【現役トレーダー解説】上昇ウェッジと下降ウェッジでビットコインFXのチャート予測

【現役トレーダー解説】上昇ウェッジと下降ウェッジでビットコインFXのチャート予測
この記事をかいた人

0.9円のリップルを買って最高6000万円まで資産を築く→投資金を全て失い辛酸をなめる。投資歴4年目。釣りにハマっています。現在は"生き残るためのトレード"をエリオット波動の分析で確立して利益を出せるように。
    初心者A
    初心者A
    上昇局面の相場。上値と安値が切り上がっているけど、なんだかハッキリした上昇に感じられない…
    初心者B
    初心者B
    下落相場でも高値と安値が切り下がっているのに、もどかしい値動きをしている…

    こんな経験、当記事を訪れたあなたなら一度はチャートで見かけたことがあるはず。

    実は、それらの値動きはテクニカル分析に当てはまり、「チャートパターン」の一つである「ウェッジ」に分類されるもの。

    当記事では、そんな「ウェッジ」に関する詳しい特徴や実践例を用いた見方等について解説します。
    最後まで読めば、「ウェッジ」を読み解いてトレンド局面における冷静な分析・判断が行えるはず。

    きっと、あなたのトレード技術が向上する知識なのでチェックしてみてくださいね!

    トレンド転換の重要チャートパターン?!「上昇ウェッジ」「下降ウェッジ」について

    テクニカル分析における「ウェッジ」は、英語で「wedge=くさび」という意味です。

    文字通り、「木材や金具で作られたV字のくさび」のことで、「くさび」と言えば「ドア止め」や石工職人の使用する「石切り」の道具などで使用されています。

    そんなウェッジは、チャートパターンに当てはめると「上昇・下降の局面で上下の値幅が縮小する形状」を意味します。

    とても頻出するチャートパターンであり、ビットコインFX歴3年となる筆者はほぼ毎日見かけるほどです!

    上記画像からも分かる通り、値幅の縮小から発生する「ウェッジ」は次のトレンドに向けて力を溜めている状態。

    市場心理としては、買い手・売り手共に拮抗していることから、トレンド展開やトレンド発生(継続)の起点になりやすいのです。

    尚、トレンドの重要局面で頻出する「ウェッジ」形状はエリオット波動分析の「ダイアゴナル」と酷似しています(一般的には全く同じとされる)。

    こうしたエリオット波動に関して、「【使い手が解説】ビットコインのエリオットウェーブ(エリオット波動理論)の分析で将来を分析」でも解説しているので、参考にしてみてくださいね。

    ウェッジの着目ポイントは3つ!詳しい見方って?(トレンドの背景も探れる)

    さて、この章では「ウェッジ」のより詳しい見方について、

    • 「上昇ウェッジ」による「トレンド転換」パターン
    • 「 下降ウェッジ」による「トレンド転換」パターン
    • (トレンド途中の場合もアリ)上昇・下降ウェッジの継続パターン

    における3パターンについて、詳しい解説を行います。

    ウェッジは良く見かけるチャートパターン。

    ですから、ご自身がよく見かけるウェッジのチャート形状を思い出しながら読み進めると、腑に落ちる部分が多いはずですよ!

    「上昇ウェッジ」による「トレンド転換」パターン

    「上昇ウェッジ」は、上昇トレンドの局面、あるいは下落トレンドにおける反発の「戻り高値」で出現するウェッジパターン。

    上昇する従って、急角度の三角形を形成しながら最後は下限ラインを下抜けます。

    上記画像のように、上昇トレンドの最終局面で出現し、黄色の下限ラインと上値の上限ラインが徐々に縮小しているのが分かりますね。
    *日足でのビットコイン相場

    一連の値動きから分かることは、上昇余力はあるけれども買い手の圧力が弱まっており、下値で支えられている状態。

    最終的に、買い手の力が消失してしまうことから利益確定や損切りが発生することで、大きく下落してしまうのです。

    ウェッジの形を見つけるコツって?
    チャート分析が初心者の方にとって、波形を見分けるのは難しいこと。
    筆者自身、相場歴の浅い頃は全くチャートパターンが分からない時期がありました。

    ウェッジに関しては、直近の値動きに対して「上値・下値のモゾモゾ感」に注視するようにしましょう。
    トレンドは発生しているけど、どうやら「上値が重たそう」「下値が重たさそう」と判断できるチャート形状は「ウェッジ」の可能性が高いです。

    その場合、上限・下限のラインを引いてみることで「くさび」のような急角度な三角形を形成しているか確認します。
    例えば、上値が「ほんの少しだけ」しか更新していなければ、「上昇ウェッジ」であると疑って良いでしょう。

    逆も然りで、2本のラインを引きながらチャート形状に当てはめてみてくださいね!

