【2020年】XMで仮想通貨(ビットコイン)取引はできるのか?今後の見通しなど

【2020年】XMで仮想通貨(ビットコイン)取引はできるのか?今後の見通しなど

「XMって仮想通貨取引も扱っているのかな?」

「海外取引所のXMで仮想通貨取引をしたいけど、取引が中止になっていると見かけた」

このような疑問をお持ちではないでしょうか?世界中のユーザーが多数利用しているXMであれば、仮想通貨取引も取り扱っていると考えがえてしまいがちですよね。

そこで、XMでの仮想通貨取引が実際に行えるのかどうかについて詳しく解説します。当記事を確認することで、XMでの仮想通貨取引の現状を理解し、より充実した仮想通貨取引が行える取引所を探せるはずです。

ぜひ、最後までチェックしてみてくださいね。

XMでの仮想通貨取引は取り止めになったのか?

XMでは2017年頃にXMで初めての仮想通貨取引がオープンされました。その後、2017年12月には一度廃止の流れがあり、2018年にかけて再び仮想通貨取引が利用できるようになりました。

しかし、2019年10月にかけてXM公式から仮想通貨取引の廃止が再度出されました。

なぜ、XMではこのように何度も仮想通貨取引が廃止されているのでしょうか?

当サイトの調べによると、XMでの仮想通貨取引中止の主な原因は以下の3つとなります。

・仮想通貨市場のボラティリティが異常に高いこと

・安定した流動性の確保が難しいこと

・XMの規定するセキュリティリスク管理の方針に基づかないため

主に、上記のような理由からXMでは取引が停止されたようです。

確かに、仮想通貨市場は他の金融市場と比較しても価格の上げ下げが非常に大きいです。年々、多くの投資家によって売買が行われることで認知度は高まっていますが投機的なマネーが流入していることは否めません。

また、流動性が低い場合もあるためにXM側でユーザーの注文を確実に執行できない可能性もあるという判断が下されました。これは、ユーザー側の不利益な約定を避けるためにも適切な判断と言えるでしょう。

このように、XMが独自で定めるセキュリティリスク等を鑑みた結果、仮想通貨取引は正式に廃止されたと考えられます。

XMの代替となるおすすめ仮想通貨取引所はある?

今後、XMでの仮想通貨取引の再開は行われるかもしれませんが、市場の成熟等との兼ね合いもあるでしょう。ですので、他の取引所を利用するのが賢明な判断と言えるでしょう。

この章では、XMの代替となるおすすめな取引所についてご紹介します。

仮想通貨FXならFXGTがおすすめ

XMの利用を考えていられる方は、FXを中心とした売買を行いたい人も少なくないはずです。

海外取引所では仮想通貨FX取引の扱いがある取引所が増えていますが、中でもおすすめなのは「FXGT」です。

FXGTでは、最大400倍のレバレッジ倍率と豊富な銘柄、良心的なスプレッド価格が提供されています。

特に、為替や株価指数、商品などのFX、CFD取引もできるので、トレードチャンスを最大限に活かせます。最

仮想通貨FX専用の取引所である「Bitmex」の日本人ユーザー締め出しの影響もあり、FXGTへの流入も加速している傾向にあります。

取り扱っている仮想通貨銘柄とは?(他銘柄もXMと比較!)

ここでは、FXGTで取り扱っている仮想通貨銘柄とXMの比較をしてみます。

まず、FXGTで取り扱いの仮想通貨銘柄について以下の表にてまとめました。

FXGTで取り扱いのある仮想通貨銘柄について
BTCUSD
BTCJPY
ETHUSD
ETHJPY
XRPUSD
XRPJPY
LTCUSD
LTCJPY
BCHUSD
BCHJPY
XRPBTC
ETHBTC
XRPETH

上記からも分かるように、各仮想通貨がドルや円、仮想通貨ペアとなって取引できることが分かります。

取引のしやすい通貨ペアが選べ、主要通貨同士なのでスプレッドの広がりも気にせつ取引できるメリットがあります。

他にも、仮想通貨以外のFXや株価指数、商品などをXMと比較してみました。

FXGT銘柄種類
FX通貨ペア50種類
株式56種類
株価指数8種類
ゴールド2種類
原油・エネルギー関連3種類
仮想通貨13種類
XM銘柄種類
FX通貨ペア57種類
株式取り扱いなし
株価指数29種類
コモディティ8種類
ゴールド関連4種類
原油・エネルギー関連5種類
仮想通貨取り扱いなし

仮想通貨を含め、他の取り扱い銘柄を比較すると以上のようになります。

表からも分かるように、FXGTでもXMでも取り扱い銘柄数に大きな差はありません。とりわけ、FXGTでは個別株の取引もできる特徴もあります。

どちらの取引所でも、主要な通貨ペアや株価指数、商品を取引できます。ですが、仮想通貨銘柄を取り揃えているのはFXGTであることを忘れずに覚えておきましょう。

FXGTは追証が発生する?

一般的に、仮想通貨FXのようにレバレッジを用いた取引では追証が発生します。

しかし、海外取引所ではゼロカットシステムを採用していることも多く、元手資金以上の損失を出さないシステムが採用されていることが多いです。

FXGTではユーザーの預けた資金が、証拠金維持率50%を下回ると強制ロスカットされます。ただし、預けた資金以上の資金を請求されることはありません。

リスクをなるべく抑えたい方にとっても、FXGTはおすすめですよ。

FXGTの気になる口コミとは?

最後に、FXGTに関する気になる口コミについてもご紹介します。

やはり、仮想通貨FXをするために利用しているユーザーが多いことが分かります。さらに、レバレッジも500倍まで適用されるので効率の良いトレードが行えます。

国内取引所ですと最大レバレッジ4倍、XMですと最大レバレッジ5倍(仮想通貨取引は廃止されていますが…)だったので、効率が良いトレードができることに納得ですね。

FXGTでは、新規の会員登録者に対してボーナス付与のキャンペーンが定期的に行われています。

最初の方の取引で損失を出してしまった場合でも、ボーナス額が損失分のクッションとなってくれます。入金額に対して100%ボーナスなどのキャンペーンも開催されることがあるので、お試しで利用してみるのも良いでしょう。

国内大手のビットフライヤーではFX取引ができるとして人気ですが、FXGTへ流れるユーザーも増えているようです。

FXGTでは、世界中のユーザーに愛用されているメタトレーダー5(MT5)を採用しているので、PC・スマートフォンからでも簡単に取引できます。

見やすいチャート画面やトレード画面があるので、分析から資金管理まで容易に行えますよ。

まとめ

今回は、XMでの仮想通貨取引が行えるかどうかについて詳しく解説しました。過去に、複数回は仮想通貨取引を扱っていました。しかしながら、流動性確保やXMの独自の判断から仮想通貨取引は廃止となっています(2020年5月)。

ゆえに、仮想通貨取引をする際は他の取引所を探してみましょう。もし、XMでも取り扱っている為替や株価指数、商品などの金融商品を仮想通貨とセットで取引したい場合はFXGTがおすすめです。

ユーザーからの声も良く、勢いのある取引所なのでXMの代替として利用を検討してみてくださいね!