Uniswapって何?DeFi初心者にもわかりやすい解説

Uniswapって何?DeFi初心者にもわかりやすい解説

「Uniswapって何やら有名なDEXらしけど、詳しくは分からない」

「Uniswapってそもそも何だろう?」

こんな疑問はありませんか?

Uniswapは、2020年の夏頃から急激に取引量が増加している分散型取引所(DEXとも呼ばれる)です。

取引をコントロール・監視する管理者を置かずに、取引所に搭載されているだけで稼働する分散型取引所は注目を浴びており、今後の主流になる可能性もあります。

そこで、DEX業界の最先端を走っているUniswapについて詳しい概要を解説します。当記事を読むことで、Uniswapの特徴から基本的な仕組み、始め方等について理解できます。

難しい用語も多く、理解しにくい分野ですがなるべく分かりやすく解説するので、ぜひチェックしてみてください。

Uniswapの理解を深める前に「DeFi」についてのおさらい

では早速、Uniswapについて解説していきたいところですが、そもそもの前提知識としてDeFi(Decentralized Finance)についておさらいしてみましょう(*もし、Defiについての理解がある方は次の章に飛ばしてください)。

DeFiとは、仮想通貨の根幹的な技術であるブロックチェーンを活用して、金融に関する取引ネットワークを構築しているエコシステム全体を指します。

これだけですと、分かりにくいので取引所を例にして、イメージを膨らませてみましょう。

従来の取引所(仮想通貨取引や株式取引、為替ふく)を利用する場合、あなたは資産を預けておく必要があります。そして、取引をする度に、取引所の管理者によって取引の承認、透明性の維持、監視などが行われてきました。

一方、DeFiの概念を用いた分散型取引所では、独自のプロトコルを用いることで管理者が不在でありながら半永続的に運営される仕組みになっています。そのため、

資産を誰かに預けるのではなく、自分で資産管理から取引を行えるようになります。

このように、金融に関するサービスにおいてDeFiの開発は進んでおり、従来の金融エコシステムにおける課題を解決できる期待がされています。

主な課題解決が期待される点として、

・手数料の高さ

・中央集権化されたシステムの脆弱性

・取引所管理における諸処のコスト

等が列挙されます。

DeFiは分散型取引所だけでなく、アプリケーションなどにも実装されており、自分の資産は自分で管理できることを抑えておきましょう。

Uniswapって何?基本的な概要から特徴について3つを解説!

さて、前述したDeFiの知識を前提にUniswapについての理解を深めていきましょう。

この章では、Uniswapについて最低限抑えておきたいポイントを3つに厳選してご紹介します。

・Uniswapの基本的な仕組みについて

・Uniswapは大手取引所を抜くほどの取引高を誇る

・Uniswapは独自トークンもリリースしている

上記について、詳しく解説していきます。

Uniswapの基本的な仕組みとは?

Uniswapは、イーサリアムの根幹技術であるスマートコントラクトを用いたシステムで稼働しています。

特定のコントラクトアドレス(取引する仮想通貨の情報を集める機能がある)に、仮想通貨をプール(保管)することで、取引(uniswapではスワップと呼ばれる)が行えます。取引を実行すると、イーサリアムがブリッジ通貨として機能し、交換する仮想通貨分の価値がやり取りされます。

また、Uniswapにおけるコントラクトアドレスは流動性プール(流動性を生み出すプール)としても機能していることから、誰もが利用できます。

この流動性プールは、「在庫」とも呼ばれる仮想通貨を取引をすることで、Uniswapへの流動性をもたらします。そして、流動性を与えることでユーザーは、手数料の一部をインセンティブとして受け取れるようになっています。

それゆえ、仮想通貨を保有しており、Uniswapと連携できるウォレットがあれば取引、流動性提供、送金が行えるのです。

Uniswapは大手取引所を抜くほどの取引高を誇る

参照:Dune Analytics

Uniswapが注目されている理由としては、驚くほど勢いのある取引高の急増です。

上記の画像では、分散型取引所(DEX)全体の取引高、及び、マーケットシェア率を確認できます。

すると、Uniswapの取引高は全体的に群を抜いて高いことが分かります。目に見えて取引高が増加したのは、2020年7月頃からであり、2020年8月31日には1週間で約58億ドル程の取引が行われています。

他にも、Uniswapのマーケットシェア率は高く、2020年5月から統計地点の2020年10月までにおいて、30-70%のシェアを占めています。

このような事態は、Uniswapのプロトコル開発者であるHayden Adams氏をも驚かせており、大手取引所である「Coinbase」のプロ向け取引所「Coinbase pro」の1日当たり取引高を上回ることもありました。

このような取引高急増の背景としては、DeFiへの人気とUniswap上でユーザーが独自トークンを作成できることにあります。したがって、ユーザーはトークンの取引をして流動性を高められることから、Uniswapへ資金が流れやすい状況になっていると考察できます。

Uniswapの独自トークンとは?「UNIトークン」について

参照:CoinGecko

Uniswapは、2020年9月17日に独自トークンである「UNI」をローンチしました。

トークンの発行上限枚数は10億UNIとなり、2024年までにかけて徐々にリリースされると発表されています。

また、UNIトークンの使い道としては配分設定もされています。

・600,000,000億枚はUNIコミュニティへの配布

・393,101,000枚は4年間のロックアップを通じてチームと投資家に配布

・6,899,000枚は4年間のロックアップを通じてUniswapのアドバイザーへ配布

される予定です。

その上、UNIトークンを保有していることで流動性を生み出すプール(仮想通貨の保管先)を設置できます。これは、流動性マイニングとも呼ばれており、UNIトークンを保有していることで、流動性を生むこと(仮想通貨の取引承認を行う)から、利息と一定のUNIトークンが受け取れます。

現在、世界最大級の取引量を誇る「BINANCE」や大手取引所である「Coinbase Pro」でも、UNIトークンが上場しており、注目されているトークンであると解釈できます。

プロおに
UNIトークンの保有だけなら、大手取引所でも購入できるので入手も比較的簡単で良いぞ!

