ビットコインで人気のトレード手法まとめ【初心者おすすめ】

ビットコインで人気のトレード手法まとめ【初心者おすすめ】
この記事をかいた人

0.9円のリップルを買って最高6000万円まで資産を築く→投資金を全て失い辛酸をなめる。投資歴4年目。釣りにハマっています。現在は"生き残るためのトレード"をエリオット波動の分析で確立して利益を出せるように。
    初心者A
    ビットコイントレードを始たいけど、具体的なトレード手法が分からない
    初心者B
    ビットコインのトレード手法にはどんな種類があるのだろう?

    こんな風に、ビットコインのトレード手法が確立していない状態ではありませんか?

    ビットコインは歴史の浅い投資対象の通貨ですが、個人投資家だけでなく資金を多く持っている大口投資家の参入も増えていることで、テクニカル分析などのトレード手法が通用しやすくなっています。

    そこで、過去に仮想通貨で6000万円を失う悔しかった経験をもとに3年間、仮想通貨のトレードを研究してきた筆者がビットコイントレードにおいて有効的なトレード手法について詳しく解説

    当記事を読めば、実践的なトレード手法を知るだけでなく、あなたのトレード手法確立のポイント、注意点も理解できるはずですよ!

    多くのトレーダーが活用しているビットコインのトレード手法について一挙公開!

    はじめに、ビットコイントレードにおいて多くの投資家が活用している「トレード手法」について解説します。

    ここでご紹介する手法としては、「テクニカル分析」を主体としたもの。

    ビットコインの値動きに対し、一定の条件を元に分析できるもので「トレンド系」や「オシレーター系」、その他に分類されるテクニカル分析があります。

    また、テクニカル分析とは対照的な「ファンダメンタル分析」もあります。

    しかし、ファンダメンタル分析は景気動向や財務諸表、銘柄に関するイベントによる分析を主体とするもの。
    ビットコイントレードにおいては、大幅な価格変動後に解釈できる傾向にあります。

    よって、ここでは頻繁にビットコイントレードで活用されているトレード手法(テクニカル分析)について解説します。

    • 移動平均線(トレンド系)
    • 一目均衡表(トレンド系)
    • MACD(トレンド系)
    • ボリンジャーバンド(トレンド系)
    • RSI(オシレーター系)
    • ストキャスティクス(オシレーター系)
    • エリオット波動(その他)
    • フィボナッチリトレースメント(その他)

    と、単体・複数の組み合わせでの分析を行えるため、上記のトレード手法についてチェックしてみてください。

    基礎を抑え、上記の手法を試していくことで必ずご自身と相性の良い手法を見つけられるはずですよ。

    「トレード手法」は「短期・中期・長期」のいずれでも活用できる?

    いずれのトレード手法も短期・中期・長期といずれの期間であっても通用する手法です。

    リスク・リターンを考慮してトレードするためにも、手法だけに着目するのではなく、資金管理やご自身のトレードにおける時間軸もトレードの要素として十分に考えておくのがおすすめです。

    移動平均線

    移動平均線は、ローソク足に沿って前後するようなラインを引けるトレンド系のテクニカル分析

    この手法では、一定期間における価格の終値同士を平均化したものを一本の折れ線にして繋ぎ合わせています。

    そのため、画像のように「9日」「25日」などの期間ごとに設定することで、短期から長期におけるトレンドの分析が行えるのです。

    移動平均線を用いた売買手法としては、短期線、中・長期線におけるゴールデンクロス・デッドクロスと呼ばれるもの。

    短期線が中・長期線を上抜け(ゴールデンクロス)、下抜けしたタイミング(デッドクロス)でのエントリーとなります。

    また、基本的には単純移動平均線(SMA)が使用されていますが、直近価格をより意識した指数平滑移動平均線(EMA)や加重移動平均線(WMA)もあり、売買シグナルやトレンド転換を見つけるのにも活用できますよ。

    実践的な方法に関しては【現役トレーダー解説】仮想通貨で移動平均線を使ってチャートを予測する方法で解説しています。

    一目均衡表(雲)