    「 下降ウェッジ」による「トレンド転換」パターン

    一方、下降ウェッジにおいては下落相場におけるトレンド転換や上昇トレンドにおける「押し目」として出現します。

    こちらも上昇ウェッジ同様、急角度な三角形を形成しながら下落していますが、最終的には上限のラインを上抜けるのが王道。

    上記画像のように、両端の黄色ラインに挟まれながら上限・下限ラインが切り下がっているのが分かりますね。
    この場合、下落の力はまだ残りつつも、上値は縮小しておりトレンド転換が近い状態。

    一通りの下落圧力が起きると、下値へ向かう売り手の力が消失することから、一気に反発(上昇転換)しているのです。

    プロおに
    プロおに

    ウェッジは2本のラインを価格の上限・下限に引くだけで分析できる強みがある。ゆえに、取引所内で使用できれば見やすいことは間違いない。

    【損しない】仮想通貨のおすすめ海外取引所【2021年最新】」では、この記事で紹介しているチャートを使用して分析・取引できる取引所について詳しく解説しているぞ!

    取引手数料が安く、取り扱い銘柄も豊富な取引所を紹介しているから、本気で仮想通貨投資・トレードを考えている人は必見だ!

    (トレンド途中の場合もアリ)上昇・下降ウェッジの継続パターン

    上昇ウェッジ・下降ウェッジ共に、どちらもトレンド途中における「押し目」「戻り高値」を作るケースもアリ。

    簡易な解説としてまとめると、以下の表のようになります。

    トレンドの途中で見られるウェッジパターン特徴
    上昇ウェッジ上昇トレンドにおいて「押し目」を作るウェッジ
    下降ウェッジ下降トレンドにおいて「戻り高値」を作るウェッジ

    となり、実際のチャートパターンで認識を深めてみましょう。

    こちらは、上昇トレンドの途中で「下降ウェッジ」を確認。

    「ウェッジ」の基本的特徴は、トレンドの最終局面で出現するもの。
    ですから、トレンド途中で出現するのは少し特殊なパターンですね。

    その上、上記画像のように下落トレンドにおける「上昇ウェッジ」が出現する場合もアリ。
    大局的には、価格が下落しているので下落相場の途中で出現した「ウェッジ」だったと判断できますね。

    こうしたように、ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨市場ではトレンド途中のウェッジはよく見かけます。
    こうしたパターンがあることは頭に入れておくと良いでしょう。

    NAO
    NAO
    両者のドミナンス比率を見ることで、売買チャンスから危険察知にまで役立ててみてくださいね。

    (実際に検証)ウェッジは短期〜長期のいずれの時間軸でも出現しやすい

    ウェッジの基礎知識を身に付けたけど、いざ自分で見分けるとなるとなかなか難しいもの。
    それは、短期から長期まで、それぞれの時間軸でよく出現するため。

    この章では、実際にどのような局面でウェッジが出現し、その後のチャートを形成したかについて見てみましょう。

    (5分足)短期足で見分けるウェッジ形状のチャートパターン

    それでは、まず短期のチャートパターンで「ウェッジ」の出現を確認してみましょう。
    上記画像は、「5分足」におけるビットコインチャートを示したもの。

    パッと見て、「ウェッジ」の箇所を発見できたでしょうか?

    この場合、短期のトレンドは上昇トレンドであり、その途中で「下降ウェッジ」が出現していますね。

    注目しておきたいポイントは、「下降ウェッジ」出現前に大きな上昇をしていること。
    左側の前回高値は上抜いていないものの、上昇のトレンドが発生したことが考えられます。

    そして、今回の「下降ウェッジ」は約10時間ほどの短期スパンで形成されていますね。

    下値を固めながら一気に上限ラインを抜きあげる展開に。
    その後は、冒頭でご紹介した画像の通りで、上昇トレンドが継続していますね。

    よって、短期トレードでも「ウェッジ」を活用したポジションが構築できることが分かりますね。

    (1時間足)中期時間軸で確認するウェッジ形状のチャートパターン

    次に、数日から1週間を目安に行われる「1時間足」を用いた「デイトレード」について見てみましょう。

    下記画像、1時間足のビットコインチャートで「三角保ちあい」のレンジ相場を形成。

    黄色ラインを境に価格が拮抗し、レジスタンス・サポートラインを形成しながら価格推移していますね。

    このチャートをご覧になって、ウェッジ形状の値動きを捉えることが出来たでしょうか?