Uniswapを始めるのは難しい?少しでも簡単に始められる方法について紹介

読者の方には、Uniswapについて関心を持たれた方もいることでしょう。しかし、実際に、Uniswapを使ってみようとなると難易度の高さに驚きます。

軽く説明しますが、以下のようなステップでUniswapは利用できます。

1.日本円を用意する

2.国内取引所からイーサリアムを購入する

3.イーサリアムをwebで管理できるMetaMaskをダウンロード&ウォレット作成をする

4.イーサリアムをMetaMaskへ送金

5.Uniswapにアクセスして、MetaMaskと接続

6.イーサリアムを購入したいステーブルコインと交換

7.取引を実行して着金するのを待つ

という、過程を踏むので複雑すぎて始めにくいです。

そこで、おすすめな方法としては「BINANCEのSaving」を利用するのがおすすめです。

BINANCEのSavingでは、仮想通貨資産を一定期間において預金することで様々なトークンの利息を受け取れます。

資産を保有しながら、各トークンの流動性をサポートして利息を受け取れるので長期的な投資をしている方や配当金のような収益を得たい方におすすめですよ。

操作に関しても簡単で、仮想通貨をBINANCEに入金したらSavingページにて対象の仮想通貨で「振替」しましょう。

細かな操作をせずに済むので、Uniswapと同等なサービスを利用できますよ。

Uniswapの危惧されている懸念点と改善策とは?

Uniswapには、危惧されている懸念点と対応するための改善案が出ています。

それぞれの項目について、チェックしてみましょう。

資金の少ない投資家には不向きな高額手数料が発生しやすい

現在(2020年)、Uniswapでの取引は、投資資金の少ない投資家にとって痛手となる高額な手数料が徴収されます。

理由として、Uniswapはプロトコルの性質上、取引を自動ボットによって機械的に行っています。

そのため、注目度の高まっているUniswapで取引量が増加することで、スリップページが開き過ぎてしまったり、注文が約定しないトラブルが多発しています。

*スリップページは、注文した時のレートと実際に約定した時のレートとの差額を指します。

問題解決のためには、ブリッジ通貨であるイーサリアムのスケーラビリティ(対応できる取引量の規模)拡大やガス代(イーサリアムの手数料)を安価にする改善が必要です。

今後、イーサリアムの方でバージョンがアップされる予定なので、実装に期待したいですね。

Uniswap3の開発が進んでいる

上述した内容は、Uniswapの開発陣も理解していることから、現在のバージョンであるUniswap2からUniswap3にアップグレードした取引所の開発を進めています。

先ほども登場した、Hayden Adams氏は高額な手数料になっているUniswapに対して、「理想的な手数料は、ボラティリティとして機能する」と発言しています。

現状、Uniswapでは板注文を実装していないことからも具体的なスリップページを投資家が把握できません。ですので、Uniswapのプラットフォームがボラティリティが増加するにつれて手数料も安定化できる開発に期待したいしたいです。

Uniswapに対する期待・不安の声

最後に、Uniswapに対する期待の声と不安の声についてリサーチしてみました。

Uniswapで上場されるトークンは、注目が直ぐに集まることから積極的に購入される傾向にあります。

数多くのトークンが発行されており、プロジェクトの中身を無視して値上がりだけを意識した売買も増えています。

2020年に入り、盛り上がりを見せているDeFi。もちろん、Uniswapは頭角を現した分散が取引所となります。

しかし、雨後の筍のように様々な分散型取引所や類似したトークン等が発行されています。バブルの様相を呈している2020年ですが、市場が落ち着いた後は本当に信頼できる取引所しか残れないでしょう。

Uniswapは大人気のDeFi関連サービスであり、取引所であることから市場で揺るがない人気が得られるか注目です。

Uniswapは、誰もがトークンを発行できる一方で、全く実態のないプロジェクトもあります。

簡単にトークンを発行できてしまうため、発行者が詐欺的な方法でトークンを大量売却して逃げてしまうことも可能です。

そのため、安易に無名なトークンへ投資してしまうのは危険となります。

まとめ

今回は、Uniswapに関する基本情報から仕組み、始め方まで詳しく解説しました。

次々と新たなブームが出現する仮想通貨市場で、Uniswapへの注目は明らかに高まっています。

これは、DeFi全般の関心が追い風になっており、過去のアルトコインブームやICOブームのように、分散型取引所で発行されるガバナンストークンへの投資需要があるためです。

一気に膨れ上がっているDeFi市場なので、バブルが弾ける可能性はあります。しかし、Uniswapのようにスマートコントラクトを活用した画期的な取引所は、長期的にプロジェクトを成功させるかもしれません。

ここまで読み進め、投資戦略の一つとして参考にしてみてくださいね!

ちなみに仮想通貨の売買は基本的に流通額の大きく競合の多い海外取引所の方が必然的に安く済みます
そのため海外仮想通貨取引所おすすめランキングPROでは海外取引所に絞ってお得な取引所を紹介しています。

少しでも興味がある人は良かったら【損しない】仮想通貨のおすすめ海外取引所【最新】を読んでみてください。