仮想通貨なのに法定通貨?ステーブルコインとは何かを解説【ニュースがわかる】

仮想通貨なのに法定通貨?ステーブルコインとは何かを解説【ニュースがわかる】

「仮想通貨って価格変動が激しいイメージがあるけど、価格が安定しているコインってあるのかな?」

「ステーブルコインと呼ばれる仮想通貨であれば、価格が安定しているから値動きを気にせずに済むらしいけど…実際は、どうなんだろう?」

仮想通貨のボラティリティは、一度でもこの市場に参加したことのある方であれば承知のことだと思います。

事実、一日で数%から10%以上のボラティリティが起きることも稀ではありません。そんな中、ステーブルコインと呼ばれる価格変動のリスクを抑える仮想通貨が発行されています。

当記事では、ステーブルコインの概要や安全性、注目の通貨について詳しくご紹介します。ステーブルコインの概要を抑えることで、ビットコインなどの主要通貨意外にリスクヘッジとして保有できる銘柄が見つかることでしょう。

ステーブルコインとは何か?

ステーブルコインは、価格の安定化を目的に設計・開発された仮想通貨のことを指します。

従来の主要通貨であるビットコインやイーサリアムなどは、為替市場や株式市場などと比較してもボラティリティが非常に高い特徴がありました。

これは、市場参加者の少なさや新興技術を取り入れたデジタルマネーであることから、特異な値動きをするとして分析できます。そして、このような背景は送金や決済手段として使用するにはデメリットとなっていました。

それゆえ、ステーブルコインのように価格の安定化を第一とした仮想通貨が誕生するキッカケになったのです。

ステーブルコインは英語では「Stable Coin」、日本語に直訳すると「安定した仮想通貨」と訳されます。ただし、価格を釘で固定するように安定化できることから、別名では「ペッグ通貨」とも呼ばれています。

また、ペッグには価値を安定化させるために、他の基軸通貨の価格と連動する仕組みがあることも意味として含まれています。

ステーブルコイン(ペッグ通貨)には担保を必要とするコイン、必要としないコインもあり、多様な仕組みでステーブルコインとしての機能を有しています。

ステーブルコインの仕組み

ステーブルコインは種類によって仕組みが異なります。

一番代表的なUSDT(テザー)はテザー社の保有する口座1ドルがUSDT1枚と紐づくことで価格が連動しています。

しかし種類ごとに仕組みが異なるため、どうやって動いているのかもう少し気になる人は【一番わかりやすい】ステーブルコインの仕組みを噛み砕いて解説してみたを読んでみてください。

ステーブルコインの安全性について

ステーブルコインは価格の安定化のために開発された通貨であることはお分かり頂けたと思います。

ボラティリティの激しい仮想通貨に、価格が安定している通貨があることは利便性の点で助かります。

とはいえ、ステーブルコインの安全性についても気になるところです。

そこで、

・発行元が中央集権的であること

・価値のうら付けとなる資産があるか?

・マネーロンダリングへの悪用

上記の3つの要点を絞って解説します。

発行元が中央集権的である

ステーブルコインは、価格を安定化させるために法定通貨の価格と連動する通貨があります。

この際、法定通貨を担保とするので発行元が中央集権的にステーブルコインの管理を行うことになります。

確かに、価格が安定化することはメリットとなりますが、発行元への信頼性ありきでの話になってしまうのです。

仮に、発行元のデフォルトや不正、ハッキング被害等が起きた場合は無価値になってしまうことも考えられます。仮想通貨市場においても安全資産として保有していたとしても、リスクが完全に排除されている訳ではないことを理解しましょう。

裏付けとなる資産が本当にあるのか?

ステーブルコインの安全性懸念の一つに、価値を保証する裏付け資産があるのかという疑惑があります。

例えば、ドルを担保に発行されているテザー(Tether)は疑念の目を向けらている通貨の一つです。

メディアや新聞では、「テザー疑惑」としても報道されており、完全な問題解決にまでは至っていません。これは、中国のマネー流出を防ぐために講じた厳しい規制による反動が大きいとされています。

つまり、中国当局による仮想通貨市場の引き締めは中国人投資家を海外取引所へと押しやることになりました。そして、ビットコインの直接売買が禁じられている彼らはテザーを入手してビットコインや他の仮想通貨を購入するようになったのです。

その際、世界的にも主要な取引所であるbitfinex(香港を本拠地とする仮想通貨取引所)などは、グレーな投資の抜け道として活用されていたと疑われています。

さらに、テザーを発行するテザー社とbitfinexのCEOは同じでもあり、日を追うごとにテザーの発行枚数は激増しています。万が一、担保資産として発行量に応じたドルがない場合は仮想通貨市場にとって大きな危機にまで繋がると言われているのです。

現在のところ(2020年5月)、中国マネーが仮想通貨市場へ入ってきています。ですが、テザー疑惑が真実であれば中国マネーの撤退と同時に仮想通貨市場にとっては痛手となることでしょう。

マネーロンダリングに使用される懸念

ステーブルコインは犯罪組織などによるマネーロンダリングとして利用されることもあります。

そもそも、マネーロンダリングとは不正入手した資金を隠しながら移動させることです。ステーブルコインは価値が安定していること、送金スピードが早く、低コストな特徴があるため、悪用されてしまうケースも度々あります。

マネーロンダリング対策について、今後の解決策を考える必要性があります。

注目されているステーブルコインの銘柄を紹介

続いて、世界中の仮想通貨投資家に注目されているステーブルコインについて幾つか紹介します。

取引所やテック系企業などが開発に携わっていることもあるので、チェックしてみてくださいね。

BUSD

BUSDは、仮想通貨取引所であるバイナンスが米ドルをステーブルにして発行したコインです。

バイナンス単独による発行ではなく、ステーブルコインを扱う信託会社であるパクソス・トラスト・カンパニーと提携した上で発行しています。そのため、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)からの認可も下っており、準備金の確保できています。