    一目均衡表は、世界中で使用されているトレンド系のテクニカル分析で、「いちもくさんじん」を名乗る日本人によって考案されました。

    相場を形成する買い・売りの均衡に着目した独自の分析手法で、「価格の上昇・下降がどちらに優勢であるかを一目で把握できる」ことに重きを置いています。

    よって、上記の画像のように一目均衡表では「基準線」「転換線」「先行スパン」「遅行スパン」と呼ばれる線から分析。

    基準線相場における中期的な方向性を示すもので、過去26日間における最高値・最安値の平均値をとる。
    転換線相場の短期的な方向性を示すもので、過去9日間における最高値・最安値の平均値をとる。
    先行スパン先行スパンには、「先行スパン1」「先行スパン2」を用い、現在の値動きから未来においてどのような値動きに発展するかを推測可能。
    先行スパン1においては、過去26日間における基準線・転換線の平均値を26日先行したもの。
    他方、先行スパン2においては、過去52日間における最高値・最安値の平均値を割り出し、26日先行している。
    両方の線には帯状の空間ができ、「雲」が出現します。
    遅行スパン遅行スパンは、当日価格と26日前の価格を比較するために用いられ、当日の終値が26日前に表示されます。

    一目均衡表は、各パラメーターによって細かな分析が可能ですが、ベースとなる指標は「基準線」と「転換線」となります。

    例えば、基準線が上向きであり、ローソク足も上を向いている場合は上昇トレンドの発生・継続を示すもの(逆も然りで、その場合は下落トレンド)。

    また、転換線と基準線が交差する箇所では、今までのトレンドが終了する可能性も検討できます。

    その他、先行スパン/遅行スパンにおいても各線の上下を行き来するローソク足の形状によって、売買チャンスを見つけられますよ。

    実践的な方法は一目均衡表(雲)を使ってビットコインの価格予測をする方法が詳しくなっています。

    MACD

    MACDは、指数平滑移動平均線(EMA)から算出した「MACD」と、MACDを応用したシグナルライン「MACDシグナル」を用いることで相場のトレンドを分析できる指標(トレンド系のテクニカル分析)

