【不労所得】ステーキングって何?なぜ仮想通貨がタダで貰えるのかわかる

【不労所得】ステーキングって何?なぜ仮想通貨がタダで貰えるのかわかる

「ステーキングで定期的に仮想通貨がもらえるらしいけどなんか怪しい。どうなっているの?」

「ステーキングに興味はあるけれどなんなのかよく分からなくて手をつけていない。どういうものか知りたい」

結論からいうと、ステーキングとは仮想通貨を保有すること自体がネットワークへの貢献へとつながり、その報酬として仮想通貨を受け取ることができる仕組みのことです。

ここで「仮想通貨を保有しているだけでネットワークへ貢献できるって一体どういうことなんだ」と不思議に感じる人もいるでしょう。

この記事ではステーキングの基本から報酬がもらえる理由を腑に落ちる形で解説していくことを目指して解説しました。

ステーキングとは仮想通貨ネットワークへの貢献方法の1つ

大前提として、全ての仮想通貨はおおざっぱに “自動的な仕組み” によって作動しています。

ご存知のようにビットコインも “自動的な仕組み” をもっており、世界中の不特定多数の人が自発的に参加することで動いています。

ビットコインの場合は決まった計算式から答えを導き出すこと(イコール、マイニングのこと)で承認者となり、ビットコインでのやり取りの履歴をブロックチェーン上に刻んでいきます。

このことによってビットコインは運営し続けることができます。

一方でマイニングとは異なり、ステーキングの場合は、保有している仮想通貨の量の分だけ、承認者として当選しやすくなります。承認者となったらステーキングの仮想通貨でのやり取りの履歴をブロックチェーン上に刻んでいきます。

ビットコインの場合は、答えを導き出した一人のみに報酬が配布されるのと異なり、ステーキングの仮想通貨の場合はその保有量に応じて”全体に”報酬が配布される仕組みとなっています。

ビットコインは計算処理を専用のコンピュータに任せており、大量の消費電力量が伴います。

ステーキングは仮想通貨そのものの量(保有年数なども加味した係数を使ったり)に任せており、消費電力量とは無縁です。

ステーキングに参加するのに必要最低限のコンピュータースペックがあれば十分です。

保有すればするほど不労所得となる

つまり、ブロックチェーンに取引履歴を刻める承認者として当選しようとしまいが、ステーキング対応の仮想通貨を保有しているだけで報酬を得ることができます。

イーサリアムのように頻繁にアップデートして仕様が変わったり、はめ込み型の詐欺仮想通貨のようにどこかで手仕舞いしてしまうような仮想通貨でなければ不労所得のように仮想通貨をもらい続けることができます。

ステーキングでユーザーはマイニングをしていないのになぜ報酬が貰えるのか

勘のいい方であれば、ステーキング対応の仮想通貨を保有しているほど報酬が貰えるのはわかったとして、ステーキングを実際に行うためのマイニングのアクションを起こしていないのになぜ報酬が貰えるのか疑問に感じた方もいるでしょう。

実際、その通りで例えばLISKのステーキング報酬などは自分がLISK専用ウォレットで自分からステーキング活動に参加しない限り報酬をもらうことはありませんでした。

答えはシンプルで取引所側(ウォレット側)が代理で行なっているからです。

今でこそ、国内取引所のコインチェックなどに保有しているだけでステーキング報酬がもらえます。

従来はステーキング代理専門の会社まで出てきましたし、自分でするか代理マイニングをしない限りはもらえませんでした。

取引所側が代理でステーキングのマイニングへ参加することによってユーザーは報酬がもらえます。

ステーキングの仮想通貨はインフレしやすい

ステーキングで不労所得のように仮想通貨がもらえることは良いことですが、実は良いことばかりではありません。

ステーキングするということは仮想通貨を新たに発行するということになります。

つまり、発行すればするほど全体の枚数は増えますので増えた分だけ通貨の1枚あたりの価値は下がってしまいます。要するにインフレーションが起こります。

例えば1枚1万円の仮想通貨が100枚しか発行されていないとしましょう。そこから大幅に増やして1000枚に増やすと単純計算で1枚あたりの価値は1000円にまで落ちてしまいます。

もちろんそのように単純な下がり方はしませんが、従来と同じ流動性のまま仮想通貨の枚数だけが増えた場合、投資環境との兼ね合いと共にその分だけ価値は下がります。

ステーキングの仮想通貨を保有して不労所得、と行きたいところがもらった仮想通貨の分だけ価値が下がってしまったら元も子もありません。

EOSはインフレ率を調整している

そのため、インフレ率について事前に調整もしくは何らかの対策を打っている仮想通貨も少なくありません(そうでない仮想通貨は危ないかもしれません)

EOSに関しては最高インフレ率5%で調整していました(現在は年間1%へ調整されました)

ステーキングは美味しい話ばかりが多いですが過剰にインフレしておりインフレ未満しか報酬がもらえない仮想通貨であれば避けておきましょう。

どの仮想通貨でステーキング報酬をもらうべきか

「じゃあ一体どれなら良いんだ」

と思う方もいるかと思います。この疑問に関しての答えは未来予測ができない限り難しいです。

ただし、大手企業の取引所が取り扱っている仮想通貨であれば変な仮想通貨が紛れにくいため初めての人は大手企業の取引所のステーキングから狙うと良いでしょう。

具体的にはBINANCEが無難です。

ステーキングはかなり簡単に始められる

BINANCEであれば預けるだけで始めることができます。さらに年間報酬の目安も記載されています。

まずはステーキングページを開き、「Deposit」を開きます。そして資産を預けるだけで始めることができます。

とても簡単ですね。

取扱い銘柄もプロダクトや知名度、時価総額のボリュームのある程度あるものに絞られているため詐欺銘柄である可能性は低いでしょう。

BINANCEのステーキング公式ページ

ステーキングの種類は派生していっている

ステーキングとひとえに言っても色々な種類があります。基本的には仮想通貨の保有量すなわちユーザーの何らかの権利となります。

もっとも基本的なステーキングは保有量イコール、マイニング量のものになります。

変わったものであると仮想通貨の保有量が投票枚数となるLISKのような仮想通貨となります。

他にはステーキングの他に開発者や貢献者(バリデータ)を中心に報酬が分配される類のステーキングなどもあり、同じステーキングでも内容は仮想通貨によって微妙に異なります。

そのため、長期保有を検討する仮想通貨があるのであればその通貨のステーキングについて個別に調べて見ると良いでしょう。

まとめ

ステーキングは美味しい話ばかりではなくインフレ率との兼ね合いも検討しなければなりません。

そうしたことも踏まえて取引所を経由して始めると良いでしょう。

ただ預けるだけで始めることのできるBINANCEのような取引所があるため積極的に利用していきたいところです。