BUSDの発行によって、取引所内での使用機会の増加やブロックチェーン業界全体における金融サービスの拡充が期待されています。

Libra

Libraは大手SNSサービスである「Facebook」が開発したステーブルコインで、、価格変動を抑える目的のために開発されました。

Libraの特徴的な点としては、一つの法定通貨を裏付け資産としていないことです。具体的には、ドルや円、ユーロなど様々な法定通貨にペッグする設計が施されています。

よって、投資や投機的な側面を排除し、実用性を重視した開発が進められました。

ただ、各種法定通貨とのペッグ的役割であるならばLibraの必要性はないでしょう。そこで、Libraが進めるプロジェクトは個人がデジタル通貨を用いて保管や管理を行えるウォレットの導入を進めています。

世界的な規模で推し進めようとしており、クレジットカード会社や通販サイト、電子決済サービスを提供する会社との提携も進んでいます。

Libraの場合、GAFAの一つとも言われる世界的なテクノロジーカンパニーが開発を進めていることもあり、期待の声もある一方で、規制当局による厳しい批判もあります。

ただし、Facebookの抱えるユーザーや世界中で銀行口座を持たない人がいることも踏まえると、Libraの果たす役割は大きいと判断できます。

ZEN

ZENはブロックチェーン推進協会(BCCC)によって開発されており、日本円と連動したステーブルコインとして誕生しました。

ZENの主な使用ケースとしては、企業間における仮想通貨利用の普及で1ZENあたり1円の価格に安定化させることを目的としています。

ブロックチェーン推進協会(BCCC)は15日、2019年前半に日本円と連動した仮想通貨「Zen」の社会実験の第二フェーズを行うと発表し、仮想通貨交換業者のビットポイントジャパンが参加することを明らかにした。

BCCCが手掛ける仮想通貨Zenは、企業における仮想通貨利用を促進するために開発が進められているもの。

Zenの発行体であるBCCCが1Zenを1円で常に買いを入れることで、1Zen≒1円で為替を安定させる仕組み。

2017年に発表し、同年7月から11月にかけ、テックビューロなどが参加して社会実験を行いました。

2017年まではイーサリアムネットワーク上での実験が行われていましたが、2019年からはパブリックチェーン上で実装されています。

企業の決済手数料の低コスト化や送金コストの低減を目標としており、日本のブロックチェーン企業をはじめ、各企業の参加を呼びかけています。

派生していくステーブルコイン

ステーブルコインは法定通貨ベースに限らずどんどんと派生しており為替FX業界の商品ラインナップへと近づきつつあります。

ここで紹介したステーブルコインは全体のごく一部です。

法定通貨を担保にしたステーブルコイン、仮想通貨を担保にしたステーブルコイン、貴金属を担保にしたステーブルコインなど幅は広がっています。

さらに種類は増えていくことでしょう。

ステーブルコインの種類に関してもう少し知りたい人は最低限おさえておきたい!ステーブルコインの種類と詳細を解説を読むことをおすすめします。

ステーブルコインで利益は狙えない

ここまでの解説を読めばステーブルコインで利益を出すことはできないことがわかるかと思います。

法定通貨や他の安定した銘柄と連動していることを踏まえるとそこから利幅を得ることはまず難しいです(為替FXのように大きなレバレッジをかけられるなら別ですが)

とはいえ全くチャンスがないわけではありません。時期によって必ずしもベースとなる通貨と連動していないタイミングがあり、そこを狙えば利益を獲得できることでしょう。

ステーブルコインは儲かりません【利幅は狙える】でもより詳しくステーブルコインで利益が欲しい場合のことを解説しています。

ステーブルコインはBTCにどんな影響を与えている?

ステーブルコインは仮想通貨市場の主要通貨であるビットコイン相場にも影響を与えています。

特に、相場環境によってステーブルコインのビットコインへの影響は強く出ています。

例えば、ビットコイン市場が暴落をした際にリスク回避のために安全資産としてステーブルコインへの需要が増加する場合です。

大口投資家が資産の避難先として投資することで、ビットコインの暴落とステーブルコイン価格の上昇という現象がしばし起こっています。

加えて、金融市場全体が弱気相場に入っている際に中国やアジア圏、南米圏などの国々で法定通貨のドル化が進んでいます。

弱気相場では仮想通貨が買われる印象が強いですが、ドルとのペッグ通貨であるテザーなどは人気が高くなる傾向にあるようです。

まとめ

今回は、ステーブルコインの基礎的な概要から安全性、注目されている仮想通貨についてご紹介しました。

ステーブルコインは、ボラティリティの高い仮想通貨市場において唯一、価格が安定している通貨です。価値を担保する資産を用意することで、価値を連動させて利用することができます。

その上、市場次第ではビットコイン価格との逆相関も発生しています。

もちろん、テザーのように需要はあるものの本当にドルが準備金として用意されているか、疑惑の声もあります。ステーブルコインへの投資・保有をお考えの方は、担保とする資産や情報を随時確認してみてくださいね。

ステーブルコインの保有に興味を持った人は初心者であったとしてもおすすめできる取引所を紹介した、【国内は不可】ステーブルコインにおすすめの取引所とはの記事を参考にしてみてください。

ところで「ビットコイントレードがお得な海外取引所を知りたいなあ。」という人は【損しない】仮想通貨のおすすめ海外取引所の記事をどうぞ。