    上記画像にもあるように、チャート下方に「直近12日分の短期EMA」「直近26日分の中期EMA」を差し引いた青色の「MACD」を表示。

    そして、MACDをさらにEMA化した「MACDシグナル」をオレンジ線にて表示しています。

    トレードへの活用方法としては、MACDがMACDシグナルを上抜けする「ゴールデンクロス」、MACDがMACDシグナルを下抜けする「デッドクロス」があります。

    相場のトレンドを読み解き、トレンド発生や転換点でのエントリーに強い特徴を活かすのがおすすめ。

    因みに、MACDとMACDシグナルラインとの乖離を示す「ヒストグラム」も上下に連なっています。

    これは、シグナルの乖離・縮小からいち早くトレンドの転換ポイントを探れる機能ですよ。

    実践的な方法は【現役トレーダー解説】仮想通貨でMACDを使ってチャートを予測する方法が詳しくなっています。

    ボリンジャーバンド

    ボリンジャーバンドもビットコイントレードにおいてトレンドを抑えるため、多くのトレーダーが活用する分析手法の一つ。

    特徴として、移動平均線をベースとし、上下2本ずつに標準偏差を計測したラインを表示しています。

    上記画像でいうと、オレンジ線は基準となる移動平均線となり、上下の青・黄色ラインが標準偏差を取った線。

    標準偏差は+1σ、+2σ、−1σ、−2σとバンドを形成し、ローソク足の終値を元にバンドの縮小・拡大を狙ったエントリーをします。

    一般的に、バンドの縮小時は価格が大きく変動する前のレンジ相場であり、バンドの拡大はトレンド発生中であることを意味します。

    ですから、順張り・逆張りであっても適宜、トレンド分析をして売買チャンスを見つけることができますよ。

    詳細記事を貼っておきます。

    【現役トレーダー解説】仮想通貨でボリンジャーバンドを使ってチャートを予測する方法

    RSI

    RSIは、売買の過熱感から売買チャンスを探せるオシレーター系のテクニカル分析。

    しばし激しいボラティリティ(価格変動)が発生するビットコイントレードにおいて信頼を寄せられるトレンド手法の一つとして人気です。

    RSIの算出される指標としては、一定期間における(デフォルト設定値は14日)全体の値幅から上昇分の値幅を用いて算出したもの。

    上昇分・下落分の強さを「%」で示し、主に「30%付近」では下落が強い傾向にあり、「70%付近」では上昇の勢いが強い傾向を示しています。

    このように、値動きの強さ・弱さを計算式から算出することでトレードに活用できるのです。

    より詳しく知りたい人は下の記事を参考どうぞ。

    【現役トレーダー解説】仮想通貨でRSIを使ってチャートを予測する方法

    ストキャスティクス

    ストキャスティクスは、RSIと同じくして相場における買われ過ぎ・売られ過ぎを分析できるオシレーター系テクニカル分析。

    RSIとは計算式が違い、当日終値と一定期間の最安値、一定期間の最高値と最安値を引き算したものから割り出す「%K(パーセントK)」。

    及び、算出した「%K(パーセントK)」から一定の期間で移動平均化した「%D(パーセントD)」によって分析が行われます。

    そのため、「%K(パーセントK)」はファーストストキャスティクス、「%D(パーセントD)」はスローストキャスティクスとも呼ばれ、両者を判断ラインとして、売買の強弱を察知できるのです。

    具体的な使い方としては、両方の線が「80-100%」以上であれば買われ過ぎ、「0-20%」以下であれば売られ過ぎという判断が可能。

    加えて、買われ過ぎ・売られ過ぎの位置において、ファーストストキャスティクスがスローストキャスティクスと交差する箇所はトレンドの転換点とも捉えられますよ。

    仮想通貨でストキャスティクスを使ってチャートを予測する方法で詳しく解説しました。

    エリオット波動(エリオットウェーブ)

    その他、ビットコインのトレードにおいて重宝されているテクニカル分析に「エリオット波動」があります。

    エリオット波動では、相場の上げ下げを形成される「波形」に注目して分析します。

    上記画像では、上昇時に形成されやすい「インパルス」と呼ばれるもので、一般的な上昇トレンドにて出現しやすいです(急勾配な下落においても見られる)。

    他にも、

    • ダイアゴナル
    • ジグザグ
    • フラット
    • トライアングル
    • 複合修正波

    と呼ばれる種類があり、波形から大まかな価格予想が行えるのです。

    トレードにおけるチャートパターンのシナリオを考察できるので、相場の値動きに対する心理的な事前準備ができますよ

    実践的な方法は【使い手が解説】ビットコインのエリオットウェーブ(エリオット波動理論)の分析で将来を分析が詳しくなっています。

    フィボナッチリトレースメント

    フィボナッチリトレースメントは、イタリアの数学者である「レオナルド・フィボナッチ」によって発見されたもので、「相場の戻り」がどれくらいになるかを予測し、トレンドの把握からエントリータイミングを見計らうことができる分析手法。

    フィボナッチリトレースメントには黄金比が設定されているため、各戻しのポイントから相場の転換点や順張りをするタイミングまでチェックできます。

    参考までに、黄金比には下記のような目安ラインがあります。

    • 23.60%
    • 38.20%
    • 50.00%
    • 61.8%
    • 78.6%
    • 123.6%
    • 138.2%
    • 161.8%