    正解は、三角保ち合いの終了局面でもある先端付近にかけて「上昇ウェッジ」が出現したケース。
    最終的に、レンジ上限のラインで下落していることからも「上昇ウェッジ」は成立したと考えられます。

    さらに、ウェッジを形成した時間幅についても約5日と12時間であることも判明しました。

    つまり、中期の時間軸でもウェッジは形成されており、しっかり機能しているのが分かりますね。
    より大きな時間軸は値幅も大きくなるため、デイトレーダーの方にとっては絶好のチャンスになるのです。

    信頼度高め!長期足(日足)で見分けるウェッジ形状のチャートパターン

    最後に、日足の長期足で分析するビットコインチャート。

    「ウェッジ」のチャートパターンをしている箇所を見つけることはできるでしょうか?

    上記画像を見ると、途中までは上昇トレンドであったことが分かりますね。
    しかし、途中で大幅な価格下落が発生していることから「下落トレンド」へ推移しているのも認識できるでしょう。

    実際、このチャートで重要局面となったのは上昇トレンド最後に出現した「下降ウェッジ」の存在でした。

    ご覧の通り、上値と下値が縮小しながらも日足ベースでの上昇を確認。
    赤線ラインで挟まれながら形成されるチャートパターンは「くさび」のようなウェッジですね。

    要するに、日足の長期軸で上昇ウェッジが発生したゆえ、下落トレンドの大きな調整が起きたと分かるでしょう。

    (注意点もアリ)ウェッジ単体だけで分析する危険性と相性の良い手法
    ウェッジは、トレンド転換やトレンド途中の押し目・戻り高値となることからトレードチャンスになりやすいですよね。

    されど、ウェッジにも「だまし」があるため、「上昇ウェッジの先端で更に上昇」のようなケースも起きます。
    あくまでチャートに従った分析手法のため、価格データを参考に売買の過熱感を示す「オシレーター系」の分析も併用するのがおすすめ。

    とりわけ、

    ・RSI
    ・ストキャスティクス
    ・MACD

    などは相性が良いので、合わせて活用してみてくださいね。
    尚、「ビットコインで人気のトレード手法まとめ【初心者おすすめ】」では、より詳しいテクニカル分析の解説を行っていますよ!
    *下記、関連記事をご参照ください。

    【関連記事】ビットコインで人気のトレード手法まとめ【初心者おすすめ】

    「ウェッジ」を用いたビットコインの環境認識と今後の予想される値動き(2021年7月〜)

    この章では、「ウェッジ」のチャートパターンから、ビットコインの環境認識、そして予想される値動きについて分析結果をご紹介します。

    先述したように、上記画像は日足でのビットコインチャートで「2020年3月〜2021年4月」にかけて大幅な価格上昇を果たしました。

    明らかな上昇トレンドであり、「2017年12月」に到達した「19,895ドル」の高値を更新。

    今回の上昇では「64,682ドル」までの上昇と実に3倍以上の価格上昇になりました。
    ところが、今回のビットコイン価格は「上昇ウェッジ」によって少しずつ上値を更新する展開に。

    長時間、上値を追う展開となりましたが上下の価格帯は縮小。
    最後は一気に下抜けしましたね。

    それでは、より直近の値動きについて今後の予想を考えてみましょう。

    「上昇ウェッジ」の出現から大暴落が発生後、現在は軟調な相場が続いています。
    「下降ウェッジ」とも認識できるジリジリとした下落が続いており、黄色ラインの上下を推移。

    このチャートがウェッジ形状になるのであれば、今後は黄色ライン同士が交差する「20,350ドル」付近が目安となるでしょう。
    その上、下記画像のように前回高値の価格帯でサポートされるかも見所。

    長期足でのサポートラインを確認する形になるため、

    • 明確な反発&上昇へ向けたトレンド転換
    • 少なくとも一旦の強い反発(下降トレンドが継続する場合でも)

    と2つのシナリオを想定できます。

    以上の「ウェッジ分析」を参考に今後の値動きにおける参考にしてみてくださいね。

    まとめ

    今回は、「上昇ウェッジ」「下降ウェッジ」の両パターンについて特徴や詳しい見方をご紹介しました。

    元は株式やFX(外国為替取引)、商品相場などで用いられていたチャートパターン分析。
    けれども、ビットコインや他の仮想通貨銘柄のチャートでも頻出することから、目が離せないパターンと言えるでしょう。

    今回、取り上げたように直近では大暴落を引き起こしたのも「上昇ウェッジ」形成後でした。
    大きな値動きが発生する直前で出現しやすいため、あなたも是非意識してみてくださいね。

    「ウェッジ」を習得できれば、優位性の高いエントリーから利益確定・損切りが行えるようになるはずですよ!