら、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

ステーブルコインは価格の安定化を主な目標として作られていますが、仕組みを理解するのは意外と難しいです。というのも、仕組みの違い(担保の内訳)によってはステーブルコインにも様々な種類があるためです。

そこで、ステーブルコインに関する仕組みや抑えておきたい知識についてご紹介します。
ステーブルコインの仕組みについて理解を深めることで、どの銘柄の保有を検討すべきか分かるようになるので、チェックしてみてくださいね。

ステーブルコインの基本的な仕組みとは?

まず、ステーブルコインが通貨として機能する基本的な仕組みについて解説します。

そもそも、ステーブルコインの特徴についてご存知でしょうか?一般的に、ステーブルコインは法定通貨や仮想通貨、金、銀などの通貨/資産を価値の裏付けとし、価格の安定化を図っている通貨のことです。

日常の決済や企業間における取引において、ボラティリティの安定しているステーブルコインは使用が期待されています。

ステーブルコインの概要をおさらいしたところで、仕組みについて理解を深めてみましょう。

ステーブルコインは、ユーザーが発行母体となる企業や組織に対して担保とする資産を預けます。ペッグ通貨などとも呼ばれるように、ドルや円、ビットコインなどの指定された資産の預託になります。

そして、運営側が担保資産の確認をした後にブロックチェーン上にてステーブルコインの発行を行います。発行されたステーブルコインは、ブロックチェーンの取引を通じて担保資産と同等分をユーザーに渡します。

ユーザーは受け取ったステーブルコインを他の通貨と取引したり、現金化することができます。特に、現金化する場合は運営側のブロックチェーン上で担保資産の償却を行ってから、現金化されています。

運営側は、ステーブルコインの発行から償却を終えるプロセスの間において、担保資産をしっかりと保管しておく責務があります。

前回は仮想通貨なのに法定通貨?ステーブルコインとは何かを解説【ニュースがわかる】の記事も書いているので更に基本を知りたい人はこちらも参考になります。

種類別!ステーブルコインの仕組みを担保資産別で解説

ステーブルコインに関する基本的な仕組みについて解説しましたが、詳しく見ていくと違いがあります。

この章では、

・法定通貨担保型のステーブルコイン

・仮想通貨担保型のステーブルコイン

・無担保型のステーブルコイン

の3種類に分類できる担保資産に着目して、詳しく解説します。

法定通貨担保型のステーブルコイン

法定通貨を担保としたステーブルコインでは、ドルや円、金、銀などのように国家や安全資産として認知されている通貨/資産が対象となります。

これらの資産を担保として、ステーブルコインを発行する形式となります。これらの資産はステーブルコインの価格と連動することからペッグ通貨(釘を打ち込んで固定する意味合いから)とも呼ばれています。

価格変動の目安が法定通貨と連動するので、為替市場のレートを参照にできます。

仮想通貨担保型のステーブルコイン

仮想通貨を担保型とするステーブルコインでは、ビットコインやイーサリアムなどを資産として価値の裏付けを行います。

それゆえ、対象となる仮想通貨と同じような値動きで連動する特徴があります。ブロックチェーン上で取引は行われるので、担保資産の拠出・償還は行いやすいです。

しかし、価格変動の大きい主要な仮想通貨をペッグ通貨とすることから、価格の安定化を図るのは難しい点もあります。とはいえ、ペッグ通貨となる仮想通貨は時価総額も高く、流動性もあるので価値の皆無は起きにくいと推測できます。

無担保型のステーブルコイン

無担保型のステーブルコインでは、法定通貨や仮想通貨を担保資産としては扱いません。通貨そのものではなく、通貨の供給量をバランス化させることで価格の安定化を図ります。

身近な例としては、中央銀行による市場への介入です。国債金利の動向や経済状態、有事の際の貨幣供給量の調整は中央銀行をはじめ、国や政府の意思決定の元で行われます。

無担保型のステーブルコインでも同じような仕組みで、通貨の供給量を調整して価格の安定化に努めます。

需要の増減次第で、通貨発行量をコントロールする必要がありますが、第三者の資産を担保としない強みがあります。

人気のあるステーブルコインを分析

続いて、ステーブルコインの中でも多くのユーザーに使用されている銘柄を分析してみましょう。

ステーブルコインの人気銘柄はテザー(USDT)?

参照画像

上記の画像は、Coin Geckoが発表した直近(2019年)におけるステーブルコインの市場規模を図字したグラフです。

驚くことに、ステーブルコインの中でも断トツなシェアを取っているのは「テザー(USDT)」であることが分かります。

また、テザーに続くステーブルコインとしては

・USDC

・PAX

・TUSD

・DAI

の4銘柄となります。全体の銘柄を通じても、テザーの存在感は大きいことが分かります。現に、2019年における時価総額の上昇もテザーのみが伸びています。

このように、ステーブルコインは様々な種類が発行はされていますが、テザーが代表的銘柄として市場に台頭しています。

次の章では、テザーを例とした仕組みについて解説します。

テザー(USDT)の仕組みについて

テザーは、ドルをペッグ通貨とする法定通貨担保型のステーブルコインです。そのため、市場に流通するテザー分だけのドルを担保として保有する必要があります。

テザーの発行はTether Limited社が行っており、Proof of Reserveと呼ばれる独自システムを導入しています。

このシステムでは、ユーザーがドルを入金することでTether Limited社側も同等枚数のテザーを発行します。ユーザーの入金したドルはTether Limited社によって保管され、ドルとの価値が一定となる効果を有します。

テザーへの人気は厚く、日に日に発行量は増加の一途を辿っています。さらに、ユーザーへの信頼獲得のためにも保有しているドル(準備金)の量を公開しています。

テザーのUSD残高については、公式ホームページの「透明性」の項目で確認可能です。

主流なステーブルコインは法定通貨担保型を採用している?

テザーに関する仕組みでも説明したように、ステーブルコインの上位シェアを取っている銘柄は法定通貨を担保としているケースが多いです。

先ほどもご紹介したように、

・ユーエスディーコイン(USDC)

・パクソス(PAX)

・トルゥーユーエスディー(TUSD)

の3銘柄は、法定通貨を担保資産としています。

通貨名担保としている法定通貨
USDC米ドル
PAX米ドル
TUSD米ドル

の3銘柄は法定通貨を担保としています。

ただし、ステーブルコインの市場シェアで5位にランクインした「DAI」はドルと同じ価格連動を実現しながらも、価値の補償に違いがあります。

というのも、DAIでは「Maker」と呼ばれる仮想通貨にイーサリアムを担保として預けています。DAIはイーサリアムを資産として預け、Makerのブロックチェーン上にて契約・管理が実行されます。

ブロックチェーンによって資金の透明性を上げることで、ドルとの価格連動が実行しやすくなっているのです。

以上のことからも、人気なステーブルコインは法定通貨を担保としているケースが多いことが分析できます。

まとめ

今回は、ステーブルコインの基礎的な仕組みから担保に着目した 各種類について詳しく解説しました。

ステーブルコインはペッグとする資産を中央集権的な組織や企業によって保管することで、価値の裏付けを行っています。ユーザーとしては、企業の保管する担保資産の透明性を確認しておくことが大切です。

ステーブルコインを取り巻く全体的な状況としては、テザーの人気が圧倒的なことも分かりました。今後、ステーブルコインを保有する際の目安として、代表的な銘柄の知識は最低限抑えておいてくださいね!

ところで「ビットコイントレードがお得な海外取引所を知りたいなあ。」という人は【損しない】仮想通貨のおすすめ海外取引所の記事をどうぞ。