    相場を動かす機関投資家も注目している指標であり、多くの投資家が参考にしているため目安となるポイントで、価格の大きな動きを捉えられますよ。

    実践的な方法は【自然界の法則】仮想通貨(ビットコイン )をフィボナッチで価格予測する方法に載っています。

    何から始めるべき?初心者がビットコイントレードで結果を出すために抑えたいこと

    ここまで、ビットコイントレードにて活用できる「トレード手法」について解説しました。

    非常に多くのトレーダーが意識している指標であり、ビットコイン相場を長く見てきた(3年以上)筆者も幾つかの分析手法を多用しているほど。

    とはいえ、初心者の方にとっては具体的に何を学び、どうしたらトレード上達出来るか分からないですよね。

    そこで、初心者におすすめするトレード上達までのステップについて詳しくご紹介します。

    ビットコインにおける値動きの特徴を抑える

    まず、ビットコイントレードを始める人が知っておくべき前提情報として、「ビットコインの値動き」について。

    株や為替と比較しても圧倒的に高いボラティリティを誇るのがビットコイン。

    上記画像は、2020年3月15日から2021年3月15日の期間におけるビットコインチャートですが、実に9.6倍もの価格上昇が起きました。

    たった1年でこれほどの価格上昇が起きていることは驚愕であり、当該期間中における細かな値動きに関しても大きな変動が起きています。

    値動きの大きさから把握しておくべきことは、リスクを取り過ぎる資金管理(資産の全額投資や高いレバレッジ取引、損切りできない)や戦略のないトレード(値ごろ感での空売りなど)は相場から「退場」してしまう危険性もあるということ。

    ビットコインはボラティリティの激しい通貨であることを覚えておきましょう。

    ビットコイントレードで活用できるトレード手法を実践してみる

    続いて、先ほどご紹介したトレード手法の中から、幾つか実践してみましょう

    この段階では、幾つかのトレード手法について学びを深めながら、使ってみたい分析を活用するだけで大丈夫です。

    「トレンド系のみ」「オシレーター系のみ」「トレンド系・オシレーター系の組み合わせ」など、単体・複数種類で検証してみると、それぞれの相性や使いやすさを実感できるはず。

    自分に相性の良い手法を見つけるまでは時間が掛かるものなので、少額の資金で始めるのがおすすめです。

    その上で、ご自身のトレードスタイルや分析している着眼点が合致する手法を見つけられると、分析がしやすく、結果も出やすいですよ。

    NAO
    私自身、トレード手法の精度を高めるためにもトレードで得た気付きは随時、メモに取っています。

    トレード手法の甘さや分析に対する勘違い、資金管理、メンタル面での課題など、総合的に自分の課題を発見できる強みがあります。

    また、過去のチャート検証とメモを照らし合わせることで自分の弱点を知り、次に活かすようにしていますよ!

    トレードの検証を積み重ねて精度の高い手法にする

    最後に、「これだ!」と決めたトレード手法に基づいて徹底的に検証を積み重ねながら「分析の精度」を高めましょう

    基本的に、自分に合いそうなトレード手法を確立できれば、「エントリーから利益を乗せられるタイミング」はほぼ間違いなく訪れます。

    問題は、早計な判断によるエントリーや分析ミスによる「エントリーミス/損切り」が起きること。

    これらのミスを減らし、相場で利益を乗せられるようにするためにもトレード手法の検証を積み重ねて、精度の高いものにしましょう。

    客観的に自分の分析を見直せる?TradingviewやTwitterも活用してみる

    トレード手法について学ぶうちに、自分の分析手法に自信を持てるようになる一方、過信してしまい大やけど(資金を大きく減らす)してしまうことがあります。

    ですから、客観的に自分のトレードを分析することは大切で、高性能チャートである「Tradingview」や「Twitter」などのSNSを活用してビットコイン分析を見るのもおすすめ。

    上記、2つの活用法について詳しく解説します。

    Tradingviewを用いてトレーダーのビットコイン分析を確認

    Tradingviewでは、世界中の投資家・トレーダーによるチャート分析に関する考察が投稿されています。

    上記画像のように、公式サイトの「マーケット」情報から「仮想通貨市場」、あるいは検索欄にて「BTC」と入力するとトレーダーによる分析を確認可能。

    もちろん、日本人だけでなく世界中のトレーダーによるチャート分析も覗けるので、他の人がどのような視点でチャートを見ているのか分かる強みがあります。

    利用してみると分かりますが、それぞれのトレーダーがチャートに思い思いの分析をしているので、自分の分析と比較してトレードに役立てられますよ。

    時に、トレード手法の確立は過剰な自信を持ってしまいがち。

    反対意見の分析こそ、「なぜ、そのような分析になるのか?」を考えるキッカケとなります。

    Twitterを用いてビットコイントレードを有利に

    ビットコイントレードをする上で、Twitterでの情報取得は大きな武器となります。

    • 著名トレーダーによる分析
    • ビットコイン/仮想通貨市場に関する速報
    • ビットコインに影響を及ぼすとされる懸念
    • 一般人によるビットコインへの興味関心

    と、Twitterではビットコインに関する様々な情報が呟かれています。

    ビットコイン価格の大暴騰や大暴落が起きる予兆や相場を動かすとされる直近の懸念事項など、トレードにおける情報をいち早く察知できるので、定期的にチェックしておくのがおすすめです。

    Twitterを駆使したビットコインの分析は簡単で、検索フィードに上記画像のようなワードを打ち込んでみましょう。

    筆者の個人的な見方として、「ビットコ」「ビットコインfx」のワードを打ち込む人はビットコイントレードに本気な方が多い印象

    とても明晰な分析をされる方もいるので、自分の分析をしっかり見直せますよ!

    依存注意!人の分析はあくまで参考程度に見るべき理由

    Tradingview・Twitterを活用して誰かの行ったビットコイン分析が見れることについて解説しましたが、注意点もあります。

    それは、あまりに他人の分析を参考にしてしまうことで、自分軸でのトレード手法が揺らいでしまうこと。

    後で振り返ると、自分の分析が正しかったのに他人の分析を鵜呑みにしてしまい、トレードが失敗してしまう場合もあります。

    ゆえに、基本は自分のトレード方法を軸にし、あくまで「他の人は今の相場をこんな風に捉えているんだ」ぐらいの気持ちで活用すると良いですよ。

    (資産0になる可能性アリ)トレード手法より大切なこと

    ここまで、ビットコインのトレード手法からプラスアルファで自分の手法を見直せる方法について解説しました。

    が、トレード手法よりももっとも大切なことは”資金管理”と”損切りする能力”、”高すぎないレバレッジ”です。

    おそらく、強制ロスカットや資産の大部分を失うような損切り経験がない方にとっては、「自分は大丈夫」と思われているでしょう。
    *実際、ご自身で上記のルールを徹底されているのであれば、読み進める必要はありません。

    しかし、ビットコインのように激しく動く通貨では少しの判断ミスが命取りになります。

    1日先の値動きをズバリ当てることができても、資金管理や高すぎるレバレッジによって短期の相場で資金を一気に減らす、場合によっては「0」にしてしまうことすらあるのです。

    偉そうなことを言っていますが、筆者自身が経験したことであり、一度失った資金を元に戻すのは非常に大変。

    あなたには、筆者の二の舞にはなって欲しくはありませんので、トレード手法の前に「無理ない資金管理」「目安を決めたら徹底して損切り」「謙虚なレバレッジ」の3点を徹底してルール化してみてください。

    でなければ、あなたがビットコイントレードから退場する日はそう遠くはありませんよ。

    過去の失敗した経験をもとに記事をまとめたのでぜひ大損したくないって人は読んでみてください。

    【しくじり先生から学ぶ】ビットコイントレードで損を減らすコツ

    どのプラットフォームで売買すれば良いのか

    一つにはMT5が扱える取引所です。

    FXを昔からしている人にとってもMT5は馴染み深いものですが昔からあるため情報量も多くいろいろな分析も行うことができます。

    スマホであれば使いやすいですが高度な分析には向きません。パソコンから高度な分析はできますが操作を覚えるのに少し慣れは必要です。
    TradingViewで分析は行い実際の売買はMT5上。といった使い方もアリです。

    さて「じゃあ仮想通貨でMT5が扱える取引所はどこなの?」というところですが

    MT5を仮想通貨で扱える海外取引所まとめという記事にまとめています。

    まとめ 

    今回は、ビットコインのトレード手法について詳しく解説しました。

    株式や為替で活用されているテクニカル分析は、ビットコイン相場においても十分に活用できるものです。

    実際、多くのトレーダーが活用しており、TradingviewやTwitterなどのコミュニティサイトでは手法が明かされるほど。

    豊富なトレード手法がありますが、始めは一通りのトレード手法を試し、その上で自分のお気に入りを手法として深く落とし込んでみてくださいね

    尚、ビットコインのボラティリティは金融商品のなかで最も高い銘柄の一つ。

    リスクがあることを理解した上で、リスクへの向き合い方と売買チャンスを掴めるようにトレードを磨いていきましょう!